ショップトピックス

ファッションデザイナー・中里唯馬さん

今、世界中のファッション界が注目する、日本のある若手デザイナーをご存じでしょうか?

img-shop161213-photo0201

中里唯馬さん31歳。高校を卒業後、単身渡欧し、ベルギーの名門アントワープ王立芸術アカデミーに進学。服作りを学び、日本人最年少で卒業した後、24歳という若さで自身のファッションブランドYUIMA NAKAZATOを立ち上げました。その後も様々なコンテストやファッションショーで次々と功績を収め、そして2016年の夏、ファッション界の登竜門とも言えるオートクチュールコレクションの公式参加を果たしました。ショーにはシャネルやディオールなどの名だたるメゾンの姿も。日本人デザイナーのオートクチュール参加は森英恵さん以来12年ぶりの快挙で、中里さんの名は一層多くの人に知られることとなったのです。

img-shop161213-photo0202

そして今回、軽井沢ニューアートミュージアムは、当館1階部分に特設ブースを設け、YUIMA NAKAZATOが一般展開するトートバッグ、ショルダーバッグ、カードケース、財布などの商品を展示、販売することになりました。
中里さんの代名詞とも言えるホログラムが全体に使われ、角度によって色を変えるその姿はまるでオーロラのよう。キラキラとはまた違った重厚感のある輝きを放ち、ファスナーの引き手部分やバッグの留め具などの細部にもデザインが施されています。デザインはいたってシンプルなのに宇宙やSFの世界を連想させ、インパクトのある存在感で佇みます。普段使いにできるラインナップは、デイリーファッションに新たな発見を見出してくれそうです。各種類のバッグにはサイズの違う内ポケットを、お財布にはカード類の収納スペースが多くとられており、どれも利便性を兼ね備えた商品となっています。

img-shop161213-photo0203

また、冒頭に紹介した、2016年オートクチュールコレクションで発表したドレスの一部を特別に展示(※非売品)。実際に訪れたアイスランドの地からインスピレーションを受け、人工物が一切なく、氷、海、空、岩などの自然だけで成り立つ幻想的な風景が、フィルム素材のホログラムによって表現されています。布やミシンはほとんど使われておらず、手作業で各パーツの金具留めがされたとか。一見近未来的な要素が強く印象に残りますが、デザインの随所には江戸切子、折り紙、漆などの日本文化が多く取り入られました。さらには、最新テクノロジーである3Dプリンタの技術を取り入れ、未来を見越した“3Dプリンタによるオートクチュール”という新たな可能性が秘められた中里さんの作品は、もはやただの服作りではありません。

img-shop161213-photo0204

時代の流れを感じ、未来に繋がる服作り。ぜひ、実際に手に取り、間近で近未来の流行を感じてみてください。

<販売中の商品>
・クラッチバッグ
・トートバッグ
・ショルダーバッグ
・長財布
・二つ折り財布
・カードケース
・iPhoneケース


KaNAM限定販売!世界遺産アーティスト「松田光一」版画作品(ジークレー)

当館では、現在、グラフィックアーティスト:松田光一さんの版画作品を取扱っています。
作品は全6種。松田さんの中でも代表的なモチーフであるパリのエッフェル塔、屋久島の杉の樹、スペインのサグラ・ダ・ファミリア、ブラジルのコルコバードの丘のキリスト像、そして、アース(地球)です。それぞれ各10部限定で、当館だけの取扱です。

img-shop161213-photo0101

松田さんは世界遺産アーティストとして知られ、毎年20ヵ所以上の世界遺産を描いています。実際に現地に赴き、描く物もあれば画像や動画を基に描くこともあるとか。実際に見たから感じ取れるイメージだけでなく、まだ足を踏み入れた事のない奇跡の場所、そんな想像を掻き立てられるからこそ描ける作品もあるのだと思います。勿論、いずれは全ての世界遺産を実際に巡るのが目標だそうです。

制作は、主に作品の線画を描いてから、それをパソコンに取り込み、着色はデジタルで行っています。線画はスケッチに近い形で、独特のタッチで対象を表現し、とても勢いのある描写が感じられます。作品としてはこの線画だけでも非常に魅力的です。
故に、その躍動感ある描線のイメージを損なうことなく表現するには、デジタル技術による細かい着色が必要なのだと言えます。どの作品も何とも色彩豊かであり、具象でありながら、とても幻想的な雰囲気で描かれています。

ただ、どれも作品がデジタル上で完成するため、作品としての評価・価値を付けるのが難しい点ではあります。そこで出た答えがこの版画(ジークレー)作品です。
版を用いずデジタルデータを基に制作する現代の新たな版画技術であるジークレー。単なるポスター印刷とは違い、作家監修の基、工房と共同で、上質なキャンバスに高精細で広色域、ミュージアムクオリティの顔料プリントを施して刷り上げます。
そこにエディションを付けることで、版画作品としての価値を保証します。

なおかつ、これらの作品は全て当館限定の販売です。作品にご興味のある方は、ぜひミュージアムショップ担当までお問合せください。

img-shop161213-photo0103
img-shop161213-photo0104
img-shop161213-photo0107
img-shop161213-photo0106
img-shop161213-photo0105
img-shop161213-photo0102

<版画(ジークレー)作品>
◇エッフェル塔
◇コルコバードの丘のキリスト像
◇富士山
◇屋久島
◇サグラ・ダ・ファミリア
◇アース(地球)
各50,000(税別)


手作り雑貨・T-Lab.のクリスマス <クリスマス・コモノセット>

最後にご紹介するのは、クリスマスをさりげなく盛り上げてくれる可愛らしい小物たちです。

img-shop161206-photo0302

まずこちらは、クリスマスを連想させる置物が3つセットになった、クリスマスコモノセットです。雪だるまとモミの木、雪の結晶のセットと、天使、教会、星がセットになった2種類があります。どれも手のひらに収まるサイズなので飾る場所を選ばず、さりげないインテリアとしておすすめです。
クリスマスツリーやサンタクロースなどのクリスマス限定のモチーフが入っていない分、冬の期間は長く飾って置くことができそうです。もちろん、お持ちのクリスマスアイテムと一緒にディスプレイしてもOK!手作りならではの温かみが詰まった小物たちを添えて、お家のインテリアを楽しんでみませんか?

img-shop161206-photo0303

お次はこちら。星型をした木製の飾りです。厚み3cmとかなりボリュームがありますが、こちらも桐の一種である木材を材料としているため、とても軽いのが特徴です。星の中心にはさりげない模様が、縁には華やかなゴールドのラインが施されました。シンプルですが、どことなく高級感が感じられる一点になっています。リボンがついているので、壁掛けやフックを利用することでウォールデコレーションとしてお楽しみ頂けます。ぜひ、お気に入りのインテリアグッズと共に素敵な演出をしてみてください。

img-shop161206-photo0304

最後はこちら、帽子の部分にカードが差し込めるようになっている、スノーマンのカードスタンドです。T-Lab.には他にもカードスタンドがありますが、冬バージョンはこれだけ!メモ書きやメッセージを置いておけて、さらにはさりげなく季節を感じさせる小物は自分用にはもちろん、ちょっとしたプレゼントにも最適です。

img-shop161206-photo0301

<クリスマスのプチ豆知識>
小さなお子様がいるご家庭ではそろそろ聞こえてきましたか?「今年はサンタさん来るかな~?何をお願いしようかな~?」という毎年恒例の可愛らしいフレーズ。一年に一度やって来て、子供の夢を叶えてくれるサンタクロースですが、実はモデルとなる人物がいたのをご存じだったでしょうか?
さかのぼること4世紀、トルコで司教をしていたセント・ニコラスという人がいたそうです。貧しくて娘たちをお嫁に出してあげることができない家族がいることを知った彼は、町中が寝静まった夜中、マントと頭巾をかぶりその家を訪ね、名を告げることなく金貨の入った袋を窓から投げてあげました。偶然にも、その袋が暖炉の傍に吊るしてあった靴下の中に入ったといいます。その後セント・ニコラスが亡くなっても、彼に変わって修道女たちが貧しい家庭に夜中こっそり食べ物などを贈る風習ができ、年月が経つにつれクリスマスにプレゼントを渡す文化が出来上がったそうです。