展覧会

今、世界で再評価され続けている日本人作家

インフォメーション

期間
2018年10月06日 - 2019年01月06日
会場
軽井沢ニューアートミュージアム
第1~第6展示室(2階)
開館時間
10:00~17:00
※入館は閉館30分前まで 
休館日
毎週火曜日(祝日の場合は翌日)
臨時閉館・開館のお知らせ
◯年末年始の休館日
12月28日~2019年1月1日
※新年は1月2日から開館いたします。
料金
一般:1,200円
高大生・65歳以上:900円
小中生:600円
※20名以上の団体で来館の場合、上記各観覧料の300円引き
※未就学児無料、障がい者無料(付添いの方1名は半額)
お問い合わせ先
軽井沢ニューアートミュージアム
tel.0267-46-8691
学芸課

概要

今夏に続き「今、世界で再評価され続けている日本人作家」シリーズをお送りします。
日々新たな表現が生まれるアートシーン。移りゆく過去、現在、未来において、今、あらためて注目すべき日本人作家を軽井沢ニューアートミュージアムは独自の視点でクローズアップし、新たな角度から検証します。そして、本シリーズを通してその魅力を世界へ向けて発信し続けていきます。
本展では、前回の7人の作家を再びご紹介します。作品のみならず関連資料も合わせて展示し、それぞれの作家の活動をより深くご覧いただきたく存じます。

【出品作家】
靉嘔
磯辺行久
猪熊克芳
草間彌生
高松次郎
中西夏之
ミズテツオ
(50音順)   

【出品作品リスト】
「今、世界で再評価され続けている日本人作家」展 出品作品リスト

【展覧会に寄せて】 本江邦夫 (多摩美術大学教授)
テキスト:「土着的、地方的な美術がなぜ国際的になりうるのか」
企画展ガイド「今、世界で再評価され続けている日本人作家」展 web

※美術館受付でも配布しています。鑑賞の手引きに、ぜひ、ご覧ください。


メッセージ

やわらかい秋の日射しのさしこむ展示室で、ぜひ、ゆっくりご覧いただきたい展覧会です。


イメージ

中西夏之《G/Z to MayⅠ》1992 194.0×259.0cm 油彩・カンヴァス ©N. NAKANISHI

高松次郎《影》1997 227.3×181.8cm アクリル・カンヴァス  ©The Estate of Jiro Takamatsu, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

靉嘔《レインボー・マン&ウーマン 昨日・今日・明日》2009 162.2×130.3cm  アクリル・カンヴァス 


企画・主催

一般財団法人 軽井沢ニューアートミュージアム

監修

本江邦夫