ショップトピックス

造芸作家・丸尾結子さん ‐ホントの気持ちンマスコット 制作キット‐

2月12日~14日の3日間、軽井沢ニューアートミュージアムを賑わせたバレンタインイベント、Cosmic Art Valentin。そのメインイベントとも言えるスペシャルワークショップ「ホントの気持ちンマスコットを作ろう!」では、講師に造芸作家である丸尾結子先生をお招きして粘土を使ったマスコット作りをしました。

ホントの気持ちンマスコットキット_5

やわらかな生命感や、少しねじれたり絡まったりした感情や気持ちを表現した「いきもの」とその世界観を、ストーンクレイを使って表現している丸尾先生。誰かと出会ったときにふわっと湧いてくる気持ちや、言葉から伝わってくる思い・・・そんな感情たちを形にして創り出した世界は不思議と見るものを惹き込みます。柔らかく、ふっくらとした印象と独特な曲線で創られた「いきもの」たちにはまるで1つ1つに心があり、物語があり本当に生きているように見えるのです。そしてなんだか可愛い・・・。眺めていると自然とふふふと笑みがこぼれてしまう、言葉では表しきれない可愛さと優しさがあります。

ホントの気持ちンマスコットキット_2

そんな丸尾先生監修の元制作された「ホントの気持ちンマスコット・制作キット」がワークショップでの大好評につき、ミュージアムショップでも販売致します!冒頭でも紹介させて頂きましたが、バレンタインイベントとして行われたスペシャルワークショップでは、実際にキットを使って可愛いマスコット作りをしました。キットは全6種類。大好き♪のキモチのLove-punpuk[ラブプンプク]、がんばってねのキモチのponpon-punpuk[ポンポンプンプク]、ありがとう!のキモチのyassie[ヤッシー]、元気でね!のキモチの63-nou[ロクサーノ]、ハッピーになぁれ!のキモチのbuuu.[ブー]、一緒にいたいなのキモチのGALVINS[ガルビンス]。キャラクター1つ1つにはそのキャラクターが表現する「キモチ」と名前、さらにはミニストーリーまで付けられています。

用意するものはキットの中に入っているカラフルな軽量樹脂粘土、粘土ヘラ、きりふき(※粘土ヘラときりふきはご用意ください)。キットの中に入っている説明書を見ながら作っていきます。もちろん説明書の写真を見ながら丸尾先生の作品を真似ても良し!自分のオリジナリティを加えても良し!自分の思い描く「キモチ」を形にしていきます。心の中に秘めている素敵なキモチを込めるのをお忘れなく!出来上がったマスコットはヘアピンをつけてヘアアクセサリーにしたり、金具をつけてストラップにしたりとさまざまな用途でお楽しみ頂けます。もちろん作品として飾っても素敵ですね^^また、説明書の後ろは、丸尾先生が描かれたイラストが塗り絵になっているので、マスコット作りが終わった後も丸尾ワールドをたっぷりお楽しみ頂けます。
言葉だけでは心の中にいる気持ちや思いを表現しきれない時ってありませんか?この気持ちを言葉にするのは何だか恥ずかしいってことも・・・。そんな時、自分の気持ちを形に表すのも1つの素敵なコミュニケーションなのではないでしょうか。人間の性格が十人十色なのであれば、きっと心の感情も百人百様。あなたの心にいる気持ち達を形にする粘土キット、おひとついかがですか?

ホントの気持ちンマスコットキット_1