展覧会

大浮世絵展〜北斎、広重、そして春画〜

インフォメーション

期間
2012年09月13日 - 2012年12月24日
特別内覧会
2012年09月12日(水)
会場
軽井沢ニューアートミュージアム
展示室(2階)
開館時間
11:00~17:00
※入館は30分前まで
休館日
毎週火曜日
料金
大浮世絵展のみ
一般 : 1,200円
65歳以上・高大生 : 900円
中・小生 : 600円
未就学児 : 無料
井上有一展と共通券
一般 : 1,600円
65歳以上・高大生 : 1,200円
中・小生 : 700円
未就学児 : 無料

概要

Karuizawa New Art Museum オープニング記念企画展覧会第2弾として、『大浮世絵展 ~北斎、広重、そして春画~』を開催いたします。江戸時代の民衆文化を代表する「浮世絵」は、現代におけるテレビや雑誌などマスメディアと同等の役割を担っており、浮世の様相を実に生き生きと伝えています。19世紀末、初めて浮世絵版画を目にしたヨーロッパの人々は、たちまちその魅力の虜となりました。浮世絵の構図、彩色、木版画の技巧、それらすべてがまさに"ニューアート"として、驚きと感動をもって迎えられたことでしょう。本展覧会では、歌川広重(1797-1858)の『東海道五十三次』『富士三十六景』各全図をはじめ、葛飾北斎(1769-1849)の『富嶽三十六景』『諸国瀧巡り』より、喜多川歌麿(1575年代-1806)による美人画ほか、現在も私たちの心をとらえて離さない浮世絵版画の魅力を、前期・中期・後期の三期にわたってお伝えいたします。さらに、本邦美術館では初の試みとして、春画を特別展示いたします。(※)"浮世"絵、すなわち現世のいとなみの中でこそ生まれた絵の深層に迫る本展覧会に、どうぞご期待ください。 ※春画展示期間(後期:11月22日より12月24日まで)は18歳未満の方のご入場はできません。


関連イベント

和綴(わとじ)で浮世絵ノート作り!
日時 : 2014年11月03日(土)


企画・主催

一般財団法人 軽井沢ニューアートミュージアム