ニュース

フィリップ・コルバートさん来日!

フィリップ・コルバート展「ようこそロブスタープラネットへ」に際し、12月3日(土)のレセプションと、
バルーン作品のお披露目の様子をアップしました!

下の《ロブスターとフラワー》をクリック!


短歌のワークショップを行いました

11月12土曜日、短歌ワークショップを行いました。

今回はギャラリーで開催中の「塩沢かれん展」を鑑賞、描かれ方やその作品世界から
イメージすることを元にして、言葉をつなげていきました。

全体の鑑賞からいくつかの作品に絞り、さらに印象に残ったことを言葉に起こしていきました。

終了後、参加者の方にお伺いしました。

-最多リピーターでいらっしゃいます。リピートされる理由は何でしょうか。
Mさん
アドバイスがもらえるところ、また短歌を紹介してもらえるところがいいです。
いろいろな歌にふれあえますし、どんどん読みたくなります

-短歌のイメージは変わりましたか。また、発見などはありましたか。
Mさん
変わりました。楽しいです。
言葉の奥にある意味や言葉の順番が大事、ということがわかってきました。
日常目にすることを、あれもこれも歌にしたくなります。

―これまでのワークショップで印象的な回はありますか。
Mさん
何ということないことを書くのが、一番むずかしい。発想の転換がなかなかできないと感じました。

これからもいろいろな方の作品、それから短歌のことももっと知りたいです。

インディゴの宮殿で待つ人のもと流れる金の潮に任せて     M様

熱心にご参加くださり、ありがとうございます。

どなたでもいつからでもご参加いただけます。
短歌を作ったことのない方、作り方に変化をつけたい方、ご友人やお子さんとも一緒にぜひご参加ください。

2023年は2月11日(土)、3月11日(土)に開催の予定です。

光るみずそこにかすかな舟うかび時間をかきまぜる夢の中     山内頌子

※作品の転載はご遠慮ください