ショップトピックス

ちいさな黒板

学生時代の思い出がつまった黒板。先生の目を盗んではよく落書きをしたものですが、めっきり触れ合う機会が少なくなり、それは懐かしい存在になりました。今ではカフェやレストラン、雑貨屋さんのメニュー表やメッセージボードとして活躍しているのをよく目にします。そんな昔懐かしい黒板をおしゃれに日常生活に取り入れられるようにと、コンパクトで可愛らしい「ちいさな黒板」が入荷いたしました。

img-shop160806-photo0301

深緑の黒板にホワイトオークで出来たチョーク受け、黒板消し、チョークと学校でよく目にするあの黒板セットがミニチュアサイズになりました。薄くてA4サイズの黒板はどこにでも置くことができ、また、上部の角に開いている穴に紐を通せば壁に掛けることができるのがメリットです。チョークはホタテの貝殻を再利用して作られたダストレスチョークを使用。貝殻を微粉末にして加工することで粉の飛散を抑えられているので、周囲への汚れも気になりません。さらに、チョークの材料には歯磨き粉などに使われる「炭酸カルシウム」を使用しているので、万が一口に入ってしまっても安全です。

玄関、トイレ、リビング、勉強部屋などに置いておけば、メッセージ用のボードとして利用できる他、お子さんのお絵描きコーナーにもなります。
学校では黒板は先生が使うもの。でも、「あの黒板を独り占めして好きなものを描きたいな~」という小さな夢は、どのお子さんも一度は思うはずです。それが、ミニサイズではありますが、自分専用の黒板ができればお子さんの喜びも楽しさも倍増するでしょう。宿題などの家での勉強時に活用すればやる気もぐんぐん出ます。宿題がはかどります様に!と密かな願いを込めてお子さんにプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

また、「今日のランチ」なんてお昼ごはんのメニューを書けば、カフェのようなおしゃれ感を楽しむことができます。裏紙やメモ用紙などで済ませていた置手紙も、この黒板を使えばメッセージを残す側も読む側もなんだかワクワクします。

最後にワインポイントアドバイス。新しい黒板を使用する前に「ならし」を行うことをお勧めします。使い始めは表面の凸凹があらく根詰まりを起こしやすいため、チョークで薄く黒板全体を塗りつぶした後、黒板消しで消すことでその後の使用を滑らかにしてくれます。粉が残る場合は布なのどの生地でふき取ることもできるので、ぜひお試しください。

また、「ちいさな黒板」の他に「つみき黒板」も人気アイテムです。自由に描いて消して描いて消して・・・誰もが慣れ親しんできた黒板があなたの日常生活をさらに楽しいものしてくれるでしょう。