ショップトピックス

すぎはらゆり~ジャズとネコとそして、イカ?~

以前ご紹介した、KaNAM自慢の猫グッズたちの数々。
その中でもひときわ存在感を放っていたのが…そう、以前の記事を読んで下さった方には“ネコリョーシカ”ですでにおなじみ、すぎはらゆりさんです。

img-shop160609-photo0203

すぎはらゆりさんは東京出身のアーティスト。
2005年ごろより本格的に展示活動を開始、2008年に初となる個展を開催され、2011年にはNYのアートフェアにも参加(Verge ART FAIR N.Y)。伊勢丹新宿店で毎年開催されている猫展には、毎回多くのファンの方が訪れています。

すぎはらさんが主に描くモチーフはずばり、ネコとイカです。
とくにネコが主役の作品が多く、たくさんの種類を取り揃えているポストカードでは、しめじ(キノコ)の房に隠れて遊ぶネコ、文字通り缶詰めになっているネコ、そしてビキニ姿でイカの背に乗るネコなど、ちょっと変わった、でも楽しいネコとイカの作品がお楽しみいただけます。

img-shop160609-photo0201

陸にすむネコと、海にすむイカ。なんともミスマッチともいえるこの動物の組む合わせ。
作品にもどこか不思議な世界観を添えているこの二匹の関係が気になるところです…。

実はこのイカ、正しくはイカ紳士と言って、なんと職業はバーテンダー。
そしてネコはイカ紳士のバーで働くアルバイト。しかも同棲しているとか…。
作品をよく見てみると、時折イカ紳士の胸元(?) には、バーテンダーらしく蝶ネクタイが。
イカ紳士といるネコの方もよく見るとかわいらしいだけではなく、流し目のような、どこかアンニュイな表情のようなを浮かべています。
一見絵本のような作風とは裏腹に、二匹の間には子ども向け絵本には収まりきらない、
深~い関係があるようです。

img-shop160609-photo0202

そして、すぎはらさんの作品には、たびたび楽器を演奏するネコの姿が描かれますが、
実はすぎはらさん自身も、ジャズを愛し、そして実際にバンドに加わってパーカッションを演奏されています。もともと学生時代にジャズオーケストラの演奏を聴いたことが、作品制作・モノづくりへの情熱を燃やすきっかけとなったのだそうです。
楽しそうにトランペットやギター、太鼓を鳴らすネコたちの姿は、きっとバンドで演奏しているすぎはらさん自身なのかも知れません(きっと作品もこんなふうに楽しんで製作されているのでしょうか…)。今にも飛び跳ねるようなジャズの音色が聞こえてきそうです。

ミュージアムショップで取り扱い中のすぎはらさんグッズは、以前ご紹介したネコリョーシカの他、にんまり意味ありげな表情に惹かれる、一点一点手作りのクレイブローチ、
モノクロで表現されたクールな猫イカの世界が和の雰囲気にマッチする手ぬぐい、そして最後は使うのがもったいないほど!猫イカのそれぞれ異なる絵柄が楽しい付箋の全四商品です。猫好きの方はとくにまとめ買いされていく方もちらほら…。

“モノを生み出す”という共通点のもと、平面、立体、そして音楽…と多彩な才能を見せるすぎはらゆりさん。
ジャズのように楽しく踊るように、そして時として予想もつかないアドリブが飛び出すように、(まさにネコとイカのコンビのような)新たな作品やグッズたちが、これから楽しみです。

img-shop160609-photo0204

NiJi$uKe ~虹色の動物たち~

先日、当館のネコグッズのご紹介をしましたが、その中でも特に色鮮やかなネコが描かれた手帳やクリアファイル。今回ご紹介するのはその絵を描いたNiJi$uKeさんです。

img-shop160609-photo0101

動物をモチーフに時に可愛く、時に格好よく。はたまた少しシュールな構図で様々な動物を描きます。特徴は何と言ってもその色鮮やかな配色。お名前のNiJi(虹)の通り、レインボーで色彩豊かな作品を描いています。
制作は主にアクリル絵具、ガラス絵具、パレットナイフを用いて制作しているそうです。グッズで見るとコンパクトなサイズですが、実際の基の作品は大作が非常に多いとか。ネットで拝見する制作風景も大きなキャンバス(100号位でしょうか。)に向かっている姿がお見受けできます。それと、全身像の物と同じかそれ以上に顔アップの物が作品として多いので、作品自体のサイズと相まってライオンなど特に実際の作品は迫力があります。

img-shop160609-photo0102

モチーフの動物は幅広く、ライオンやクマ、ラクダやチーターも描かれています。個人的にチーターは好きです。そのスピードに痺れますね。
話が少しそれましたが、とにかく描かれる動物が格好いいんです。写実的でありますが色合いに加えて、構図の取り方によって非常に個性に富んでいます。
例えばキリン。同じモチーフでも色々な角度から描かれるので、キリンも色々な向きで長い首を振り回しています。こうした構図にバリエーションを出せるのもモチーフをしっかり観察しているからではないでしょうか。それと、何よりもNiJi$uKeさん自身が、動物が大好きなんだろーなーと。Facebookの文章など見ても何だか自身の作品に、動物たちに愛が感じられます。
動物以外のモチーフも個人的にはぜひ見てみたい気もしますが、作家のアイデンティティーとして、動物に絞っているのも大事ですね。

また、動物は勿論そのバックの色も赤一色だったり、まさしく虹のようなボーダー柄だったり。メインの動物を引き立てるように鮮やかな色が目を、画面をより引きしめます。デザインとして色々なアイテム化されるのも納得です。
当館ではクリアファイル、缶バッチ、ノートを販売していますが、他にもたくさんのアイテムがある様子。どれも可愛くて、格好いい物ばかりです。
iPhoneケース、私も欲しいです。・・・まあ、iPhoneじゃないですけど・・。

それでも欲しくなる、飾っておきたくなる、そんなNiJi$uKeさんのグッズをぜひ当館でもお買い求めになってみてください。

img-shop160609-photo0103

最近のミュージアムショップ

毎週店長のおススメ商品をご紹介しておりますが、本日はショップの企画展が終わり店内の模様替えをしたので、ショップの様子をお見せしちゃいます^^

img-shop160602-photo0101

さて、ミュージアムショップの店内はこんな感じになっています。
壁もテーブルもすべて白で統一してあるので、とっても明るくやわらかい雰囲気です。そしてスペースもなかなか広い・・・。かなりの商品数があるので見ているだけでも楽しめちゃうショップになっています!

img-shop160602-photo0102

この壁際のスペースは、先日まで開催していた企画展の展示スペースとなっていました。
棚を取り外して作品を展示したのは初めての試みだったので、スタッフも最初はドキドキしていましたが、取ってみるとその解放感に「お~~~」とみんなの歓声。企画展後も、最初は2段あった棚を一段にして、商品に光が当たるように模様替えをしてみました。

商品の陳列は定期的に変えているのですが、どこになにを置こうか・・・これが意外と悩むのです。お客様が見やすいように、商品がよりよく見えるようにとあれこれ相談しながら陳列作業をしています。下の段には動物のグッズを、上の段には陶器やガラス食器を陳列。今まではもう一つ段をこの上に取り付けてあったので、何となくぼんやりしていた琉球ガラスなどのガラス製品ですが、今は照明の光をいっぱいに浴びてさらに生き生きしているように見えます。うれしい限りです!

img-shop160602-photo0103

光といえば、こちらのラックのカーテンも開けて解放的になりました~。
今までは閉め切っていたカーテンを、今回は思い切って開けてみました。美術館へ上がる階段からも、中央通路からもショップ店内が良く見えるようになりました。美術館全体に光が差し込む構造にはなっているのですが、やっぱりカーテンを閉めているのと開けているのでは違いますね~。光、素敵です^^

img-shop160602-photo0104

こちらはポストカードのコーナー。
KaNAMのミュージアムショップはポストカードがとっても多いのです!ざっと100種類は超えるのかな?時折ポストカードの大人買いをされるお客様もいらっしゃいます。ポストカードは手紙よりカジュアルに書けて、さらにデザインやイラストがおしゃれだともらう側もうれしくなりますよね~。ポストカードは手軽に買えるので記念のお土産にもぴったり。私も美術館へ行くたびについ買ってしまい、今ではこんもりたまっています。

この5段のラックには目移りしてしまうほどの種類がずらりと並んでいます。ミヒャエル・ゾーヴァやレオ=レオニのポストカードは新しく入荷したばかり。向かい側のくるくる回るラックには作家さんのオリジナルポストカードが上から下までぎっしり詰め込まれているので、選ぶのにも一苦労です・・・。お気に入りのポストカードをぜひ見つけて記念土産にしてくださいね。

以上、最近のミュージアムショップの店内風景でした~~