ショップトピックス

『美術館×ジャズ羊羹』特別販売のお知らせ

軽井沢ニューアートミュージアムにて開催中の企画「前川強展」に関連した、ショップでのイベントのご案内です。

・前川強さん

1936年生まれ(84歳)の作家。
戦争を生き、大きくうねりとなって変わっていく激動の社会を生きるなか、1961年に具体美術協会(1956年発足)の一員となり「今までにないものを生み出す」という具体美術の思想のもと、常に新しいアート作品を世に生み出しています。
一方で音楽シーンでも、1900年頃に生まれたジャズが、時代を同じくして具体美術の思想のように新しいなにかに生まれ変わろうとしていました。そして1950年代に「モダンジャズ」の基礎となる、創造力・魂・技術をぶつけ合った「ビ・バップ」という新たなジャズが生まれました。

芸術では具体美術、音楽ではモダンジャズが芽吹いた時期で、まさにアートとジャズにおいて、1950~60年代は激動の時代でした。
そこで、「具体美術の前川強展」と「音楽シーンのジャズ」とのコラボ企画として、
「ジャズ羊羹」の特別販売を行うこととなりました。

前川強展にお越しいただいた後は、
具体美術の余韻に触れながら、ジャズを聴き、ジャズ羊羹を是非味わってみるのはいかがでしょうか?

今回販売を行うのは、ジャズ羊羹 classicとジャズ羊羹 strawberryの二種類です。

【定番】ジャズ羊羹 classic
国産小豆と沖縄県産の黒糖を使用した羊羹には、ワインに一昼夜漬け込んだ2種類のドライいちじくがゴロゴロ。あっさりとして上品で控えめな甘さは男性にも好評です。

和菓子としての佇まいはそのままに、珈琲やワインとの相性を追求したお味は、和洋あらゆるシーンによく馴染むため、年齢・性別・国籍問わず大変喜ばれており、ジャズ羊羹シリーズを代表するお品となります。

鍵盤部分に至るまで和菓子職人がひとつひとつ手仕事で仕上げているため、製造数には限りがあります。

【春限定】ジャズ羊羹 strawberry
春の定番「ストロベリー」。苺と白あんの爽やかなマリアージュ、紅茶やシャンパンとご一緒に。

春だけの限定フレーバーには苺のピューレとドライストロベリーを白餡にたっぷりと練りこみました。
口いっぱいに広がる苺の甘味とほどよい酸味をお楽しみください。
紅茶はもちろん、シャンパンやロゼとご一緒にどうぞ。

〈販売概要〉
◇予約受付期間:6/5(金)~6/16(火)
◇受取場所:軽井沢ニューアートミュージアム 1Fミュージアムショップ
◇受取可能日:6/19(金)~6/21(日)
◇受取可能時間:11:00~15:00
◇予約対象商品:クラッシック2,160円(税込)、ストロベリー2,646円(税込)の2種。

〈予約受付方法〉
◇予約フォームより必要事項を入力
ご予約フォーム:https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=542504

◇軽井沢ニューアートミュージアムにてお電話で予約受付
 ※お電話にて下記内容をお伺いさせていただきます。
1)お名前フルネーム
2)お電話番号
3)受取希望日/時間帯(11:00~15:00)
4)希望商品と数
5)手提げ袋希望数(有料 / 税込24円)

軽井沢ニューアートミュージアム
電話番号0267-46-8691

お車でお越しいただく予定の方へ
駐車場を完備しておりますので、ご利用ください。


ショップ企画「切り絵工房克 田中克樹展」(5/16~6/14)

「切重画」と自身の作品を表現している切り絵作家の田中克樹さんは、自ら着色した紙などを何層にも切り重ねて1枚の作品を仕上げて行きます。ユーモラスな動物や美しい風景など、繊細かつ大胆な色使いが目を引きます。大作のほか、しおりやポストカードなども販売しておりますのでぜひご覧ください。


田中克樹「サンゴ礁と魚の群れ」


田中克樹「花畑」

田中克樹
長野市出身、群馬県在住の切り絵作家。「切り絵工房 克」を主宰し、カルチャー教室の講師や
クラフトフェアに出展し、切り絵のコンテストで数々の賞を受賞するなど活躍している。
 

「切り絵工房克 田中克樹展」

会期:2020年5月16日(土)~6月14日(日)
※休館日:5月18日(月)、25日(月)、6月1日(月)、8日(月)
会場 : 軽井沢ニューアートミュージアム 1階ミュージアムショップスペース
(1階は入場無料)
時間:11時~15時(時間は変更になる可能性があります)


shop企画 風景のような人物画『Landscape』Masaki Nakamura

軽井沢ニューアートミュージアム
ショップスペースにて風景のような人物画『Landscape』を開催いたします。

『Landscape』
あなたにとって特別な風景はあるだろうか。
ガイドブックに載るような絶景ではなく、誰も気に留めないような当たり前の景色だ。
いつも通る道の小さな段差とか、毎日乗る電車の色。
それが特別な景色だということを、あなたもまだ気づかずにいるかもしれない。

人も同じだと思う。世界のほとんどの人があなたの名前も顔も知らない。
そもそも存在していることすら知らないだろう。
今日あなたがすれ違った人たちも、あなたにとってはただの風景だったかもしれない。
時には鏡に映った自分ですら他人のように見える日もある。

それでも、世界にはあなたを特別だと言ってくれる人がいる。
あなたの存在を美しいと言ってくれる人が何処かで生きているのだと思う。
誰も気に留めない景色をあなたが愛しているのと同じように。

あなたは当たり前に存在し、誰かにとって特別で美しいのだ。

〈Masaki Nakamura〉
Instagramで日々発表していたイラストが話題となり、イラストレーター
としてのキャリアをスタートする。雑誌や広告でのイラストの制作をはじめ
CONVERSEなどブランドとのコラボ商品デザインなども手がける。昨今では
作品制作に力を入れ、風景のような人物画『Landscape』シリーズや
オリジナルテキスタイルデザイン、作詞活動など表現の幅を広げている。
instagram : @theblurecords
Twitter : @thebluerecords

『Landscape』
2020.4.7 Tue- 5.10 Sun
KARUIZAWA NEW ART MUSEUM
museum shop
1F free space