ショップトピックス

パオラ・マシ 女性イタリア人陶芸家

本日ご紹介するのは、イタリア生まれの女性陶芸家の作品です。

img-shop170212-photo0101

1973年、ローマ郊外の小さな町で生まれ、雄大な自然に囲まれながら幼少期を過ごしたパオラ・マシ。2001年よりイギリス、フランス、メキシコ、スペインで陶芸の修行を本格的に始め、現在はスペインを制作の拠点として活躍する陶芸家です。

中国の陶磁器や朝鮮半島、日本の影響を受けながらも、彼女の作品には長年積み上げて来たマシ独自の個性と感性が表現されています。

音楽、詩、哲学、自然・・・生活の中で触れるものと向き合い、対話し、その物の中に光る根源的な美を追究することからマシの創作は始まります。素材の持つ質量に、釉薬の色、ろくろの動き。作品を形作るそれぞれの過程とマシの手が完全に調和する瞬間を、研ぎ澄ました感性で慎重に探ってゆきます。
「作品を形創る中で、私は粘土がこの世界に存在する全ての自然の交感であることに気づかされる。(中略)陶器が形作られてゆく過程は、生命の息吹そのもの」と語るマシ。彼女の作品は、彼女の日常を取り巻く自然に耳を傾け、心を開き、互いに感じ合えた瞬間の軌跡なのかもしれません。

img-shop170212-photo0102

包むように触れると、心地よく手の中に納まるマシの作品たち。ひんやりとしながらも、自然から作られた粘土の温かみが薄い表面から感じられます。優しく上品な色合いと、シンプル且つモダンなデザインが特徴的です。陶器の表面に描かれた粘土の線、上絵具の盛り上がり、手触りなど、作品一つから感じ取れる表情はたくさんあります。人間一人ひとりに個性があるように、これらの作品たちにもそれぞれ異なる生命が宿っているかのようです。

当店では、自然を意識した「Sky on earth」シリーズの一部を展示、販売しています。決して機械では表現できない温もりをぜひ間近で感じてみてください。

img-shop170212-photo0103

「Paola Masi ”Cielo su terra/ Sky on earth”」/MEGUMI OGITA GALLERYより参考


御祝儀袋【祝】【寿】

<お祝いの気持ちと思い出を贈る>

入学祝い、就職祝い、結婚式、そして出産祝い。生涯を通して、贈る機会はとっても多いわけじゃないけど、特別な日だからこそ大切な誰かに心を込めて贈りたい。そんな気持ちがより相手に伝わるようにと作られた、オシャレでスタイリッシュな御祝儀袋があります。本日はこちらの商品のご紹介です。

img-shop170204-photo0301

こちらの御祝儀袋には「寿」と「祝」の2種類があり、「寿」は婚礼用として、「祝」は入学祝いや就職祝いなどの一般的なさまざまお祝い事に使うことができます。どちらも個性的で遊び心を入れながらも、主張しすぎない印象的なデザインが目を引きます。

img-shop170204-photo0302

「寿」の飾り部分は透明感のあるアクリルを使用。光を受ける加減でツヤ感がより一層引き立ちます。大小さまざまな円形が連なったデザインの中には、松竹梅などのおめでたい文様がちりばめられており、さりげなくあしらわれているエンゲージリングもポイント。重厚感のあるオシャレな御祝儀袋に仕上がりました。

一方で「祝」の飾りは厚紙で作られており、紙の柔らかい風合いと上品な朱色が特徴的です。四角形が縦に連なったデザインの中には、鶴や桜、瓢箪など、「寿」とは異なるおめでたい文様が現代風にアレンジされています。

img-shop170204-photo0303

一般的な御祝儀袋に付いている水引は、これらの御祝儀袋にはなく、飾り留めにゴム紐を使用しています。なのでお金の出し入れもラクラク!大切な袋に傷や皺がついてしまう心配もなく安心して使うことができます。洋服・和服のどちらでもマッチする点もうれしいポイントです。
さらには、「いつまでも思い出を忘れないでほしい」という想いが込められており、華やかな飾り部分は簡単に取り外すことができるので、幸せな思い出ともに残して置くことが可能なのです。入学式や結婚式など、その時に撮った写真と共にアルバムの一ページに残しておけば、ハッピーな記憶がより鮮明に蘇ってきそうですね。

「御祝儀」には、お祝い事を互いに支え合い、喜びあうという意味があるそうです。あなたのお祝いの気持ちを、誰よりもスタイリッシュに強く伝えることができそうな御祝儀袋、いかがですか?


TACO-ASHI(タコアシ)

<いつでもどこでもひっぱりだこ!>

お仕事や受験勉強のお供に、あるいは職場や学校での楽しいコミュニケーションツールとして。みんな大好き、おいしい海の人気者は、こんなところでも“ひっぱりだこ”です!

img-shop170204-photo0201

タコ。それは神秘の生命体―
人間さながらに器用に動く八本の腕、おなじ無脊椎動物のなかでも群を抜いて高いといわれる知能。そしてどこか憎めない、愛嬌のある瞳…。
西洋では悪魔の化身と恐れられ、絵画や映画の世界などでは海中から巨大なタコが船を襲うなんていうシーンもたびたび描かれています。しかし日本はというと、タコはおいしい海の幸!生で寿司ネタ、炊いてタコ飯、そしてたこ焼きは縁日の屋台グルメの定番ですね…。(お腹が空きました)
食卓を通じて普段からタコに親しんできた日本人にとっては、タコは悪魔の化身というよりはむしろ“どこか人間ぽい”ユニークな生き物として映っていたのではないでしょうか。
実際に江戸時代の浮世絵などでは、ときに擬人化されユーモア溢れる存在として、そしてときにはその艶めかしい軟体がエロティックな春画のモチーフとして(!)多くの作品に描かれ、長い歴史を通して人々に親しまれてきました。

img-shop170204-photo0202

そんな日本人ならみんな大好き!?なタコがかわいらしいステーショナリーとして登場です。
こちらはその名も「TACO-ASHI(タコアシ)」、吸盤ではなくのりでくっつく、タコの形の付箋です。
頭と足はそれぞれパーツが分かれており、足の部分はさらに大小さまざまなサイズが。用途や使う場所に合わせて、パーツを選ぶことができます。
たとえば伝言メモなど文章を添えるときは、余白が広い頭パーツ、一言メモには長い足パーツ、本のしおりやノートの重要な部分など、ちょっとした目印には短い足パーツ…といった具合。

img-shop170204-photo0203

そして頭と足をうまく組み合わせれば、デスクの隅からあなたを狙う恐ろしいクラーケンや、うっかり書類の下敷きになった間抜けなタコさんなどなど、思い思いの場面を繰り広げることもできます。こちらはお仕事や勉強の合間の息抜きにぜひどうぞ。
使い方次第で何通りも楽しめるタコアシ付箋、あなたにとってタコがより身近で愛すべき生き物に…ぜひデスクにお一ついかがですか?