ショップトピックス

360°BOOK 富士山 

富士五湖の水面に顔を映す富士山、笠雲をかぶる富士山、真っ白の雪化粧をして冬の訪れを知らせる富士山。その時々の表情が絶景と言われ、人々の目と心を楽しませてくれる日本一の山。俳人や詩人たちは日本一の美しさを詩(うた)にのせ、芸術家たちは日本画をはじめとする絵画作品や工芸品、デザインに表現してきました。富士の山を「美しい」と感じる心はいつの時代になっても変わることはないでしょう。

img-shop160721-photo0101

皆さんのご察し通り、本日は富士山がモチーフになったミュージアムグッズのご紹介です。その名は「360°BOOK 富士山」。

本を立てたままぐるっと円を描くように360°本を開くと、糸でつながれている各ページが等間隔で並び、威容な富士山が立体的に立ち現れます。各ページには富士山や雲、鶴が繊細にレザーカットで型抜きされおり、これまでにない新たなアイディアで三次元の世界が表現されています。日の入り、もしくは日の出の太陽が赤く燃え、鶴が天に舞うその景色はまさに絶景。実物の富士山と同様、見る角度によって表情を変える様子に感動してしまいます。余白の空間でさえも「美しい」と感じてしまう画期的なアートブックですが、ここに辿り着く過程にはさまざまな苦労がありました。

こちらの絵本を開発したのは、建築士として活躍する大野友資(おおのゆうすけ)さん。建築模型やジオラマのような商品を作ろうと思ったのがきっかけだったそうで、360°BOOKのおおもとのアイディアはデスクに置いてあった付箋ブロックをパラパラとめくっているときに思いついたそうです。各ページを一枚一枚デザインしているわけではなく、3Dソフトウェアで立体の被写体をモデリングし、それを放射線状にスライスしたものにレザーカットが施されて一枚のページが完成となるそうで・・・。とっても特別で複雑な工程で制作がされています。

本格的な出版をするにあたり、印刷会社の苦労もさることながら、本を開くとページとページの間隔が等分になるように工夫がされている特殊な綴じ方は書籍業界にとって初めての試みであり、制作はほぼ手作業で行っているそうです。2012年に開催されたレザーカッターでつくるデザインアイディアを競うコンテスト「You Fab2012」において優秀賞を受賞されたこともあり世界から注目を集めているのですが、一冊一冊に手作業が加わるため量産が一般の書籍に比べ難しいのが今の課題なんだとか。

お土産やインテリア雑貨として活用できる新しい絵本、ぜひお手にとってみてください。

img-shop160721-photo0102

「ANIMAL MUSEUM 」作家Q&A

7月13日(水)からスタートしたショップ企画「ANIMAL MUSEUM~Challenge Wall in Summer2016~」。
今回は作品を出展くださった5名の作家さんのQ&Aをお届け致します。
アーティスト紹介ページに新たに情報を追加しましたので、どうぞご覧ください。
会期は9月5日(月)まで。ぜひ皆様のご来館をお待ちしております。

Q&A・各アーティスト紹介はこちらから
かわむらともみ
ささおかはなえ
タケダヒロキ
HUIT
NiJi$uKe

<企画展情報>
タイトル:「ANIMAL MUSEUM~Challenge Wall in Summer2016~」
会  期:2016年7月13日(水)~9月5日(月)
会  場:ミュージアムショップ(入場無料)
休 館 日:火曜(火曜が祝日の場合は翌月休館。また8月無休)
開館時間:7月-9月:10時~18時(10月以降の開館時間は美術館TOPページよりご確認ください)
※「ANIMAL MUSEUM」最終日は15時まで

イベント詳細はこちらから

ショップチラシ表.jpg

砡ちろりセット

ショップで取り扱っている琉球ガラスに新たに作品が加わりました。
今回は「砡ちろりセット」のご紹介です。

img-shop160707-photo0301

普段お酒を飲まれない方には名前だけではあまりピンとこない方もいらっしゃるかと思います。「ちろり」とは、酒の燗をする(加熱する)道具のことをいいます。つまり、こちらは茶器ではなく酒器になります。

では、「砡」とは何か。
良く見ると分かりますが、この作品は不透明な白色のガラスに青色の透明度のあるガラスを重ねて作られているのです。そして、この白色、乳白色の不透明ガラス(内側)のことを砡ガラスと呼び、それが「砡」と名の付く理由です。
「砡」は「玉」が語源とされており、美しく貴いもの。宝石。といった高貴な意味がある言葉です。純白に輝く乳白ガラスは玉に例えられ、職人たちの間で「砡」として呼称されるようになったそうです。

不透明であることには透明ガラスと比べると紫外線を通しにくいという利点があります。
また、不透明だからと言ってガラスが持つ艶や輝きは損なわれる訳ではありません。色自体の濁りのなさと剥き卵のような滑らかさ、ガラス質が持つ艶・輝きが透明ガラス以上に透き通るような美しさを見せてくれます。
青いガラスだけでは演出できない、より上の高級感を砡ガラスを重ねることで表現しています。

どこか東洋、アジアンテイストなそのディティール。
酒器ではありますが、勿論これからの時期、急須代わりに冷たいお茶を注ぐのも良いでしょう。そのデザインからもちょっとした「涼」を感じていただける事と思います。ただし、茶こしが付いていないのでそれに合う物をご用意ください。

それともう一つ、一番ご注意いただきたいのが温度です。
こちらは耐熱ガラスではありません! 耐熱温度は40°までですのでご注意ください。
ですので、こちらは熱燗ではなく、人肌燗(37度ほど)や、冷や(常温)以下でお酒を飲まれる際にご使用ください。

商品は、盃2つとちろりのセットです。いつもとちょっと違った雰囲気で、ぜひご夫婦(カップル)で晩酌などされてみては如何でしょうか。

img-shop160707-photo0302