ショップトピックス

地球にやさしい デッサン用鉛筆

私たちが普段何気なく使っている紙や鉛筆。原料はすべて「木」からできていますが、毎日一体何本の木が伐採されているのでしょうか?
地球のコントロールシステムとも言える森林が徐々に壊されてゆく中で、少しでも緑の森を守る力になりたいと立ち上がった文房具店のエコロジーステーショナリーのご紹介です。

img-shop160828-photo0201

アメリカに拠点を置く文房具店、O’BON社(オーボン)。3R(Reuse・Refuse・Recycle)を意識した商品開発・販売をしています。今回、当店に入荷したのは「ラ・アーティスト」という鉛筆です。黒いパッケージに美しい大樹の絵が描かれた、シンプルだけれどおしゃれなデザイン。こちらはHから8Bまでの10段階の硬度が揃ったデッサン用の鉛筆です。実は木は一切使用しておらず、鉛筆の軸の部分は古新聞を再利用して作られているエコロジー文房具なのです。

img-shop160828-photo0202

主に中国国内の古新聞や古チラシを回収し、2年間かけて研究して磨きあげた技術によって鉛筆へと変身させました。新たな木材は一切使用せず、古新聞や古チラシも溶かすことなくそのまま使用するので加工工程が少ないのがメリット。そのためコストが抑えられている点が大きな特徴です。
鉛筆を削ると、削りかすに新聞の文字が見えるのがその証拠。素材は紙ですが新聞が何重にも巻かれており、木に劣ることなく丈夫な作りになっているので、書き味も持ちやすさも普通の鉛筆となんら変わりはありません。優れたコーティング技術により耐水性もばっちりです。また、ヨーロッパの安全基準の認証を取得した安心・安全な鉛筆なのです。パッケージの中には初心者向けのガイドブックが付いているので、これから絵を始めたいと思っている方にはうれしい付録つきです。

img-shop160828-photo0203

年々深刻な課題となっている環境問題ですが、難しい環境問題に詳しくなくても、オーボン社の文具製品をきっかけに興味を持ってもらえたらという願いが込められています。過去にはマレーシアの政府から依頼を受け、政府が主催する催し物に出品するなど環境教育にも積極的に力をいれており、そのかいあってか、今では鉛筆をはじめとするオーボン製品が世界中に広まりつつあります。