ショップトピックス

PITACORO(ピタコロ)―小さな石ころに、たくさんのアイデアをつめて

ころころとした可愛らしいかたち。目の覚めるようなネオンカラーがまぶしい、これはいったい何でしょう?
その名も「PITACORO(ピタコロ)」―石ころのような見た目の、実はマグネットなのです!

PITACORO_ピタコロ_1

以前の記事では、人(ヒト)が無意識に惹かれる魅惑のヒト型マグネット「ミニQマン」をご紹介しましたが、こちらはデザイナーの渡辺仙一郎さんが生み出した、ちょっと風変わりな石ころ型のマグネット、名前は「PITACORO(ピタコロ)」です。
おうちの冷蔵庫に、職場のデスクの片隅に。ぽんと一つとめるだけで、あざやかに存在感を発揮します。ただ書類をとめるだけでなく、ピタコロ同士をくっつければ、こんなふうに写真やカードを立てて飾ることも。
さらにたくさんくっつけて置いておけば、なんだかおしゃれなオブジェのよう。ピタコロは、アイデア次第で様々な使い道が楽しめるアイテムです。

それにしても、水の流れや風に自然と削られてできたような、いびつなかたち。
大きさや、見る角度によって表情が変わるところまで、本当に何気ない石ころのようです。
こんなかたちで生まれてきたのにも、ちゃんと訳が。
角(カド)の多い多面体のピタコロは、小さくても指でつまんで持ちやすく、持ち上げたあとも指先から取りこぼしにくい、じつは考え抜かれたかたちなのです。
そして小さいことで、とめた部分の書類が隠れてよく見えない!といった事態も防ぎます。

あざやかなネオンカラーの正体はシリコーン。
ちいさな磁石をひとつひとつ、表面を高い技術でシリコーンコーティングしています。
こうすることで、高い所から落としたときも大きな音がしにくいうえに、床材を傷付ける心配もありません。シリコーンの吸い付くような感触は、手になじんで使いやすさも向上させています。
かたち、大きさ、色にそして素材にいたるまで、小さな石ころの中には考え抜かれた秘密がたくさん詰まっているのですね。

機能性もきちんと実現しながら、書類を「とめておく」だけのマグネットでは終わらない、表情豊かな見た目とデザイン性を兼ね備えたこのピタコロ。
奇しくも「石」は、私たち人類がはじめて手にした「道具」であり、今日のあらゆる道具の原点でもあります。原始、厳しい自然界を生き抜くための、決まった目的を果たすためだけの石の道具から始まって、現代の私たちはこのカラフルな石ころに、本来の役割以上の「楽しみ」や「癒し」を見出すことさえできるのです…。小さな石ころに、ふと壮大な人類の進化の歴史さえ感じられてしまうのは…やはり少し大げさですね(笑)。

ご用意しているカラーは5種類。メインとなる色が4つに、アクセントの色が1つ入った
5個セットです。どれもおしゃれな色の組み合わせばかりです。
小さくても気が利く、きっとあなたの良き相棒になってくれるはず。春からの新生活のお伴に、ぜひこんなマグネットはいかがですか?

◇電話でのご注文もご利用いただけます。
 ご質問等ございましたらお気軽にミュージアムショップ担当までお問い合わせください。
 Tell:0267-46-8691
 ミュージアムショップ担当:小山、宮坂、髙浦

PITACORO_ピタコロ_2

ショコラソイキャンドル

皆様、キャンドルはお好きですか?女性は興味がある方も多いはず・・・今やさまざまなキャンドルが商品化され、リラクゼーションを目的としたものやインテリアグッズとしても人気を集めていますよね。今回は当館で取り扱っているキャンドルをご紹介します。

ショコラソイキャンドル_2

その名はショコラソイキャンドル。なんだかとっても甘~い良い香りがしてきそうです。商品名にも「ソイ」と入っているように、こちらのキャンドルは100%天然大豆油から作られています。そもそも、キャンドルとは蝋(ワックス)が火によって溶けるだけのもの。大豆の成分が含まれているだけでいったい何が違うの?と気になりますよね。

主流のキャンドルの主な成分はパラフィンワックスという蝋の種類を使用しているものが多く、ススや独特なにおいが特徴的です。それに比べ、天然由来のソイキャンドルは燃焼温度が45℃とやや低くススや煙が出にくいのが特徴です。そのため、キャンドルはゆっくりと低温で燃えていくため、通常のキャンドルより燃焼時間が長く、約30%~50%長く使用して頂けます。炎も熱くなりすぎることはなく、ゆったりと柔らかい灯かりが優しく感じられます。とは言えもちろん火ですから扱いには十分注意してご利用くださいね。

低温で燃焼するソイキャンドルは香りがお部屋の中に広がりやすく、暖かいお部屋に置いておくだけで、火を灯していなくても良い香りが楽しめるのだとか。また、燃えれば燃えるほど空気洗浄の役割も果たす優れモノなのです!100%ピュアなソイワックスは燃えるほど空気中の不純物を減退させ、空気洗浄効果が期待できます。パラフィンワックスのキャンドルと比べて有害物質を含まないため、小さなお子さまやペット、さらには地球にも大変やさしいキャンドルです。また、万が一ワックスがこぼれて衣類に付着してしまっても、ソイワックスは柔らかいので熱い石鹸水を使うと簡単に取り除くことができます。このようなナチュラル原料のキャンドルは日増しに人気を集めているようです。

当館で扱っているショコラソイキャンドルは全部でレモングラス(イエロー)、ジャスミン(ホワイト)、ガーデニア(ブルー)、ローズ(ピンク)の4種類です。インテリアとして置いておくだけでも素敵なガラスのキャニスターに入っています。キャンドルの色もパステルカラーで可愛いですよ^^キャニスターの正面には金字でフランス語のロゴがあり、まるでチョコレート屋さんのラベル風です。

◇電話でのご注文もご利用頂けます。
ご質問等ございましたらお気軽にミュージアムショップ担当までお問い合わせくださいませ。
Tell:0267-46-8691 
ミュージアムショップ担当:小山、宮坂、髙浦

ショコラソイキャンドル_1

「KaNAM Challenge Wall-飯島洋子×小山利枝子×ナカムラジン 3人展」

定期的に開催してきたミュージアムショップでの企画展。今回は新たな展示場所を解放し、より実験的でかつ企画展という形をショップとして突き詰めてみました。
タイトルは「KaNAM Challenge Wall」。新たな表現の場を試みた我々と、作家にとっての「挑戦」という意味を込めて「Challenge WALL」と題しました。今後もこの企画を定期的に行っていきたいと考えています。
そして今回、その「挑戦」を買ってお集まりいただいたのは、飯島洋子さん、小山利枝子さん、ナカムラジンさんの3名の作家さん。それぞれがまったく異なるテーマ・作風で表現された作品の数々をどうぞご覧ください。

「KaNAM Challenge Wall-飯島洋子×小山利枝子×ナカムラジン 3人展」
会 期 :2016年4月20日(水)~5月23日(月)
企画会場:ミュージアムショップ
入場料 :無料(1階はミュージアムショップ含めフリースペースです。)
休館日 :火曜(但し5月3日(火)は営業、9日(月)は振替休館となります。)
営業時間:10:00~17:00(最終日は15:00まで)
企画展ちらしオモテ40

<飯島洋子>
東京都生まれ。東京藝術大学美術学部油画科卒業、同大学院美術研究科(技法材料研究室)修了。
2014「ふたごのラン」/ART PROJECT 沙庭/長野。 2015「女-その摩訶不思議な生きもの-展」
/FEI ART MUSEUM YOKOHAMA/神奈川。 その他個展グループ展多数。

O
「さくら/第2章」2015
顔料・膠・卵テンペラ・雲肌麻紙・シナベニアパネル
サイズ:H120×W42cm

<小山利枝子>
長野県生まれ。東京芸大美術学部絵画科油画専攻卒業。
2009 横須賀美術館開催の「花-美と生命のイメージ展」に出品。
「未知の記憶」が同美術館に収蔵される。 その他個展グループ展多数。

小山利枝子作品画像10
「魅惑にみちた出現」2016
カンバス・アクリル H131×W163cm

<ナカムラジン>
長野県生まれ。信州大学教育学部美術家工芸研究室卒業。
2015「中村仁展-圖像宇宙」/space563/台北、 /ART Monaco2015/モナコ、
/YIA Art Fair/パリ。 その他個展グループ展多数。

ナカムラジン作品画像10
「Bodhisattva 弥勒/Maitreya」2014
アクリルガッシュ・金銀箔・和紙 H91×W61cm