ショップトピックス

展覧会「アートはサイエンスⅡ」公式図録

科学技術とアートの結びつきに注目した展覧会「アートはサイエンスⅡ」。その展覧会図録ができました。2017年夏に開催した「アートはサイエンス」展に続くシリーズ第2弾。科学の発展に伴って新しく生まれるさまざまな芸術表現をご紹介しています。

今回は二人のコンピューター画家を紹介!
絵を描くロボット「アーロン」と彼を生んだ画家ハロルド・コーエンの1973年から42年間に渡る共同制作の軌跡を紹介します。
また、コンピューターが自動でイメージを生成する最新プログラム「ディープ・ドリーム」による絵画も掲載。アーティスト、マイク・タイカが手がけました。

他にも、放射能汚染という社会問題に正面から向き合って生まれたヤノベケンジの《アトム・スーツ・プロジェクト》(大阪府蔵)や日本のCGアートのパイオニア河口洋一郎によるインスタレーション、ジョン・ケージから始まるテクノロジーを応用した実験音楽やアーティスト集団daisy*による展示室いっぱいに広がる大パノラマ絵巻《麹町勝覧》などなど、さまざまな意欲作を掲載しています。作品の色彩を忠実に再現したカラー画像100点と詳しい解説で展覧会の臨場感そのままに書籍化しました。

今の私達のいる所。その記録。進化し続ける新時代の芸術をぜひ、ご覧ください!

・ゲストキュレーター伊東順二氏による書き下ろし文「サイエンス@アート 統合する未来」を掲載!(p.6-11) サイエンスとアートが統合していく未来で本当に大切なものとは?読者へ向けた伊東氏からのメッセージです。

・B5サイズ、フルカラー全112ページ、図版総数100点、日英二ヶ国語

掲載作家:ヤノベケンジ/ハロルド・コーエン/マイク・タイカ/河口洋一郎/千田泰広/靉嘔/ジョン・ケージ/TETSUYA FUKUI/松岡亮/伊東篤宏/ daisy* (掲載順、計11名)


ポストカード・ラボ・プロジェクト最新情報

様々なアーティストのオリジナルポストカードが一同に集結するこのポストカード・ラボ・プロジェクト。vol.7となる今回は2月23日(金)から4月20日(金)までの開催です。ぜひお見逃しなく!
出展アーティストはこちらの14名です。(順不同、敬称略)
宮城彬瑚 、fumika、しみ、大森みき子 、おかべてつろう 、小栗麗加 、生島美代子 、藤沢さだみ 、小松大輔、鎌倉のぞみ 、花村信子 、やたにまみこ、POMPETTE、ホカノ

過去に開催したvol.6までと異なり、今回はテーマを「動物」に絞って企画を展開。可愛らしく個性豊かなポストカードが勢揃いです。
中でも個人的に気になるアーティストがこちら・・・
小松大輔さんが描く恐竜のポストカードです。一見、恐竜時代の風景画かと思いきや、人間と恐竜が共存する何ともシュールな作品です。女の子のヴァイオリンにうっとり耳を傾ける恐竜たちや、「佐竹さん家のケツァル」なんてタイトルがつけられたこちらは、佐竹さんご夫婦とペットであろう恐竜との家族写真風な様子が描かれています。実現不可能な世界がこれまた写実的に描かれており、見ていて楽しくなる一枚です。

一方こちらは藤沢さだみさんが描く遊び心満載の動物のポストカードです。
モコモコの羊の毛をポップコーンに見立てたり、ビールの海にダイブするペンギンなど、可愛らしい動物と、思わず笑ってしまうようなストーリーのコンビネーションが特徴的です。メッセージカードとしても使いやすく、相手にもきっと喜んでもらえる一枚になるはず!ぜひお気に入りの一枚を見つけてみてください。

まだまだ個性豊かなポストカードが盛りだくさん。私のポストカードコレクションも順調に増えて行きそうです・・・。

軽井沢は冬の寒さが続きますので、お越しの際には暖かくしてお出かけくださいませ。
皆様のご来館を心よりお待ちしております。


お正月ギフト

クリスマスの次はお正月!新しい年を迎える準備は出来ていますか?
2017年最後のご紹介は、先日のクリスマスギフト特集に続き、お正月にぜひ取り入れたいアートなミュージアムグッズをご紹介いたします。

まず最初にご紹介したいのが、こちらの可愛らしいミニスタンプセット。この時期限定でお正月のモチーフが3つセットになったスタンプが登場しました。今年は鏡餅、羽子板、そして2018年の干支にちなんで柴犬の絵柄が入っています。「ミュージアム」や「ジャパン」などのセットは通年店頭に並んでいますが、このお正月セットが手に入るのはこの季節だけ!年賀状やぽち袋に押してぜひオリジナルのデコレーションを楽しんでみてください!

お次はこちらのグッズ。
この記事を読んでくださっている皆さまの大半は、お年玉を渡す側・・・ですよね。そんな年明け恒例の行事にアートを加えてみませんか?
シンプルなデザインですが、ぽち袋に描かれている手の形にはさりげない想いが込められています。ハートは愛情、星は絆、マネーは・・・さすがに現金すぎる?お小遣いに添えて、ほのかな気持ちを届けてみてください。

さて、こちらはお祝い袋です。お正月の次に控えているのは成人式。上品な朱色を基調に、鶴、桜、瓢箪のおめでたい文様が現代風にアレンジされており、大人の仲間入りをした家族を祝うのにはぴったりのアイテムです。

最後は素敵な酒器のご紹介。
陶芸作家、松野章弘さんの作品は「かたい土」で作った磁器に「やわらかい土」の陶土を融合させているのが特徴的です。さらさらとした手触りが心地よいTAMAGOシリーズには、片口や盃などの酒器が充実。美しい曲線に柔らかさがあり、磁器の凛とした趣の中にも温かみと優しさが感じられる作品群です。

一方こちら、森岡希世子さんの白磁作品は純白で統一され、光が透過するほどの薄さと滑らかさが特徴的。片口に盃、冷酒器など、ろくろで成形されたシャープなフォルムは、使うたびにしっとりと手に馴染んでゆきます。さらに、森岡さんの作品は撥水性に優れており、汚れもつきにくく、もし付いてしまっても研磨スポンジや漂白剤で落とすことができるので、日常使いにしても安心です。
お祝いの席でとっておきのお酒をちょっと特別な酒器でいただくのはいかがでしょうか?

新年はすぐそこに。
皆さま、どうか良いお年をお迎えくださいませ。