ショップトピックス

トーヴェ・ヤンソン <ムーミンとその作者>

丸いからだに房のついたしっぽ。それは誰もが知っている好奇心旺盛で人当たりのよい妖精の男の子、ムーミン。作者であるトーヴェ・ヤンソン(フィンランド、1914-2001)の人生はムーミン谷で繰り広げられるストーリーそのものでした。

img-shop1600526-photo0302

彫刻家の父と、画家の母の元に生まれたトーヴェは迷うことなく芸術の道へと進み、アーティストを志します。芸術一家ではありふれた光景なのでしょうか、「喋るまえから描いていた」という彼女の才能はめきめきと頭角を現し、早くから画家、絵本作家として活躍します。代表作はもちろん「ムーミン」。ムーミン作家として知られる彼女は小説家、漫画家、イラストレーター、作詞家、舞台美術作家、詩人とさまざまな顔があり、天才的な才能とユーモアあふれる独自の世界観で人々を楽しませました。それは彼女がこの世を去った今も消えることはありません。

生涯独身だったトーヴェでしたが、彼女の周りにはいつも家族や友達がいました。恋人や友達の何人かはキャラクターのモデルになっています。ムーミン谷の仲間たちはトーヴェの親友でもあり、またその物語の源は彼女の人生経験にあったようです。

第二次世界大戦が終わった1945年に出版されたムーミンシリーズの第一作目「小さなトロールと大きな洪水」。このお話は、出版される10年前、1935年ごろから描き始められていました。戦争の悪夢から逃れるため、精神安定剤やアルコールに頼る人々が多い中、トーヴェにとってはムーミンの執筆活動が心の癒しになっていたのです。戦後間もない混乱のさなか、記念すべき第一作目は粗末な装丁でひっそりと出版されたそうです。

その後も出版を継続したムーミンシリーズはたちまち人々の心を掴み、ベストセラーとなります。そんな中でふと舞い降りた週6日の連載漫画のオファー。まじめな性格だったトーヴァは仕事を快く受け、締め切りにも一日遅れることなく連載をやりきったものの、彼女の心はぐったりと疲れてしまいます。毎日仕事に追われるあまり、描くことが楽しくなくなってしまった彼女は、友人のトゥーリッキのアドバイスで新しい物語を描き始めます。それが国際アンデルセン賞作家賞受賞作品「ムーミン谷の冬」。9作あるムーミンシリーズのなかで唯一冬の物語になっているこの作品は、暗く冷たい冬の中で困難に立ち向かうムーミンの姿が描かれています。難しい問題を乗り越えることで、より生き生きとした存在になるキャラクターはどこかトーヴェと重なります。
トーヴェの描く物語には、海と山が欠かせません。それはもちろん自然が大好きだったから。ヤンソン一家は毎年夏になると、祖父母が住んでいるブリデー島(スウェーデン)を訪れ、恵まれた自然の中で魚釣りやボート漕ぎ、天気の予想などを楽しみました。そんな幸せな夏休みの記憶はムーミン谷、そのものでもあります。

そして、ムーミンシリーズの最終回「ムーミン谷の十一月」。この物語には2つの意味があります。1つは、ムーミンシリーズが終止符をうち、読者と別れを告げるという意味。2つ目はトーヴェの母、シグナが死を迎えるということ。この話にはトフトという男の子が登場します。トフトはトーヴェの分身でもあり、物語内でつぶやかれる「ママに会いたい」というセリフは、彼女の声のように思えます。

どんな時でも明るく人生を楽しもうとしたトーヴェ・ヤンソン。書籍「ムーミン画集 ふたつの家族」は作者の人生と物語の背景を、144点の絵と彼女の家族写真と共に読み解きます。

img-shop1600526-photo0301

KaNAMのネコブーム

今や世間はネコブーム。雑誌の特集に、映画、バラエティーと引っ張りだこのにゃんこたち。ネコがもたらす経済効果は、「アベノミクス」になぞらえ「ネコノミクス」と呼ばれているそうです。他人事のように言っていますが、軽井沢ニューアートミュージアムも「ネコノミクス」の力を借りていることに気が付きました。ふと気が付けばネコグッズが増えてる・・・・。ネコ好きにはたまりません!ということで、本日はKaNAMネコ特集です。

img-shop1600526-photo0203

トップバッターは作家・すぎはらゆりさんが手掛けるネコグッズ。ネコとイカをモチーフにブローチや手ぬぐい、ステーショナリーなどのグッズを展開しています。一番の目玉はこのマトリョーシカならぬ、ネコリョーシカ!!こちらのタキシードを着たネコ・・・をパカッとあけると、ウエディングドレス姿のお嫁さんが出てきます^^そしてその中には神父さん、聖歌隊(1匹)、最後に小さな天使が2匹の幸せを祝福しに次々と出てきます。オーダーメイドしたネコリョーシカを、実際に結婚式のウェルカムドールとしてご購入いただいたネコ大好きカップルもいらっしゃいました!ウェディングバージョンのみならずさまざまな可愛らしいデザインがとっても楽しいです!

img-shop1600526-photo0204

こちらは動物の作品を中心に描くNiJi$uKeさんのねこちゃん。写実的な描写で描かれながらも、豊かな色彩を使い分けた華やかさが魅力的です。もの言いたげなその瞳に惹かれてしまいます~。NiJi$uKeさんはアクリル画を制作するアーティストさんで、今年の夏にミュージアムショップが企画する企画展に作品を出展してくださることになりました!詳しい情報はまた追々・・・。

img-shop1600526-photo0202

キャットアートで有名なシュー・ヤマモトさんが手掛ける「ニャーヴル美術館 ねこあーと in ルーヴル」。あの有名絵画のネコバージョンの描きおろしが楽しめる一冊です。「ニャーヴル美術館」に住む「モニャ・リザ」のモニャちゃんが一点一点丁寧に解説をしてくれます。サモトラケの三毛、ミロ猫のヴィーナスにニャイ14世・・・・作品名、作家名も猫語に変換してあり笑いを誘います。もとの名画を知っているかたも、美術になじみのない方も、猫美術を存分に楽しめちゃいます!

ポストカードにスタンプ、ブローチ、ステーショナリーなどなど・・・ミュージアムショップならではのねこグッズがまだまだあるのですが、今日はこの辺で。ねこ好きのみなさん、KaNAMにお越しの際はぜひミュージアムグッズと共にねこグッズも探してみてくださいね^^

img-shop1600526-photo0201

サミラブーン サンカクマド<ビニールでステンドグラス風>

一見ちょっと風変わりなビニール製品。一体これは何に使うのだろうか?パッケージを見ただけでは「?」な方が多いはず。実はこれ、子供も大人も楽しめるインテリアになるのです!

img-shop1600526-photo0102

改めまして、こちらオランダのデザインスタジオ「サミラブーン」から来ました「サンカクマド」です。6角形のパッケージの中に入っている、36個の三角形。素材はビニールです。ビニールの粘着性を利用して、鏡や窓などのガラス面にペタペタ自由に張ることができ、好きなパターンや形をステンドグラス風に表現できます。透明感のあるビニール素材とその色鮮やかな色彩がガラス面を楽しくデコレーション。日光に照らされてできる影もカラフルで素敵です。子供の発想力もぐんっと広がります。もちろん大人の方も大歓迎!「この小さな三角形だけで何を作ろう?」とワクワクしながら楽しめます。

素材の特性上、簡単に脱着することができ、石鹸で洗ってあげることで、粘着性を取り戻すことも可能。見た目はとってもシンプルだけれど、画期的なプロダクトです。

img-shop1600526-photo0101

色はレッド、イエロー、オレンジ、ライトグリーンにライトブルー。そして2色入りが新商品として登場しました。ラインナップはイエロー×ライトブルー、レッド×ライトブルー、レッド×オレンジの3種類です。2色入りは各18個ずつ計36個の三角形が入っています。

こちらのプロダクトは以前ご紹介した「フロシキシキ」と同じブランドです。デザインスタジオのオーナー兼デザイナーのサミラブーンさんは日本で生活をしていた経験があり、その滞在中に受けた日本ならではのインスピレーションがフロシキシキの源でした。素材を深く研究し、特性を最大限に生かしたシンプルでミニマルな商品作りが特徴的です。現在はテキスタイル研究家として3Dテキスタイル(ファブリック)開発中。今後のユニークな新商品が待ち遠しいです。