ショップトピックス

最近のKaNAMのオリジナルグッズ

当店ではさまざまな楽しいユニークなミュージアムグッズを取り扱うと共に、軽井沢ニューアートミュージアム(KaNAM)でしか手に入らないオリジナルグッズのラインナップも徐々に増えつつあります。本日は、出来たてほやほやのKaNAMオリジナルトートバッグのご紹介をさせて頂きます。

img-shop170226-photo0101

今回新たに制作されたグッズはこちら。芸術家、G.A.カベリーニ(1914-1990)の作品がデザインされたトートバッグです。(G.A.カベリーニの解説は下記にて当館学芸が解説しております!)赤と白の2種類をご用意いたしました。赤はマチ部分が広く、白は長さの違う持ち手を使い分けることで2wayでお使い頂けます。白タイプには内ポケットもついており、より便利な作りに!どちらも生地は厚手のコットンを使用しているため丈夫さも兼ね備えたトートバッグです。当館のヤフーオンラインショッピングにも出品しておりますので、ご興味ある方はぜひチェックを!

~G.A.カベリーニ(1914-1990)とは?~       解説:学芸員主任 鈴木
郵便システムを利用した芸術『メールアート』。現在も世界中のメールアーティストたちがネットワークを作り、メール(作品)の交換を行っています。イタリアの芸術家であり、メールアートの王様、カベリーニは生涯を通して徹底したメールアート活動を行いました。世界中のアーティストに何千何万枚と送られたカベリーニのシンボル・ステッカーをはじめ、そのステッカーを全身に貼ったパフォーマンス。他にも自分の伝記をひたすら書く行為や、偉人たち(ダヴィンチやゴッホなど)に手紙を出す行為など、彼の芸術は自分自身の強烈なアピールでもあったのです。

img-shop170226-photo0102

その代表作のひとつでもあるこの『牛のシール』には、同年代を象徴する20人の超有名な芸術家たちと共に彼の名前も刻まれています。デュシャンやフォンタナはロースやサーロイン、ピカソはカルビでしょうか。偉業を成した者ほど有名な部位に位置付けられているようです。そのような中、彼自身は最高級部位フィレ。

皮肉とユーモアにあふれ、そして自己主張を忘れないカベリーニのメールアート作品は今も伝説として語り継がれています。


ムレスナティー

<一度飲んだらあなたも虜に!>

紅茶大国スリランカから届いた贈り物。本日は午後のティータイムが楽しくなるフレーバーティーのご紹介です。

皆さま「MLESNA TEA(ムレスナティー)」という紅茶ブランドをご存じでしょうか?(紅茶好きならご存じの方も多いのでは?)世界屈指のトップティーテイスターであるアンスレム・ペレラ氏が1983年に創業したブランドで、最上級のフレーバーティーを提供することで名を広めています。「紅茶のシャンパン」と言われるスリランカ、ヌワラエリア産F.O.B.P(茶葉の種類。中でもトップクラスの茶葉とされている)を主体に、果実から天然抽出するエキスを使用した香料をブレンドして作られるのがムレスナティーです。

img-shop170218-photo0303

当店に入荷したムレスナティーは、正方形のボックスに11個のメッシュティーバッグが入ったシリーズ。フルーツ、ローズ、キャラメルの3つのフレーバーがメインになっており、全部で約60以上(ものすごくたくさん!)の種類があります。ひとつひとつの紅茶にクリエイティブなタイトルがつけられており、中には「ん!?」なネーミングも。パッケージにはムレスナ社の豆知識や、アジア人向けのフレーバーテイストを担当されているデイビット川村氏によるコラムが、かなり高めのテンション(これはまたのちほど・・・)で書かれています。悩みに悩んだ末、今回はその中から24種類をチョイスしてみました。どれもとってもユニークなので24種類全てをご紹介したいのですが、本日はおすすめの3つをご紹介させて頂きます。

img-shop170218-photo0304

<フルーツのフレーバーティー>
「おいしい葡萄の紅茶をどうぞ」 
長野県の代表的なフルーツと言ったら葡萄!そんな理由からスタッフが選んでみました。フレーバーは「ベリーグレープ」。パッケージにはみずみずしい葡萄がデザインされています。箱を開けてみると、しっかりとした葡萄の香りが広がります。しかし、抽出した紅茶自体のお味はとてもあっさりとしており、あとからほんのりと香るフルーティー感が楽しめます。
気になるコラムには、ムレスナティーを飲んで皆さまの心を癒したい!!!そんなアッツアツな胸の内を語ってくれていますのでお手に取った際にはぜひご覧くださいませ。

img-shop170218-photo0302

<ローズのフレーバーティー>
「お花にかこまれておいしいティータイムをしましょう。」
赤いバラがデザインされたラブリーなパッケージ。バラと桃の香りをブレンドさせたすっきりとしたお味をお楽しみいただけます。ムレスナティーハウスでは定番なんだとか。ティーバッグの中にはドライローズの花びらが入っており、まさにお花にかこまれた雰囲気を味わえるのではないでしょうか?
サイドのコラムに目を向けると・・・「バラの紅茶であなたに美しくなってほしいから・・・」「(中略)そして、心もいっしょにきれいになっていって下さい。それが21世紀、新ロマンの人生なのです。」おぉぉ・・・なんとも情熱的なメッセージ。美容美白効果、いや心の中までも美しくなれそうです。これを読んだらそれはもう飲んでみないわけにいかないですよね?

img-shop170218-photo0301

<キャラメルのフレーバーティー>
「夢のあるあなたとティータイムしたいのです。」
こちらはキャラメルベースのフレーバーティーです。甘くて香ばしいキャラメルの香りが特徴的です。「キャラメルクリームティー」というサブタイトルにぴったりな、クリームがぽってりのった紅茶の写真がものすごく美味しそう。紅茶をティーバッグから抽出した後、ミルクやクリームを入れて自己流アレンジも可能です!

種類によってはクリエイティブレシピなるものが、うれしい付録としてついてくるので、ぜひさまざまなアレンジをお試しあれ~!
午後のヒトトキにぜひお気に入りのフレーバーティーを選んでみては?


地球にやさしい 色鉛筆12色セット

本日ご紹介するのは、普通とはちょっと違う「ワイルド」な色鉛筆のご紹介です。

アメリカに拠点を置く文房具店が開発したのがこちら。以前にご紹介したデッサン用鉛筆「ラ・アーティスト」と同じ鉛筆シリーズです。「ワイルドライフ」と名付けられており、パッケージには海外ちっくな森の風景と動物のイラストがカラフルに描かれています。

img-shop170218-photo0201

中には12本の色とりどりの色鉛筆がセットになっているのですが、よ~く鉛筆の柄を見ると・・・そう、森や海にいる動物の模様がデザインされているのです!例えば、シマウマなら白と黒の縞々模様、トラなら黄色と茶色のまさにトラ柄など。その動物の毛並みや鱗の手触りが実際に感じられそうで、削るのが勿体なくなってしまいそうです。さらに芯の色は、クマは茶色、ヒトデはピンクと動物のイメージカラーに合わせた仕様に。鉛筆の上のほうには動物のシルエットと動物名が英語で記されてあり、他では珍しいデザインになっています。

img-shop170218-photo0202

ユニークな特徴はこれだけではありません。デッサン用鉛筆の「ラ・アーティスト」をご存じの方はすでに気付かれているかもしれませんが、こちらの色鉛筆は全て新聞紙を再利用して作られています。古新聞やチラシを特殊な製法と、お子様にはもちろんのこと、環境にも配慮した糊が使用されているエコステーショナリーなのです。その証拠は鉛筆を削ったときの肌部分に現れ、紙が巻いてあるのがよくわかります。普段なら気に留めない削りかすですが、ワイルドライフの色鉛筆の削りかすをよく見てみると新聞の文字が現れることも!

そして、肝心の使い心地、気になりますよね?デッサン鉛筆「ラ・アーティスト」と同様、丈夫さも書き心地も普通の鉛筆となんら変わりはありません。芯と紙の間には特殊な糊が使われているので芯がしっかりホールドされており、鉛筆を落としても芯が折れにくい工夫がなされているようです。

可愛くてお洒落なワイルドライフ色鉛筆はエコステーショナリーということも忘れてしまいそうなくらい気軽に取り入れることができるエコグッズ!日常生活を地球第一!自然環境第一!な意識に切り替えることはハードルが高いですが、これなら簡単に楽しくさりげないエコな貢献ができそうです。お子様のご入学祝いなどのプレゼントにもおすすめなアイテムです。