ギャラリー

草間彌生展 YAYOI KUSAMA

インフォメーション

期間
2014年10月29日 - 2015年03月30日
会場
ギャラリー3
開館時間
10:00~17:00
※最終日は15:00まで
※入館は閉館30分前まで
休館日
毎週火曜日 (8月無休)
料金
無料

概要

60年代、ニューヨーク
とどまるところを知らない旺盛な制作活動で知られる草間彌生が独自性を磨き、貪欲に自身の世界観を発展させた時代。
執拗なまでに網目で覆われた彫刻は、まるで彼女の分身のように、草間彌生自身が見た世界を体現しています。
網目に覆われた世界に、自分自身を内包させ自己の消滅を感じさせる作品「自己消滅」大変貴重な作品をGALLERY3にて
展示致します。合わせて、貴重な本画作品や版画作品も展示販売しておりますので、この機会にぜひご高覧ください。

作家略歴

長野県松本市生まれ。10歳の頃より水玉と網模様をモチーフに幻想的な絵画を制作。1957年渡米、巨大な平面作品、ソフトスカルプチャー、鏡や電飾を使った環境彫刻を発表する。60年代後半にはボディー・ペインティングなど多数のハプニングを行う。ヌード・ハプニングでは自身の身体に水玉を描き、それを星や地球に見立てて自己消滅を訴えた。抽象表現主義からミニマルアートへの歴史的転換に寄与した世界を代表するアーティストである。98年ニューヨーク近代美術館などで大回顧展が開かれたほか、2004年の「クサマトリックス」(森美術館)では約52万人を動員。2011年文化功労賞に選出される。2012年から2年にかけて大規模な回顧展が欧米を巡回。ソフィア王妃芸術センター(スペイン)、ポンピドゥー・センター(フランス)、テート・モダン(イギリス)、ホイットニー美術館(アメリカ)2014年よりMalba-Fundacacion Constantini(アルゼンチン)で南米回顧展「Yayoi Kusama.Obsession Infinita[Infinite Obsession]が巡回を開始。アジアを巡回する「KUSAMA YAYOI,A Dream I Dreamed」が大邱美術館(韓国)で巡回。


イメージ