ショップトピックス

折紙かのか(お取り扱い終了)

<紙でできたアクセサリー>

服装やヘアスタイルに合わせて使い分けたいピアスやイヤリング。女性にとっては、いくつ持っていても困らないファッションアイテムの一つではないでしょうか?
本日は、北海道に降る雪からインスピレーションを受けて制作されたアクセサリーをご紹介します。

img-shop170815-photo0205

北海道札幌市で折紙作家として注目を集める品田美里さんと彼女が立ち上げあたブランド「折紙かのか」。さまざまな雪花を、独学で学んだという折り方で表現する折紙アクセサリーは、その繊細なデザインで見るものの心を魅了します。
何枚も折り重ねされた幾何学的なデザインに設計図はなく、一つ一つ丁寧に手作業で制作されています。我々の知っている折紙をはるかに超える細かさ・・・。子供から大人まで知っている日本の伝統文化が、美しく可憐に表現されたアクセサリーです。

img-shop170815-photo0202

ピアスとイヤリングのデザインはそれぞれ2種類。
「hakkaku(はっかく)」は1cm角の折紙が全部で16枚折り重ねられています。控えめにゆらゆらと揺れる様子がなんとも可愛らしく、紺、茶、グレーのシンプルな色合いは、洋服、和服のどちらの装いにも合わせることができます。折紙の素材には、京都の黒谷和紙(※)を使用しており、和紙特有の温かい風合いが耳元に優しい彩を与えてくれそうです。
※黒谷和紙:京都府の黒谷町に伝わる和紙。約800年の伝統を持っており、和紙の中でも屈指の美しさを持っていると言われている。京都府指定無形文化財に指定されている。(ウィキペディアより引用)

img-shop170815-photo0204

「yuki(ゆき)」と名付けられたこちらは、6枚の薄手の和紙が折り重ねられており、折紙ではあまり見られない曲線と、表裏の複雑な折り込みが特徴的です。風にあたると軽やかに揺れる様子はまるで雪の結晶を身にまとっているよう。モチーフは雪ですが、季節を問わず、その時々に合わせた趣が楽しめそうです。

img-shop170815-photo0201

「kikka(きっか)」という名のブローチは、2cm角と3cm角の和紙が32枚折り合わせられています。紺、茶、グレー、白の4色があり、中心にはアメジスト、ホークスアイ、スモーキークォーツの天然石が、和紙の色に合わせて埋め込まれています。Tシャツやブラウスなどのカジュアルな普段着はもちろんのこと、フォーマルな場面でも使えるシンプルなデザインです。

img-shop170815-photo0203

最後はこちらのモビール。112枚の和紙を折り重ねた「kikka」と、48枚の和紙が使われた「suika(すいか)」の2種類があります。自由気ままにゆったりと揺れ動く様子は、自然と心の癒しにも。控えめでありながら、静かに存在感を放つモビールは、ずっと大切にしたいインテリアの一つになることでしょう。光に当たることによってできる影もまた芸術的で、美しさをより一層引き立てます。

紙が折り重なるように、我々の身近にある伝統文化が折り重なるようにして生まれた折紙かのかの作品を、ぜひ実際にご覧ください。
ずっと大切に愛用したくなるアクセサリー、いかがでしょうか?