ニュース

新型コロナウイルス感染予防に関するお知らせとお願い

軽井沢ニューアートミュージアムでは、新型コロナウイルスの感染予防のため、以下の対応を行っております。

・美術館入口付近にアルコール消毒液を設置しています。どうぞ、ご利用ください。
・館内スタッフはマスクを着用してご対応させていただくことがございます。

ご来館のお客様におかれましても、感染症予防にご協力をお願いいたします。

・発熱、咳等の風邪症状があるお客様は、外出を控えていただき、もし外出される場合にはマスクを着用していただくよう、お願いいたします。
・こまめな手洗いのご協力をお願いいたします。
・咳やくしゃみをされる際は、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻を覆う「咳エチケット」にご協力ください。
・館内で体調が悪化した場合は、スタッフまでお申し出ください。

皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

○現在、通常通り営業をしておりますが、国や県などの対応や指示によっては、臨時休館なども想定されますので、最新の情報につきましては、ご来館前に当ホームページをご確認くださいますよう、ご案内申し上げます。


企画展「前川強 ドンゴロスは生かされている。 色と形と物質による純粋抽象表現で発言する。」始まりました。

本日2020年2月8日(土)より、新企画展「前川強 前川 強 ドンゴロスは生かされている。 色と形と物質による純粋抽象表現で発言する。」が始まりました。

前衛芸術グループ「具体美術協会」に参加し「具体」の第二世代の中心として活動し、世界での評価も高い前川強(1936~)の個展です。前川は麻でできた目の荒い厚い布“ドンゴロス”に着目し、それらを裂いて襞(ひだ)をよせ画面に定着させた、絵画と立体造形の要素をあわせもつ表現を生み出しました。本展では、初公開の最新作をはじめ大作を中心に、今もなお精力的に制作を続ける作家の現在を紹介します。

詳しくはこちらへ

みなさまのご来館を心よりお待ちしています。


ショップ「廣田義人イラストレーション展 机の上」開催のお知らせ

長野市でグラフィックデザイナーとして活動している廣田義人さんの制作した切り絵の作品を中心に、これまで手掛けてきたデザインの仕事とともにご紹介します。

廣田さんの作品はとにかくかわいい!

「Ecological mobility ゾウっぽいやつ」
紙(クラフト紙・トレーシングペーパー等)・木・ガラス 26×21㎝

切り絵は非常に繊細でありながらかわいらしく、見ているとほっとした気分になります。
額縁も廃材を使うなどして凝っているので作品とともに楽しめます。

ポストカード「ハリネズミ」

動物をモチーフにしたポストカードも販売します。ぜひこの機会にご覧ください。

廣田義人

1985年長野県生まれ。地元の美術専門学校を卒業後デザイン会社に勤務し、
2011年に「机の上」を設立。グラフィックデザイナーとして活動している。
長野ADC会員

 

「廣田義人 イラストレーション展 机の上」

会期:2020年2月4日(火)~2月24日(月・祝)
※休館日:2月10日(月)、17日(月)
会場 : 軽井沢ニューアートミュージアム 1階ミュージアムショップスペース
(1階は入場無料)
時間:10時~17時