ショップトピックス

中里唯馬さん 新作コレクション

次世代のファッション界を切り開く若手デザイナーとして、世界から脚光をあびる中里唯馬さん。今回入荷した新作コレクションの一部をご紹介いたします。
(前回の記事はこちらからご覧いただけます)

img-shop170815-photo0301

今回の一番の注目作品はこちら。
日本を代表するイラストレーターの一人、天野喜孝さんとコラボレーションしたラインナップです。天野善孝さんと言えば、長きに渡って、あの世界的なゲームであるファイナルファンタジーのキャラクターデザインを担当されており、その有名ぶりは日本だけに留まりません。ファンの方も多いのではないでしょうか?

トートバッグとリュックは、中里さんの代名詞と言えるホログラムをバックに、特殊な印刷技術で、天野さんの繊細で幻想的な絵柄“CANDY GIRL(キャンディーガール)”がプリントさています。見る方向によって虹色に変化するホログラムの輝きと、その光沢でさらに変化するファンタジーの世界。互いの特徴が絶妙なバランスで融合されました。
トートバッグ、リュックともに、マチがたっぷりと取られており、つい持ち物が多くなってしまう女性にはうれしい大きさ。携帯や小物を入れておく内ポケットもついています。透過素材のホログラムを使用しており、うっすらと透けるバッグの中身もデザインの一部になってしまいそう。中里さんのユニークなアイディアが垣間見えます。

img-shop170815-photo0302

そして、もう一つご紹介したのがこちらのアクセサリーです。
前回の記事でもご紹介したように、日本の最先端技術をファッションに取り入れることを一つの特徴、そして課題にしている中里さん。テクノロジーの未知なる可能性を追究しながら、耐久性、機能性、そして装飾性を兼ね備えた、日常的に身につけられるファッションアイテムの開発を目指しています。
そんなテーマの下、新たに生まれたのが3Dプリンタを使ったリングです。デザインモチーフになっているのは人間の筋肉繊維。細い線が筋肉繊維を表現しており、まるで体内を覗いているかのようなデザインになっています。人工的な手法と素材で、人間の体の一部を表現するという斬新なアイディアをぜひ間近でご覧ください。

新しい制作のプロセス、ビジネスの在り方を視野に入れながら、衣服に対する人々の価値観に変化をもたらそうと試みる中里さんは、もはや次元を超えたファッションデザイナーと言えるのではないでしょうか。デザイン一つ一つに未来を見据えたメッセージが込められているファッションの世界を、覗いてみませんか?

img-shop170815-photo0303

<販売中の商品>
●トートバッグ
●リュック
●クラッチバッグ
●キーホルダー
●リング
●ピアス・イヤリング
●バングル


折紙かのか

<紙でできたアクセサリー>

服装やヘアスタイルに合わせて使い分けたいピアスやイヤリング。女性にとっては、いくつ持っていても困らないファッションアイテムの一つではないでしょうか?
本日は、北海道に降る雪からインスピレーションを受けて制作されたアクセサリーをご紹介します。

img-shop170815-photo0205

北海道札幌市で折紙作家として注目を集める品田美里さんと彼女が立ち上げあたブランド「折紙かのか」。さまざまな雪花を、独学で学んだという折り方で表現する折紙アクセサリーは、その繊細なデザインで見るものの心を魅了します。
何枚も折り重ねされた幾何学的なデザインに設計図はなく、一つ一つ丁寧に手作業で制作されています。我々の知っている折紙をはるかに超える細かさ・・・。子供から大人まで知っている日本の伝統文化が、美しく可憐に表現されたアクセサリーです。

img-shop170815-photo0202

ピアスとイヤリングのデザインはそれぞれ2種類。
「hakkaku(はっかく)」は1cm角の折紙が全部で16枚折り重ねられています。控えめにゆらゆらと揺れる様子がなんとも可愛らしく、紺、茶、グレーのシンプルな色合いは、洋服、和服のどちらの装いにも合わせることができます。折紙の素材には、京都の黒谷和紙(※)を使用しており、和紙特有の温かい風合いが耳元に優しい彩を与えてくれそうです。
※黒谷和紙:京都府の黒谷町に伝わる和紙。約800年の伝統を持っており、和紙の中でも屈指の美しさを持っていると言われている。京都府指定無形文化財に指定されている。(ウィキペディアより引用)

img-shop170815-photo0204

「yuki(ゆき)」と名付けられたこちらは、6枚の薄手の和紙が折り重ねられており、折紙ではあまり見られない曲線と、表裏の複雑な折り込みが特徴的です。風にあたると軽やかに揺れる様子はまるで雪の結晶を身にまとっているよう。モチーフは雪ですが、季節を問わず、その時々に合わせた趣が楽しめそうです。

img-shop170815-photo0201

「kikka(きっか)」という名のブローチは、2cm角と3cm角の和紙が32枚折り合わせられています。紺、茶、グレー、白の4色があり、中心にはアメジスト、ホークスアイ、スモーキークォーツの天然石が、和紙の色に合わせて埋め込まれています。Tシャツやブラウスなどのカジュアルな普段着はもちろんのこと、フォーマルな場面でも使えるシンプルなデザインです。

img-shop170815-photo0203

最後はこちらのモビール。112枚の和紙を折り重ねた「kikka」と、48枚の和紙が使われた「suika(すいか)」の2種類があります。自由気ままにゆったりと揺れ動く様子は、自然と心の癒しにも。控えめでありながら、静かに存在感を放つモビールは、ずっと大切にしたいインテリアの一つになることでしょう。光に当たることによってできる影もまた芸術的で、美しさをより一層引き立てます。

紙が折り重なるように、我々の身近にある伝統文化が折り重なるようにして生まれた折紙かのかの作品を、ぜひ実際にご覧ください。
ずっと大切に愛用したくなるアクセサリー、いかがでしょうか?


5108コトバ

<選ぶ楽しさ・つける楽しさ>

入荷当初より大人気の5108(コトバ)ネックレスに、新しいモチーフが加わりました!
今までのラインナップ(前回前々回)と合わせてぜひご覧ください。

img-shop170815-photo0102

がんばれ、自分! / メッセージ: 少しやる気になるかも!?
ゴールドのメガフォンの中に書かれた“Go for it”の文字。日本語で“がんばれ”という意味のこのメッセージは、自分を元気づけたいと思っているあなたにぴったりの言葉です。がんばれ、自分!私ならできる!アクセサリーとして身につけながら、ここぞという場面で小さな心の支えになってくれそうです。

img-shop170815-photo0101

人生をたのしもう / メッセージ: 楽しいか、楽しくないかも、結局は自分の気持ちしだい。
見るだけでちょっと楽しくなる“JOY”の3文字。どんな服装にも合わせやすいシンプルなデザインがおしゃれ!
さまざまな事柄に影響をうけ、時には予期せぬハプニングに見舞われることも往々にしてあるもの。そんな時はこのチャームをチラリと見て、気が進まないことも楽しさに変えて乗り切っちゃいましょう!人生きっと楽しんだもの勝ち★

img-shop170815-photo0103

肩の力を抜いて / メッセージ: 肩肘張っていてはうまくいかないものです。
一見何の文字が書かれているのか分からないこちら。よーく見るとひらがなで“ゆるり”と書かれています。仕事に家事に育児・・・世の女性の日常生活は、やらなければいけないことでいっぱい。でも、頑張ろうと思っているのに上手く行かない時だってありますよね?そんなあなたへ、そして大切な人へ、優しく労わるメッセージを込めてプレゼントするのもおすすめです。

img-shop170815-photo0104

良いことがおきますように / メッセージ: 幸運を掴みたい!
英語の“Lucky”がチャームになったこちらは、四つ葉のクローバーがワンポイントであしらわれています。 “ラッキー”という言葉は、子供から大人まで知っている魔法のおまじない。つぶやくだけで不思議と良いことが起こりそう!?
誰でも馴染みのある文字だからこそ、学生から大人の女性にまで幅広く使って頂けるデザインです。

img-shop170815-photo0105

いかがでしたでしょうか? お気に入りの言葉はありましたか?
自分へのご褒美、家族やお友達へのプレゼントとして、ぜひ素敵な言葉を選んでみてくださいね。