ショップトピックス

北斎Tシャツ

今年の春、イギリスの大英博物館で開催された「北斎-大波の彼方へ」が各国で話題を呼び、再び時の人となった葛飾北斎。そんな中、新商品として入荷したのがこちら、北斎Tシャツです。

北斎Tシャツを制作しているのは、東京墨田区にある久米繊維工業さん。1950年代半ば、まだ日本にTシャツというファッションが広く知れ渡っていなかった頃、初代久米伸市氏が映画に登場するハリウッドスターのTシャツ姿に憧れて作り始めたのが始まりです。「色丸首」という名前を付けらたれたそれらは、後にTシャツとして認知度を高め、今や専門メーカーとして製造、販売、企画と様々な取り組みをされています。裁断、縫製、プリント、そして仕上げと、全ての工程を国内で行うこれぞ!メイドインジャパン!肌触りといい、縫製の丈夫さといい、ジャパンクオリティーの誇りを感じます。

霧を裾野にたなびかせる富士と、天に舞う2羽の丹頂鶴が白地に映える「相州梅沢左」。富嶽三十六景の「相州梅沢庄」をデザインに使っており、藍だけで描かれた爽やかな富士と、おめでたい鶴の群れが描かれた一枚です。あえて大きなプリントは後身頃に施し、前身頃の左胸にはワンポイントで富士を。デザインにもおしゃれなこだわりが感じられます。

一方こちらは、「東海道江尻田子の浦略図の富士」の富士山が桜の向こうに覗くデザイン。ほんのりとピンクに染まった桜と富士の眺めは、日本を象徴とするような絶景です。桜のピンクが可愛らしくなりすぎず、男性、女性とも着こなして頂けるデザインに仕上がっています。
どちらも和柄でありながら、モダンでスタイリッシュなデザインが目を惹く北斎Tシャツ。まさか自分の作品が洋服のデザインとして使われるなんて、北斎も驚いていることでしょう。

これから始まるクリスマスシーズン。
北斎Tシャツとセットで富士皿江戸帖もおすすめなギフトアイテムです。こちらもぜひご覧くださいませ。


富士皿

日本を象徴する山、富士山。雪化粧をした姿がより美しく見える季節となりました。
本日は富士山をモチーフにしたこんなアイテムをご紹介します。

富士山の形にくぼんだ手のひらサイズのお皿。実はこれ、醤油皿なのです。くぼんだ富士山の頂き部分に醤油を注ぐと、綺麗な雪化粧(お醤油は白くないですが・・・)を描きます。ケチャップやソース、塩など、他の調味料の受け皿として使ってももちろんOK!直径が12cmと、一般的な醤油皿に比べて大き目ですので、様々な用途でお使い頂けます。2枚、3枚と買い揃えて食卓に並べれば、より一段と華やかなテーブルコーディネートになりそうですね。

富士皿には化粧箱がついており、その中にはお皿をくるむ緩衝材も。よく見てみると、葛飾北斎の富嶽三十六景の作品がプリントされており、これまたおしゃれ!特に海外のお客様には是非おすすめしたいギフトアイテムです。日本ほど醤油皿を使う頻度は多くないかもしれませんが、お値段もお買い求め易くなっているのでお土産にはぴったり。海外のお友達やお知り合いへのプレゼントとしてもきっと喜ばれることでしょう。緩衝材の裏面には、商品を使用するにあたっての注意事項が日本語と英語の両方で書かれており、この気遣いにも頭がさがります。

富士皿をプレゼントするならおすすめしたいグッズがもう一つ!
メッセージを一言添える際に、こんなポストカードはいかがでしょうか?
絵柄は皆さんご存知の通り、北斎の「神奈川沖浪裏」。北斎の作品の中で最も有名であり、世界的に知られる日本美術作品の一つが、レンチキュラーカードとなって登場です。レンチキュラーカードには、カードの傾ける方向、もしくは見る角度によって絵柄が変化する不思議な仕掛けがされており、この「神奈川沖浪裏」は上下に傾けるとまるで波が押し寄せてくるかのような迫力。メッセージとともに、驚きと楽しさまでもが素敵なプレゼントになるでしょう!

日本の美しさを日常生活に取り入れてみませんか。
気になる方はぜひ軽井沢ニューアートミュージアムへ!


江戸帖

街中のお店にカレンダーや手帳が並ぶのを見ると、年の瀬を感じずにはいられません! 今回は毎年恒例、2018年版江戸帖のご紹介です。

リピーターが多く、お客様の声を参考に年々進化し続ける手帳「江戸帖」。
今年は、「環つなぎ」「春のおとずれ」「流水に撫子」の3柄をご用意しました(※中身の仕様は各柄全て同じです)。月の切り替わりページには、江戸時代から続いている老舗呉服屋「竺仙」で実際に浴衣のデザインとして使われている伝統柄が紹介されており、全部で12種類の絵柄が解説付きでお楽しみ頂けます。古くから伝わる柄を、伝統的な趣は残しつつ現代風にアレンジした、粋な江戸の美学を感じることができる貴重な1ページです。

また、ウィークリーコラムとして、江戸時代にまつわる豆知識や逸話が掲載されているので、毎週ページをめくるごとに江戸の文化を身近に感じることが出来ます。巻末には、江戸料理を現代風に整えたレシピ、ふろしきの包み方、浅草周辺の江戸の地図「切絵図」などなど・・・現代でも活用できる実用的なページが満載です!

もちろん、使い心地にもこだわりが。鉛筆や水性ペン、ボールペン、万年筆などの様々な筆記用具で書き心地を編集部が実際に試し、最良の用紙を選びました。各ページにはフリースペースを多く設け、スケジュールには書き込みきれなかった予定やメモを書き入れることができます。手帳の後ろには便利なポケットも!レシートやショップカードなど、細々したものも手帳1冊で無くさず保管ができちゃいます。

皆さん、来年の手帖のお買い求めはもうお済みですか?
まだ来年のスケジュール帳を買っていないあなた!今まさに悩んでいるあなた!
粋な「江戸帖」、いかがでしょうか?