ショップトピックス

モデルシップ

<コレクションにしたくなる模型キット>

以前に一度ご紹介したモデルシップ12。今回、ダ・ヴィンチの模型キットにからめて期間限定で新しいラインナップを展開いたしました。早速ご紹介させていただきます!

モデルシップは本格的な帆船が誰でも簡単に作ることができる工作キットです。すでに色が塗られているタイプと、組み立てながら自分で着色ができるタイプがあり、どちらも大人にも子供にも人気のある商品です。全長が約12cmの小型模型に加えて、20cm、30cmとサイズのバリエーションも増え、選ぶ楽しみも広がりました。

img-shop170528-photo0306
img-shop170528-photo0305

ブルーノーズ12・30
1946年にハイチ沖で沈没したカナダの歴史的な帆船です。現在、カナダの10セントコインの絵柄にも使われています。大きな帆が特徴的なブルーノーズは、風を切って海を進んで行く様子がよく似合いそうですね。
12cmの小型サイズに加えて、作りごたえのある30cmバージョンも入荷しました。大きさによってパーツの複雑さ、デザインに違いがあるのでお好みの方をどうぞ!

img-shop170528-photo0304

ビーグル12/着色済みタイプ
10門の砲が搭載されたイギリス海軍の船を可愛らしく再現したこちら。新しいロンドン橋を初めてくぐった船としても知られています。後にビーグルは調査用の船に改装され、イギリスの自然科学者、あのチャールズ・ダーウィンも乗船した記録があります。

img-shop170528-photo0308

海賊船12/着色済みタイプ
男の子なら一度は憧れる海賊船。1400年代にカリブ海で発見され、現代では映画やアニメキャラクターのモチーフとしても人気を集めています。海賊船には欠かせないドクロマークもしっかり再現!組み立てのみのタイプですが、コレクションには一つは欲しいアイテムです。

img-shop170528-photo0307

ベンジャミンエリオット20
1960年にアメリカで作られた、世界で最も有名なタグボートです。タグボートとは、港内に入船してきた大きな船を引っ張って誘導する小さな船のこと。アメリカの国旗と船の周りについている小さなタイヤが可愛らしい模型です。

img-shop170528-photo0303

ジェレットエム20
1945年にカナダで作られたタグボート。アメリカの五大湖で長く活躍したそうです。赤と白のカナダの国旗に合わせた船の色がキュート!I LOVE カナダ!もちろん、ご自身の好きな色を塗ってお楽しみいただいてもノープロブレムです。

img-shop170528-photo0302

シーファルク30
1942年にドイツで作られ、これもまたタグボートとしてヨーロッパの海や港湾で活躍していました。30cmの大型タイプですが、大半の部品が既に加工されているので気軽に挑戦することができます。世界でたった一つだけのオリジナルシーファルクを作っちゃいましょう!お部屋のインテリアとして飾るのもおすすめです。

img-shop170528-photo0301

いかがでしたでしょうか?挑戦してみたい帆船はあったでしょうか?
小さなお子様はもちろん、大人のホビーとして、お友達や家族と一緒に楽しく作るのもおススメです。ぜひお試しください!


レオナルド・ダ・ヴィンチ 木製科学模型

<500年前の発明を再現!>

美術、音楽、数学、植物学、天文学、地理学、工学・・・ありとあらゆる分野において類まれなる才能を発揮した歴史的な奇才、レオナルド・ダ・ヴィンチ。「万能人」とも言われていたそうです。
15世紀後半、かの有名な名画に始まり、天才的な発想で時代を先取りした発明品の数々が生み出されました。工学、機械学に関する彼の功績は特に有名で、現実的、非現実的な創案がなされたデッサンが今でも残されています。
現在、当店では展覧会「アートはサイエンス」にちなんでダ・ヴィンチの設計図をもとに作られた機械具の模型キットを販売しています。本日は、その4点ご紹介いたします。

img-shop170528-photo0201

カタパルト
カタパルトとは投石機のことで、石を勢いよく飛ばして敵の領地や建物を攻撃する兵器として使用されていました。ダ・ヴィンチは、当時既に存在していたカタパルトの威力や飛行距離を改良しようと試みたようです。元々使われていたカタパルトには、“ねじれ式”という弾性を利用して石を遠くに飛ばす原理を用いていたようですが、ダ・ヴィンチはこれを“バネ式”にしてより威力を巨大なものにしようと考えました。しかし、バネ式はねじれ式よりも威力が劣っており、加えてコストもかかることから効果的な発明とは言えなかったようです。

img-shop170528-photo0203

ヘリコプター
こちらはダ・ヴィンチの素描のなかでも特に有名なもので、現在のヘリコプターの原型になったとも言われています。円形の台座に人間が乗り込んでメリーゴーランドの様にクルクルと走りながらスクリューを回し、回転するらせん状のプロペラによって宙に浮くことを想像したのでしょう。しかし、当時は材料に木材や布などしか利用できず、軽くて丈夫な機体を作ることが出来なかったため、上昇することは叶わなかったようです。ともあれ、約500年以上も前に、「空を飛ぶ」というアイディアがダ・ヴィンチにあったことに驚きです。

img-shop170528-photo0204

鳥型羽ばたき飛行機
ヘリコプターと同様、空を飛ぶことを夢見たダ・ヴィンチが考えたこちら。ヘリコプターの失敗からさまざまな思考を巡らせた彼は、鳥を観察して人間がうつ伏せになり足踏み式に足の力で主翼を動かすことを考えました。鳥の飛翔のメカニズムを細かく分析して考えられたようですが、これもまた現実的ではなく実用化までには至りませんでした。もし、この発案が当時成功していたら、現在の私達の生活はどう変わっていたのか・・・と考えるととても興味深いですね。

img-shop170528-photo0202

釘を一本も使わない橋
最後はこちら。アーチ状になっていますが、実は釘を一本も使っておらず、それぞれの柱が支え合いながら自立する設計になっています。もちろん、模型キットの再現バージョンも接着剤などでは固定せずに組み立てます。パズル性があってハマるかも!?

img-shop170528-photo0205

いかがでしたでしょうか?この中に挑戦してみたいものはありましたか?
模型キットに関連したこちら・・・発明スケッチ32枚を分析した、CGによる完全復元をまとめた書籍「ダ・ヴィンチ 天才の仕事」もおすすめです!ぜひこの機会にダ・ヴィンチの世界に触れてみてください。


FLOWER MARKET

<夏につけたいアクセサリー>

img-shop170528-photo0101

ぷっくりツヤツヤ、キャンディーのような透明感がかわいいレジンアクセサリー。アクセサリー作家である山内幸恵さんのFLOWER MARKETと名付けられた作品たちです。本日は、女性に大人気のこちらのご紹介です。

小さいころから野花摘みが好きだった山内さん。いつまでも綺麗なお花をとって置きたい、幼少期に感じた思いから生まれたアクセサリーたちは、どれも自然のお花がぎゅっと詰まった可愛らしいものばかりです。一つ一つ丁寧に手作りで制作され、UVレジンを使用して、永遠に咲き誇る夢のアクセサリーが実現しました。

img-shop170528-photo0102

今回当店にご用意頂いたのは、ピアス、イヤリング、ネックレスの3種類。ピアスとイヤリングには、それぞれ揺れるタイプと揺れないタイプの2パターンがあり、お好みに合わせてお選びいただけます。色鮮やかなお花が一つ閉じ込められているものや、パステルカラーの大小さまざまな小花がちりばめられているものなど、全て手作りのため、お花の組み合わせやデザインは一つとして同じものはありません。モチーフの形は丸やしずく型、四角など様々なバリエーションがあり、どれも素敵で選ぶのにも迷ってしまうほどです。

img-shop170528-photo0103

透明なレジンがキラキラと光り、遠くから見るとまるで小さなお花の世界が宙に浮いているようにも見えます。涼し気なデザインは夏の装いにもぴったり似合う、おすすめアイテムになりそうです。自分へのご褒美はもちろんのこと、大切な誰へのプレゼントとしても喜ばれること間違いなし!

この軽井沢で、自然の美しさが身近に感じられるアクセサリーを探してみませんか?

img-shop170528-photo0104