ショップトピックス

足立明里展

7月5日(水)よりChallenge Wall第9弾「足立明里展」がスタートいたしました。
本日は、こちらのご紹介です。

img-shop170715-photo0104

作家である足立明里さんが描く一目見ただけで心がほっと温かくなるような作品の数々。優しい淡い色調で描かれ、細かいディテールにまで可愛らしさが詰め込まれたメルヘンな世界が広がります。

img-shop170715-photo0103

「つながる、繋がっていく、つなぐ」
これは、足立さんが制作時に常に意識しているテーマです。
シロクマにペンギン、ライオン、キリンと様々な動物を通して、人間が感じる楽しさ、喜び、辛さ、苦しさなどの感情やヒューマニズムを表現している足立さん。作品一点一点には詩がついており、日常生活で足立さん自身が感じた気持ちや思いが元になっています。しかし、その感情はきっと足立さんだけのものではないはず。自分自身と向き合い、様々な人間関係を構築してゆく中で、誰もが感じたことのある、表現してあげられないまま心の奥底に溜まった感情が、この数行の詩に映し出されています。愛らしいだけではない、物思いにふけるような、どこか儚げで何かを物語っている動物たちの表情が詩と共に心に染み渡ります。

img-shop170715-photo0101
img-shop170715-photo0102

作品中に度々描かれる“リボン”には、自分だけではどうにもならない事も、周りの環境や人に助けてもらうことで乗り越えることができる、そんなメッセージが込められています。そのリボンを、頬をピンクに赤らめたシロクマ2匹がくわえているこちらの作品。「紡いでいくいのち」と題された50号のこの大作は、東北大震災の被災地である宮城の訪問からインスピレーションを受けて制作されました。温かく迎え入れてくださった優しい人々と身をもって感じた「自然」と「人間界」の共存。現地での貴重な体験が作品の端々に大切に散りばめられています。

img-shop170715-photo0105

ぜひ、作品、そして詩から伝わる優しさや純粋さを感じ取ってください。そして、自分自身を見つめ、張り詰めた心がふと緩む癒しの時間になれば幸いです。たくさんのご来館、心よりお待ちしております。

詳しい情報はこちらから。


「ポストカード・ラボ・プロジェクト」第5弾

昨年11月から始まった、様々なアーティストのポストカードを約2ヶ月毎に入替で展開していくこの企画。第5弾は8月25日(金)まで開催予定です。※8月は無休で営業致します。
今回は、前回参加して頂いたアーティスト数名にも再参加して頂き、計10名のポストカードが並びました。90種類以上に及ぶポストカードはどれも個性的で、きっとお気に入りの一枚が見つかるハズです!

img-shop170701-photo0101

今回の出展作家は下記の10名です。(順不同、敬称略)
萩生田純一、yoRos-factory、金田花奇、黒山、みいのすけ、Reika Oguri、MINAKO ASAKURA、足立もえか、みやざきみいこ、山科久夫

img-shop170701-photo0102

どれもこれも個性的で素敵なものばかりですが、その中でも個人的に気になるのが山科久夫さんのポストカード。
一見写真の様にも見えますが、よくよく見ると幻想的なイメージがCGによって描かれており、シュールで不思議な世界観が印象的。砂漠に浮かぶ白いクジラ、ブラインドを覗くうさぎ人間、ワイングラスの間を泳ぐ金魚・・・・身近に目にするもの同士が思いがけないコラボレーションをすることで、何ともミステリアスで面白い世界が広がります。
山科さんはオリジナルで短編ムービーも制作しており(こちらのムービーもとってもシュール!)、これらのポストカードはそのワンシーンがデザインされているようです。ご興味ある方はぜひ、山科さんの公式ホームページでチェックしてみてくださいね。

img-shop170701-photo0103

今回も楽しいポストカードが盛りだくさん。お好きなフレームに入れて飾るだけで立派なインテリアアイテムとしてお楽しみ頂けます。ぜひこの機会にお気に入りのポストカードを見つけてみてはいかがですか?


雷展 -OIDEYOハウス-

6月7日(水)より、Challenge Wall第8弾「雷展」が開催スタートとなりました。長野県社会福祉法人かりがね福祉会が運営する障がい者福祉事業所「OIDEYOハウス」が制作されている「雷グッズ」をメインに、ポップでカラフルな作品でChallenge Wallを彩って頂きました。

img-shop170611-photo0102

以前からショップで取り扱わせて頂いていたOIDEYOハウスさんのグッズですが、今回は雷バッグをはじめ、ランチバッグ、お財布、ブックマークと様々な種類のグッズをご用意頂きました。雷グッズの本体の素材はすべて米袋を使用しており、持ち手の部分はシートベルト、デザインにはカッティングシート(看板用業務用テープ)を切り貼りして作られています。これらはすべて地域ネットワークから集められたリユース素材で、本来ならば捨てられてしまうはずのものがこんなにも素敵な方法で活用されていたエコロジーアイテムなのです。ミシンでの丁寧で頑丈な縫製はもちろん、利用者に「使いやすい、欲しい」と感じてもらえる工夫が随所に施されており、そう、ぴかぴか光る紙は“紙なり(雷)”に頑張っているのです。

img-shop170611-photo0103

また、エネルギッシュな雷グッズの他に、柔らかい風合いが特徴的な「織り」グッズも一堂に展示・販売をしています。
一本一本丁寧に糸を織り入れていく職人技には脱帽・・・。それらの生地を使ってポーチやコインケース、アクセサリーやペンケースなどの様々なアイテムを展開しています 。“織り”グッズでは特にこちらのネコシリーズが人気!ちょっとした小物を入れておけるポーチと、ネコの口部分がチャックになっているコインケースの2種類があります。目や口の位置が微妙に違うため、ネコの表情もさまざま。雷グッズと同じく、織りなされるデザインに一つとして同じものはありません。

img-shop170611-photo0104

展示では、OIDEYOハウスさんのことをもっと大勢の方に知ってもらうため、簡易的ではありますが、パネルや制作途中のサンプルを使ってご紹介させて頂いています。その裏側や制作過程を知ることで、より作品の魅力を感じて頂けることでしょう。

img-shop170611-photo0105

さらに、6月24日(土)にはオリジナル雷グッズが作れるワークショップも開催します。カッティングシートを切って世界に一つだけのストラップやカードホルダーを作りましょう!お申込みはお電話にて受け付けておりますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。

雨が多くなる梅雨の季節はぜひ当館の「雷展」へ!たくさんのご来館心よりお待ちしております。

img-shop170611-photo0101