ショップトピックス

11月の森-自然のように美しいアクセサリー-

深い森に分け入って、人知れず咲く美しい花をさがすような。
熟れた木の実や、紅葉した葉、ときには珍しいキノコも―
ミュージアムショップの一角、アーティスト・11月の森さんのアクセサリーコーナーには、
その名の通り、森の中を散策するときのような高揚感と、自然特有の湿度さえも感じられるようです。
ショップ企画展「ANIMAL MUSEUM(アニマルミュージアム)」に、アクセサリーを中心としたグッズで出展中の作家さんのご紹介です。

img-shop160806-photo0101

「11月の森」という一見変わったアーティスト名は、「肌寒い季節にふと感じる温かい気持ち」や、「物語の世界に入りこんだような」そんなワクワクした気持ちから名付けられたのだそうです。(HPより:http://kuma.pecori.jp/)

そんな11月の森さんが生み出すアクセサリーは、細いワイヤーと、大小さまざまなビーズやチャームを組み合わせた、一点一点が繊細で美しい作品。
手作りならではの、二つとして同じものがない特別な存在感は、自然に咲く花や木々が、種類は同じであっても二つとして同じ個体が存在しないのと似ています。
そしてそれらを拾い集めて美しいアクセサリーに変身させたような作品たちが、決して主張しすぎることなく、身に着ける人を自然に美しく見せてくれます。
自然の花々などがモチーフとなったこちらの「flower&branch」シリーズは、ピアス・イヤリング、ブローチ、ネックレスと様々なタイプを出品していただきました。
企画展開始以来、自分だけのお気に入りをさがして、コーナーには真剣なまなざしで一つ一つのアクセサリーを手に取るお客様の姿が絶えません。

img-shop160806-photo0103

そしてもう一つ、こちらも人気の「kuma」シリーズのアクセサリーたち。
まさしく森のくまさん?茶色いクマとお友達の白くまさんの日常の姿が描かれる、見ているだけで心がほっこり温まるシリーズです。
ブローチは、まるでぬいぐるみみたいにふかふか!よく見ると、毛糸の帽子やベストなど、ちょっとしたディティールに刺繍が施され、より立体感のあるとても凝った作り。
ピアスとイヤリングにも真珠でおめかししたクマの顔が。耳元で存在感を放ちます。
カメラ片手にお散歩、パジャマで歯磨き、キノコ採り…お気に入りのクマに出会ったら、ぜひあなたの行く先にも連れ出してあげてくださいね。

足を止めたら、ついつい長居してしまって、いつまでもそこに居たくなる。
お気に入りをさがす、ワクワクして時間が経つのも忘れてしまう感覚。
実はだれにも教えたくない秘密の場所であったりもする―
そんなときめきが全部詰まった11月の森さんの作品に会いに、こちらも夏の自然豊かな軽井沢のKaNAMミュージアムショップに、ぜひお越しください。

img-shop160806-photo0102

旅の標本カード

<旅の思い出をいつまでも・・・>

7月も終盤。すでに夏休みを満喫している学生の方や、お盆休みを楽しみにしている方、多いのではないでしょうか。
皆さん、この夏旅行に行くご予定はありますか?ある!と言う方に、旅に出る前にぜひ知っていただきたい製品をご紹介します。その名は「旅の標本カード」。その旅をより一層楽しく、充実したものにしてくれるおしゃれアイテムです。

img-shop160729-photo0301

「標本」とは皆さんもご存じの通り、観察・研究するために植物や生き物、鉱物などを採取し保存したもの。クリアケースにきれいに並べられた昆虫や蝶々の標本を一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。そしてこの「旅の標本カード」は、まさに標本の「あるものを保存して残す」というアイディアを利用して作られました。利用するのは旅先がおすすめ。旅先で出会った素敵なものや驚き、発見があったものを採取して思い出の標本として贈ることができちゃうカードなのです。手紙やメッセージカードとはちょっと違う、新しいスタイルのカードに使う側もワクワク!文字だけでは伝えきれない感動や空気感を届けてください。
では皆さんも気になる使い方をご紹介します。

1、旅先で思い出としてとっておきたいものを見つけます。例えば、葉っぱや鳥のはね、電車の切符、星の砂などなど。一つだけでなく気に入ったものを色々入れてみましょう。6cm×6cmの窓フィルムに収まる大きさのものを採取するとよいでしょう。

2、窓フィルムに見つけたものを挟み、2つ折りになっているカードを貼り合わせます。

3、見つけたものの名称、採集地、日付をラベルに書き込みます。

4、旅先での思い出、感動したエピソードなどのメッセージをカードの裏面に添え、届けたい送り先の住所を書いて投函します。120円切手で送ることができます。(50g以内、国内の場合)

旅行に出かけていることを知っている友人や家族に旅先からカードを送ってもよし、自分宛に送って、後日思い出に浸るのも良いでしょう。また、旅を共にした相手にお礼のメッセージや楽しかった思い出のエピソードを添えて贈るのもおしゃれ!カードはそのままインテリアとして飾ることができるのもうれしいポイントです。
心も体もリラックスできる旅先では、普段なら目に留まることのない植物や自然が生き生きと見えたり、些細なものを思い出として持ち帰りたくなるもの。旅の標本カードと一緒に、この夏の旅行を一味違ったスペシャルなものにしてみませんか?

img-shop160729-photo0302

星空の封筒

<満天の星空を贈る>

突然ですが、皆さん星空はお好きですか?
手紙やプレゼントを満天の星空と共に贈ることができる素敵な封筒が、新商品として入荷いたしました。本日は福永紙工さんが企画・製造する「星空の封筒」のご紹介です。

img-shop160729-photo0202

こちらの封筒、一見普通ですが仕掛けは封筒の内側にあります。中を覗いてみると・・・そう、星空が現れるのです。まるで夜空を見上げているかのような錯覚になり、ロマンチックな発想に思わず歓声を上げてしまいます。

封筒はトレーシングペーパーと黒い紙を使った二重構造になっており、内側の黒い紙にポツポツと小さな穴がランダムに開いています。その小さな穴から外部の光がこぼれ、星のようにキラキラ輝いてみえるのです。大小大きさの違う星々がちりばめられており、等級が素敵に表現されています。デザイナーによると、星空の封筒は都会に住む人に癒しを届けるというコンセプトで発案されたそう。忙しい毎日を送る都会の人たちは、夜空を見上げる機会も少なければ、見上げても高いビルや人工的な光によって中々きれいな星を見ることができませんよね。そんな方たちに少しでも癒しのひと時を贈りたい、そんな想いから星空の封筒は生まれました。

img-shop160729-photo0201

一般の封筒よりも大き目のサイズなので、ちょっとしたプレゼントを入れて贈ることも可能。また、手紙を書く機会が少なくなってしまった今だからこそ、大切な人へ宛てた手紙を星空の封筒と共に贈ってみてはいかがでしょうか?あなたのメッセージがより一層、お星さまの様にキラキラ輝きますよ^^とここでワンポイントアドバイス。この封筒、受取人が中の仕掛けを知らないまま、中身だけを出して終わってしまう可能性もあるので、封筒のパッケージ(台紙)についている『中を覗いてね』と書かれた丸い紙を切り取って手紙やプレゼントと一緒に封筒の中に入れてあげてください。あなたの贈り物と星空とで受取人の感動が2倍になります。

img-shop160729-photo0203

大切な人へ、お世話になっている人へ、そして毎日頑張っているご自身へ、ほんのり優しく光る星空をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?ステーショナリーとして活用できる他に、癒しグッズとしても活躍してくれますよ。
※星空の封筒は120円切手で送れます。(50gまで、国内の場合)