ショップトピックス

クダメモ リンゴ/ヨウナシ

3月1日(水)~3月27日(月)まで、ミュージアムショップにてプロダクトブランド「D-BROS」の期間限定ショップがオープンしています。今回、出展アイテムの一部をご紹介。

img-shop170313-photo0301

こちらは信州産のリンゴとヨウナシ、ではありません。こちらは何とメモ帳。まるで果物をスライスしたような一枚一枚のメモ用紙が集まって形が構成されているのです。
用紙の枚数は150枚。形だけでなく実際に果物をカットしたような断面をプリントしてよりフルーツ感を演出。プリント自体は両面印刷ではなく片面印刷ですが、用紙のキワの部分にしっかり色が付いているので、立体にすると不思議と違和感が無く、むしろ白い部分とのコントラストが程よくリアルに見えるのです。また、温かみのある雰囲気や全体のバランスを考えてあえて写真ではなく手描きのイラストを採用しています。
そして更に、芯の部分には本物の木の枝(蔓)が使われており、メモ用紙をすべて食べきる、もとい使い切ったとき、本物と同じく芯だけが残るという訳です。「果物」という要素に対する細部までのこだわり。デザイン性と共に何ともユーモアを感じるアイテムです。

img-shop170313-photo0302

形状の仕組み自体は、複雑なようでいて基本は製本の技術を用おり、本を360°開くような要領で作られています。ただ、実際にキレイな立体に展開するのは意外と難しく、更に枝を取り付ける作業は機械では出来ないのでこの部分は全て手作業で制作されています。
そのため、最初のころは不良品も多く、実際に現場に行って作業をレクチャーしたりもしたそうです。こだわっているからこそ、色々な人の協力と努力があって完成したプロダクトなのです。

img-shop170313-photo0303

モチーフはリンゴとヨウナシの2種類。それぞれ誰もが分かる特徴的な果物の形状を、メモ用紙を重ね合わせることで見事に表現しています。
加えて、一つ一つ専用の箱に入ったパッケージはまるで高級フルーツのよう。プレゼントにもぜひオススメのギフトアイテムです。


カップ&ソーサー

3月1日(水)~3月27日(月)まで、ミュージアムショップにてプロダクトブランド「D-BROS」の期間限定ショップがオープンしています。今回、出展アイテムの一部をご紹介。

img-shop170313-photo0201

こちらは美しい模様が描かれた磁器製のカップ&ソーサー。一見するとカップとソーサーそれぞれが同じ模様のセットのように思いますが、実際に模様が描かれているのはソーサーのみ。カップ自体はなんと無地なのです。
秘密は表面のコーティングにあります。カップには鏡面コーディングが施されており、ソーサーに乗せることでソーサーの模様が映り込んで見えるのです。これは単に乗せたからキレイに見えるという訳ではなく、模様とカップの形状がしっかり計算してデザインされているからです。
そして、映り込みを美しく魅せるもう一つの重要なポイントが磁器その物の仕上がりとコーティングの精度にあります。磁器は長崎の波佐見焼を用い、鏡面塗装は多治見の職人が行います。機械ではなくそれぞれの職人技があってこそ、このプロダクトの魅力である綺麗な映り込みが表現されるのです。デザインとそれを実現する高い技術力が合わさることで出来上がったプロダクトです。
仕様上、強くこすったりするとコーティングに傷がつく恐れがあるので、お手入れやご使用の際は気をつけてお使いください。(電子レンジ・食洗機不可)

img-shop170313-photo0202

ソーサーの絵柄は3つのテーマがあり、今回はその中で人気のワルツシリーズ、6種類を展示しています。どれも非常にグラフィック的な模様で、まるで目に飛び込んでくるようなデザインです。それぞれの種類が並ぶとこれまた壮観。複数のグラフィックを揃えればテーブルも非常に華やかに、テーマのごとく、さながらお茶の舞踏会を見ているかのようです。10時と3時のティータイムがよりオシャレに楽しめます。

使用する以外でも、そのまま飾っておきたくなるような美しいデザインのテーブルフウェア。揃えてお買い求めになってみては如何でしょうか。


フラワーベース

3月1日(水)~3月27日(月)まで、ミュージアムショップにてプロダクトブランド「D-BROS」の期間限定ショップがオープンしています。今回、出展アイテムの一部をご紹介。

img-shop170313-photo0101

こちらはD-BROSの看板商品、フラワーベースです。花瓶といえば基本は陶器やガラスを想像するかと思いますが、こちらは何とビニールで出来た花瓶。こちらビニールと侮るなかれ、一見、平たい普通のビニール袋のような形状ですが、水を注ぎ入れることで形が膨らんで普通の花瓶と変わらずしっかり安定して自立します。
また、水を捨てればまた平たい状態に戻るので片付ける際も場所をとりません。

更にビニールだからこその利点もあります。まず一つは陶器などに対して花瓶自体の厚みがなく日の光をより透過します。だからより水に屈折する光の演出を楽しむことが出来ます。光を包み込むように揺らぐ水と、各柄によって生まれる色のついた影が晴れた日の窓辺を印象的な物に変えてくれます。
もう一つのポイントは、割れる心配がないという事。割れてしまう心配は消費者にとっては重要です。小さいお子さんやペットを飼っていると何かとワレモノを配置するのは不安ですが、この花瓶なら安心してお使い頂けます。

img-shop170313-photo0102

そして、素材自体の強みに加えて、このアイテムその物の一番の魅力が、その豊富なカラーバリエーションではないでしょうか。
幾何学的な模様が描かれた物や淡いピンクやブルーの柔らかい色合いの物、他にも上下で2トーンカラーにしたデザイン的な物まで、たくさんの中からお部屋に合った柄をお選び頂けます。しかも、すべて2個(カラー)入りなのがまた嬉しい!
通常は一店舗で全ての種類を展示するのはメーカーの直営店以外ではなかなか難しいのですが、今回は期間限定ショップとして展開することで、その豊富なカラーのほとんどを一堂にご覧いただけます。

新生活が始まる、準備を始めるこの時期、お部屋のちょっとしたインテリアとして飾ってみては如何でしょうか。プレゼントにもぜひオススメです。

img-shop170313-photo0103