ショップトピックス

ファッションデザイナー・中里唯馬さん

今、世界中のファッション界が注目する、日本のある若手デザイナーをご存じでしょうか?

img-shop161213-photo0201

中里唯馬さん31歳。高校を卒業後、単身渡欧し、ベルギーの名門アントワープ王立芸術アカデミーに進学。服作りを学び、日本人最年少で卒業した後、24歳という若さで自身のファッションブランドYUIMA NAKAZATOを立ち上げました。その後も様々なコンテストやファッションショーで次々と功績を収め、そして2016年の夏、ファッション界の登竜門とも言えるオートクチュールコレクションの公式参加を果たしました。ショーにはシャネルやディオールなどの名だたるメゾンの姿も。日本人デザイナーのオートクチュール参加は森英恵さん以来12年ぶりの快挙で、中里さんの名は一層多くの人に知られることとなったのです。

img-shop161213-photo0202

そして今回、軽井沢ニューアートミュージアムは、当館1階部分に特設ブースを設け、YUIMA NAKAZATOが一般展開するトートバッグ、ショルダーバッグ、カードケース、財布などの商品を展示、販売することになりました。
中里さんの代名詞とも言えるホログラムが全体に使われ、角度によって色を変えるその姿はまるでオーロラのよう。キラキラとはまた違った重厚感のある輝きを放ち、ファスナーの引き手部分やバッグの留め具などの細部にもデザインが施されています。デザインはいたってシンプルなのに宇宙やSFの世界を連想させ、インパクトのある存在感で佇みます。普段使いにできるラインナップは、デイリーファッションに新たな発見を見出してくれそうです。各種類のバッグにはサイズの違う内ポケットを、お財布にはカード類の収納スペースが多くとられており、どれも利便性を兼ね備えた商品となっています。

img-shop161213-photo0203

また、冒頭に紹介した、2016年オートクチュールコレクションで発表したドレスの一部を特別に展示(※非売品)。実際に訪れたアイスランドの地からインスピレーションを受け、人工物が一切なく、氷、海、空、岩などの自然だけで成り立つ幻想的な風景が、フィルム素材のホログラムによって表現されています。布やミシンはほとんど使われておらず、手作業で各パーツの金具留めがされたとか。一見近未来的な要素が強く印象に残りますが、デザインの随所には江戸切子、折り紙、漆などの日本文化が多く取り入られました。さらには、最新テクノロジーである3Dプリンタの技術を取り入れ、未来を見越した“3Dプリンタによるオートクチュール”という新たな可能性が秘められた中里さんの作品は、もはやただの服作りではありません。

img-shop161213-photo0204

時代の流れを感じ、未来に繋がる服作り。ぜひ、実際に手に取り、間近で近未来の流行を感じてみてください。

<販売中の商品>
・クラッチバッグ
・トートバッグ
・ショルダーバッグ
・長財布
・二つ折り財布
・カードケース
・iPhoneケース