ニュース

博物館実習がありました

2017年12月14日(木)~16日(土)と2018年1月11日(木)~13日(土)の計6日間、博物館実習を行いました。
今回の実習生はすでに社会人として働きながら学芸員資格の取得を目指しているYさんです。

前半では、現在制作中の展覧会図録の原稿校正やワークショップの補助をしていただきました。特に、期間中に行った「組紐ワークショップ」の補佐では受付や組紐づくりのサポートなど、教育普及活動の一端を体験していただきました。また、美術館公式FBでそのレポートも書いていただきました。「組紐ワークショップ」のレポートはこちら↓
https://www.facebook.com/pg/KaruizawaNewArtMuseum/photos/?tab=album&album_id=1564349150310452

年が明けて行った後半では、まず現在開催中の「アートはサイエンスⅡ」展の中から一人作家を選んで頂き、作家解説パネルの作成と学芸スタッフをお客様に見立ててギャラリートークを行いました。彼女が選んだのはジョン・ケージ。実験的で多様な音楽表現を試みたケージですが、彼の活動の本質を捉えようと文献に向き合い、わかりやすく説得力のある解説を作ってくれました。パネルは展示室に掲示していますので、ご来館の際にはどうぞ、ご覧ください。

また、実技として当館コレクションの中から選んでいただいた小さなサイズの平面作品を使って、その取扱いと展示作業も行いました。

最後に、2つの展示室を使って、当館コレクション作品を中心に、他館から作品を数点借用しながら構成するという設定で自主企画展を考えていただきました。また、模型を使ってそのプレゼンもしていただきました。模型は作品の縮尺や台座などすべて手作りです。写真をアップしましたので、彼女の作った空間をぜひ、感じてくださいね。

終始、穏やかに、でもしっかりと取り組んでくれました。
働きながら学ぶのは大変なことと思います。だからこそ、その想いは真剣で、想いを実現させようとするその姿勢にはかえってこちらが教えられました。いつか、お仕事でご一緒できる日を期待しています。お疲れ様でした!ありがとうございました。


2月のワークショップのお知らせ

軽井沢ニューアートミュージアムでは2018年2月10日(土)に
「プログラミングで、軽井沢町を表現しよう」を開催いたします。
詳しくはHPの下記Educational欄でご覧いただけます。

こちらから。
受付開始は1月24日(水)からです。

また、2月24日(土)には当館と佐久市子ども未来館との連携事業として「コラージュであそぼう」ワークショップを
佐久市子ども未来館
にて開催します。詳しくは

こちらから。


1月のワークショップ報告レポートUpのお知らせ

「アート初め‐オリジナル扇子をつくろう‐」ワークショップの報告欄を更新いたしました。
詳しくはHPの下記Educational欄(スクロールした下部)でご覧いただけます。

こちらから。
また、当館のフェイスブックにアルバムを作成いたしましたので、写真をごらんになれます。