展覧会

「今、世界で評価され続けているアジア人作家 」第3回 後期 

インフォメーション

期間
2019年10月12日 - 2020年01月13日
会場
軽井沢ニューアートミュージアム
第1~第6展示室(2階)、バンケットルーム(1階)
開館時間
10:00~17:00
※入館は閉館30分前まで 
休館日
毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
臨時閉館・開館のお知らせ
年末年始:2019年12月29日~2020年1月2日休館
※新年は1月3日より開館
料金
一般:1,200円
高大生・65歳以上:900円
小中生:600円
※20名以上の団体で来館の場合、上記各観覧料の200円引き
※未就学児無料、障がい者無料(付添いの方1名は半額)
お問い合わせ先
軽井沢ニューアートミュージアム
tel.0267-46-8691
学芸課

概要

抽象絵画に着目する本展では前期に続き、50年代にフランスに渡り、後の抽象画に大きな影響を与えたアンフォルメル運動に参加した今井俊満、堂本尚郎と、同時代にアメリカへ渡ってネットペインティングなどの独自の画境を開いた草間彌生の3人を紹介します。また、後期より、中国の水墨画と現代美術を融合させた斬新な作風で、現在世界で高く評価されている婁正綱(ロウ・セイコウ)をご紹介します。


婁正綱(ロウ・セイコウ 1966~)は書の才能に加えて知識・知力および記憶力が高く評価され、12歳の若さで中国政府より「智力超常児童」として認定されました。その後、故郷の黒竜江省から北京に移り英才教育を受けます。86年に北京から東京に本拠地を移し精力的に作品制作活動を行い、アジア、中東、北米などで個展やアートツアーを開催。書と絵画の高度な技能、独特の美的洞察力、深い素養をもって、抽象的かつ現代的な個性を兼ね合わせた作品を多く生み出しています。
本展では、2015年に制作した約8メートルにおよぶ八曲一隻屏風や2018年に制作された新作など合わせて全45点を2階展示室5、6と1階バンケットルームの3つの部屋に展示し、婁正綱の壮大なスケールの作品群をご覧いただきます。


4人の作家が抽象表現に何を求め、何を見出したのか。
本展はその本質を探るとともにそれぞれの作家の創造の軌跡をたどります。


【出品作家】
今井俊満、草間彌生、堂本尚郎、婁正綱(ロウ・セイコウ)※ (五十音順) ※後期のみ展示


【アンフォルメル運動って何?】
アンフォルメルとは「形のない」(informel)という意味。
第二次世界大戦後、フランスを中心にヨーロッパで「非定形」を志す前衛芸術運動が興りました。
同じ頃にアメリカで抽象表現主義が、日本の具体美術協会でも同じ志向の作風が生まれ、
抽象的な表現が世界同時多発的に活発化しました。


イメージ

今井俊満《東方の光》1971年

婁 正綱 《無題》 2018年


企画・主催

一般財団法人Karuizawa New Art Museum

共催

協賛:株式会社NEW ART HOLDINGS