ニュース

第70回全国造形教育大会の研究授業がありました。

2017年11月17日(金)全国造形教育研究大会の鑑賞授業が軽井沢ニューアートミュージアムで行われました。美術科の先生が県外から七十数名、県内から十数名来館され軽井沢中学校3-4組の授業を見学しました。美術科の横尾先生は当館で夏から複数回授業をし準備を重ねてきました。当日は「アートはサイエンスⅡ」で展示されている多様な作品を使って生徒と生徒、生徒と来館された先生方、それから生徒と学芸員の間で様々な議論が繰り広げられました。

生徒たちが一人ひとり作品に向き合い、自分の感覚を懸命に言葉にしようとする真摯な姿に心打たれました。アートのヒトとヒトをつなげる力など無限の可能性を感じました。
さて、長野県は全国で博物館とそれ以外の文化施設等を加えると400を超えるミュージアムがあり全国で1番多いそうです。その中でこのように全国の美術科の先生方に当館を知っていただける機会をいただけたことを嬉しく思います。
地域と連携してますます現代アートが町や県全体を活性化していけたらと願っております。

この鑑賞授業の様子は当館のフェイスブックのアルバムでもごらんいただけます。
こちらから。


”宇宙生物を作ろうパート2”ワークショップのご報告

11月4日(土)・5(日)のワークショップが無事終了しました。おかげさまで両日とも十数名の参加者に恵まれ、
みなさん、黙々と作品つくりに没頭しており開催のやりがいを感じました。ワークショップの様子を一部ご紹介します。

ご参加されたみなさん、ありがとうございました。当館フェイスブックでもワークショップの様子がご覧になれます。

12日の報告はHPのEducational欄をスクロールしていただくとご覧いただけます。
こちらから


中学生の職場体験学習がありました

10月18日(水)、19日(木)の2日間、軽井沢中学校から2年生の藤城柊一郎さん、松藤紗花さんが職場体験学習に来てくれました。

1日目は収蔵庫や併設のチャペルなどの施設見学とただ今開催中の展覧会「アートはサイエンスⅡ」の観覧、午後にはミュージアムショップ受付と監視業務をしていただきました。

週の真ん中でお客様が少なく申し訳なかったのですが、終始和やかに取り組んでくれました。

2日目はジュニア学芸員として展覧会の中から気になった作品1点を選び、「作品紹介」のパネルを作りました。その後、二人によるギャラリートークもしました。

紹介文は二人とも作品と出会って感じた素直な気持ちを書いてくれて、とても素晴らしいです。パネルは展示室にも展覧会終了まで掲示していますので、ご来館の際にはぜひご覧ください。

二人の書いた作品紹介文はこちらへ。

展示しているバルーンに空気を入れたり、水を扱う作品に給水してもらったり。合間には展覧会のポスターやチラシの発送作業やメッセージカードの整理まで、盛りだくさんの仕事をしてくれました。

初めての職場できっと緊張したと思いますが、それぞれの作業をすみやかにきちんとしてくれました。その取り組む姿はかえってこちらが教えられる思いでした。2日間の仕事を終えた二人の笑顔。嬉しかったです。

お疲れ様でした!ありがとうございました。今度は遊びにも来てね。


11月のワークショップのお知らせ

軽井沢ニューアートミュージアムでは「アートはサイエンスⅡ」展の関連ワークショップといたしまして2017年11月4日(土)・5日(日)・12日(日)に
「宇宙生物を作ろうパートⅡ」を開催いたします。
詳しくはHPの下記Educational欄でご覧いただけます。

こちらから。