ニュース

!具体はなぜ世界で評価されたのか 真相を探る 8/23 国際シンポジウム in Karuizawa

近年国際的に再評価されている具体美術協会(1954年設立、72年解散)の理念を現代に継承するため発足した「ニューウェーブ具体人協議会」の国際シンポジウムを軽井沢ニューアートミュージアムで開催します。具体美術の世界的な評価の高まり、その真相をクリスティーズ副社長、兵庫県立美術館館長、広島県立美術館館長が語ります!
興味深いシンポジウムに是非ご参加ください。詳細は以下です。

■Title 第二回 具体人協議会 国際シンポジウム
■日時  2015年8月23日(日) 午後1時30分から *受付午後1時から
■場所  Karuizawaニューアートミュージアム
■定員  80名
■参加をご希望される方は、事前に電話でお申し込みください。
お申込み先:0267-46-8691(Karuizawaニューアートミュージアム 担当:鈴木)
ご参加には入場料1000円(企画展入場料として)が必要となります。

■内容
基調講演1 「香港クリスティーズにおけるアジアマーケットの現状について」
       Eric Chang(Deputy Chairman、Asia International Director) 
基調講演2 「世界から見た『具体』山村コレクションについて」
       蓑 豊(兵庫県立美術館 館長)
基調講演3 「藤田嗣治が国際美術マーケットで評価された理由」
       千足伸行(広島県立美術館 館長)
シンポジウム 「『具体』が国際マーケットで評価された理由」
パネリスト Eric Chang、蓑 豊、千足伸行
      コーディネーター 本江邦夫(多摩美術大学教授)
                  (講演順、敬称略)


今井 龍満先生 7/12.13. ご来廊のお知らせ

7月から開催中の「今井龍満展 偶然を生きるものたち」に
今井龍満先生がご来廊される事が決まりました。
展示会では実際の作品の他に、画集の販売も行っております。
制作秘話など、是非ご本人の言葉と共に、作品を鑑賞してみてはいかが
でしょうか。
会場はミュージアム1階のギャラリー3。入場無料となります。
この機会に、皆様是非お越しください。


今井龍満先生 本日7/1 ご来廊

Gallery3にて開催中の -偶然を生きるものたち- 
作家の今井龍満先生が本日7/18(木)、来廊されています。
ポアリングというキャンバスに絵具を垂らしこむ技法で、作家さえも
コントロールしきれない線による偶然性を帯びた作品。
今井先生の貴重な制作裏話を聞きに是非お越しください。


6月7日(日)13:30~15:30 織作峰子トークイベント開催のため美術館を一時入場無料にします

6月7日(日)は、織作峰子トークイベント「桜に想う」開催につき、13:30~15:30の時間帯は美術館入館料を無料にいたします。
是非トークイベントにご参加ください。

■6月7日(日) トークイベント 「桜に想う」
 開催場所 KaNAM 2階 展示室1
 開催時間 14:00~15:00
 写真家 織作峰子
 ゲスト 日本画家/千住 博