展覧会

花田和治の世界「色と形、ユーモアとポエジー」

インフォメーション

期間
2020年11月14日 - 2021年03月28日
前期
2020年11月14日 - 2021年01月11日
後期
2021年01月23日 - 2021年03月28日
会場
軽井沢ニューアートミュージアム
第1~第6展示室(2階)
開館時間
11:00~17:00
※入館は閉館30分前まで
※新型コロナウイルス感染症拡大状況により開館時間が変更になる場合があります。
休館日
毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
臨時閉館・開館のお知らせ
年末年始:2020年12月29日(火)~2021年1月2日(土)
冬期休館:2021年1月12日(火)~1月22日(金)
料金
一般 : 1,200円
65歳以上・高大生 : 900円
中・小生 : 600円
※20名以上の団体で来館の場合、上記各観覧料の200円引き
※未就学児無料、障がい者無料(付添いの方1名は半額)
お問い合わせ先
軽井沢ニューアートミュージアム
tel.0267-46-8691
学芸課

概要

軽井沢ニューアートミュージアムが独自の視点で今、注目すべき作家をクローズアップする企画展シリーズ「今、世界で評価され続けているアジア人作家」より 花田和治の世界「色と形、ユーモアとポエジー」展を開催します。

1946年に北海道札幌市に生まれた花田和治(1946-2017)は、65年に東京藝術大学に入学し小磯良平(1903-1988)に師事、油彩画を学びます。71年に同大学大学院を修了した後74年に札幌に戻り、その後2017年に没するまで北海道で制作を続けました。在学中から図形的な絵画を試みていた花田は帰郷後、明るい色面を方形で構成する絵画を手掛け、やがて北海道の自然や自身の日常をテーマにその本質をシンプルな形態に抽象化する表現を生み出しました。

戦後の抽象表現主義やハードエッジといった潮流に影響を受けながら、琳派や京都画壇の画家・福田平八郎(1892-1974)などにも深い関心を寄せていた花田のその表現は、身近な現象を叙情豊かに汲み取る詩的感性と、透徹した視覚効果に裏打ちされ、戦後日本で数多く描かれた抽象絵画の中でも稀有な清涼感と独自性に溢れています。

本展では、ご遺族のご協力のもとに集められた初期から晩年に至るまでの作品約100点と関係資料により、その表現の軌跡をたどります。


描きかけの絵のまわりで 花田和治

展覧会ごあいさつ 館長 松橋英一


関連イベント

展覧会を観てオリジナル缶バッチを作ろう
日時 : 2020年11月29日(日) 午前の部:11:10- 午後の部 : 14:10-

メッセージ

○ご来館の際には「新型コロナウイルス感染症」拡大防止にご協力ください。

・マスクの着用をお願いします。
・美術館入口付近に設置しているアルコール消毒液にて手消毒をお願いします。

作家略歴

1946 昭和21   北海道札幌市に生まれる
1965 昭和40 19 東京藝術大学美術学部油画科に入学、小磯良平に師事
1971 昭和46 25 東京藝術大学大学院美術研究科油画専攻修士課程修了
1972 昭和47 26 3ヶ月間、渡欧(北欧から南下しイタリアのナポリまで旅行)
1974 昭和49 28 札幌に戻る
1975 昭和50 29 北海道女子短期大学非常勤講師(1983年3月まで)
1976 昭和51 30 北海道造形美術学院講師(1987年4月 主任講師、1996年8月退職)
1978 昭和53 32 美術研修のためアメリカに1ヶ月間滞在(3月~4月)
1979 昭和54 33 藤女子短期大学非常勤講師(1992年3月まで)
1982 昭和57 36 北海道抽象派作家協会同人となる
1991 平成3  45 札幌大谷短期大学非常勤講師(2008年3月まで)
2006 平成18 60 「北海道の美術・この100点」展(北海道立近代美術館)
2011 平成23 65 「A★MUSE★LAND★TOMORROW 2012 in MIGISHI MUSEUM おばけのマールと絵のふしぎ」展(北海道立三岸好太郎美術館)
2012 平成24 66 個展(「Northern Aspects #04 FANTASY 花田和治の色と形」展)(北海道立近代美術館)
2014 平成26 68 紺綬褒章受章
2017 平成29 71 逝去


イメージ

エプロン 1975(昭和50)年 油彩・キャンバス 

波-3 1990(平成2)年 油彩・キャンバス 個人蔵

開かれた窓 1993(平成5)年 油彩・キャンバス 個人蔵


企画・主催

一般財団法人 軽井沢ニューアートミュージアム

共催

協賛 株式会社NEW ART HOLDINGS