ニュース

【MUSEUM】「花田和治の世界」展をWeb.で #6 たどり着いたところ

「花田和治の世界」展を展示室ごとにオンラインでお届けします。
第6回目は展示室6です。

展覧会最後の部屋、展示室6では花田さんの晩年の作品を紹介しています。

2000年代になると花田さんの作品はそれまでの図形的な描写から物語を連想させるような叙情的な描写へと変化していきました。

窓からみた冬の夜空を描いた《映美のFANTASY》(2005年)。「映美」ちゃんはお孫さんの名前です。

家族をイメージして描かれた《無題》(2010年)は未完のまま遺作となりました。

>>詳しくはこちらへ

まるでみる人をふんわりと優しく包み込むかのようです。

【作品画像】(上から)
《母の列車》 2005(平成17) 油彩・キャンバス 130.3×162.1cm
《映美のFANTASY》 2005(平成17) 油彩・キャンバス 112.1×162.1cm
《無題》(未完・遺作) 2010年(平成22) 油彩・キャンバス 194.0×112.0cm

○展覧会についてはこちらへ

○特別企画「サンドアートで紐解く花田和治の世界」

○他の展示室についてはこちらへ


○「花田和治の世界」展を360°カメラで撮影しました!


【MUSEUM】「花田和治の世界」展をWeb.で #5 日常のなかで

「花田和治の世界」展を展示室ごとにオンラインでお届けします。
第5回目は展示室5です。

花田さんにとって日常は重要なモチーフでした。
展示室5では妻や娘たち、日常の風景から題材を得て描かれた1990年代の作品を紹介します。

>>詳しくはこちらへ

【作品画像】(上から)
《パリルメグ》 1978(昭和53) コンテ・紙 31.5×23.0cm
《チーコ》 1991(平成3) コンテ・キャンバス 22.7×15.8cm 個人蔵
《アキコ》 1997(平成9) 油彩・キャンバス 45.5×38.0cm

○展覧会についてはこちらへ

○他の展示室についてはこちらへ


○「花田和治の世界」展を360°カメラで撮影しました!

○特別企画「サンドアートで紐解く花田和治の世界」


公式YouTubeチャンネル 始めました

軽井沢ニューアートミュージアムの公式YouTubeチャンネルを開設しました!
ぜひ、ご覧ください。

knam 公式YouTube チャンネル

2月6日(土)からはサンドアート集団「SILT」さんとのコラボレーション企画「サンドアートで紐解く 花田和治の世界」が始まります。

どうぞ、お楽しみに。

チャンネル登録もお願いします!

○コラボレーション企画についてはこちらへ
「サンドアートで紐解く花田和治の世界」SILT

展覧会についてはこちらへ


【MUSEUM】「花田和治の世界」展をWeb.で #4 北海道の自然とともに

「花田和治の世界」展を展示室ごとにオンラインでお届けします。
第4回目は展示室4です。

展示室4では、北海道の大自然を描いた作品たちを紹介しています。

幅3.5mにおよぶ大作《三角山の近く(SKY -2)》(1988年)はその代表作のひとつです。北海道札幌市にある「三角山」と並んでそびえる奥三角山(よこして山)の2つの峰をシンプルな三角形とたった2色で描いています。すっきりしたその様からはまるで山間の清涼な空気が漂ってくるかのようです。

>>詳しくはこちらへ

南向きの窓から明るい外光がさしこむ展示室4では、このシリーズがよりいっそう鮮やかにみえます。
窓のむこうの軽井沢の林と作品が醸し出す北海道の大自然との親和性も見どころのひとつです。

【作品画像】(上から)
《三角山の近く(SKY -2)》 1988(昭和63) 油彩・キャンバス 102.0×345.0cm
《SKI II》 1989(平成元) シルクスクリーン・紙 37.6×107.0cm

○展覧会についてはこちらへ

○他の展示室についてはこちらへ


○「花田和治の世界」展を360°カメラで撮影しました!