ショップトピックス

ペインティング・ドール

当館の大人気商品のご紹介です。
ぬいぐるみに自分で色を描く商品「ペインティング・ドール」です。ミュージアムだけあってお客様も小さいお子さんのお土産に買っていかれる方も多くいらっしゃいます。塗って楽しんで、その後はぬいぐるみとして楽しむ。自分で色を塗っているからこそ愛着も人一倍と沸くでしょうし、物を大事にする心も養われるのではないでしょうか。

img-shop160505-photo0302

特に見本や説明書などは付いていないので、お子さんの好きなようにお楽しみ頂けます。専用のペンが付いていますので買ってすぐ色が塗れます。ただ、注意というよりうまく塗るコツとしては滲むことを意識して塗るということです。インクは布に色が乗ると若干ですがその周りに染みていき、思っているよりも広範囲に色が付いてしまいます。なので、縁を塗ろうと思ったらギリギリの部分ではなくやや中側を塗っていき、色が広がることを計算しておくと良いでしょう。・・子供には難しいかもしれませんね。そこの強要は必要ないのかもしれません。
子どもの好きなように、好きな色で夢中になって塗らせてあげてください。

img-shop160505-photo0304

種類は当館では6種類ほどご用意しています。子供が好きなモチーフでぬいぐるみとしても可愛らしい物が揃っています。スポーツカーと汽車、恐竜が2種類、それとワニです。
店頭にはサンプルとしてスタッフが塗ったぬいぐるみが置いてあります。
一つはスポーツカー、もう一つが首長恐竜です。このサンプルの影響なのか首長恐竜が人気のようです。
恐竜の地が斑点模様だったので黄色と黒で草間彌生さんのドットをイメージして塗ってみました。ショップには勿論草間さんのグッズも置いてあるので、そういった部分から恐竜に手を伸ばす人も多いようです。ただ、お子さんにはそういった物に囚われるのではなく自身の感性でぜひ塗ってほしいです。

ペンは付属の物でも市販されている物でも問題ないです。どうぞ使いやすい物でご用意ください。水性ペンであれば完全には落とせませんが洗えば多少色が抜けるので、違う色をのせることも出来ます。
(ただ、綺麗に塗れるのはやはり最初の真っ白の状態の時ですので、洗って何度でも使えるといったアイテムではございませんので、ご承知ください。)

さあ君も塗ってみよう。自分だけの色を!!世界に一つだけのぬいぐるみを作りましょう。

img-shop160505-photo0301

福永紙工 新アイテムのご紹介

新商品の入荷! 
<福永紙工さんよりNewアイテム!>

大人気の商品、空気の器とテラダモケイに新しいアイテムが加わりました!本日はこちらをご紹介します。

img-shop160427-photo0304

まずは空気の器。以前にも一度ご紹介していますが、世界中で人気を集めているちょっと不思議な紙製品です。丸い紙に細かい切込みが入っており、上に向かってビヨーンと伸ばすと器が出来上がります。紙の裏と表で色が違うものもあり、見る角度によって器の色の見え方が違ったりします。当店で扱っている種類に今回ニューフェイスが登場しました。色は、ゴールド×ワインレッドとシルバー×ネイビー。各色1枚ずつの2枚セットです。

img-shop160427-photo0305

ゴールドとシルバーの面にはホログラム箔が入っているので、眩しいほどの華やかさです。ゴールドとシルバーのキラキラ感を主張したい方は、ホログラムの面が器の内側に来るように紙を伸ばして器を作ってみてください。一方で、一見シックな色合いだけれど、見る角度を変えるとキラキラ光ってる!というしかけをたっぷり味わいたい方は、ゴールドならワインレッド、シルバーならネイビーの面が内側にくるように成形してみるのがおすすめです。

どちらの器も見る方向によって表情を変え、華やかなホログラムとシンプルな紙色のコントラストが素敵な空気の器。きっと素敵な演出をしてくれるはずです。

img-shop160427-photo0303

お次はテラダモケイ。こちらも以前、空気の器と合わせてご紹介した人気商品です。建築家である寺田尚樹さんが建築模型用に考案した添景が製品化されたもの。日常生活の様子を1/100のサイズに閉じ込めた何とも可愛らしいキットです。

img-shop160427-photo0301

こちらのテラダモケイにも新しい仲間が増えました。汗と涙と感動で夏色に染まる「高校野球編」です!照り付ける太陽に輝く汗と涙!高校球児たちの青春の一ページが再現できちゃいます。背番号は18番まで。よ~くみるとミットの種類も違い、細かく再現されています。外野くんにはフライ用のミットを持たせてあげてくださいね。球児たちの体つきも微妙に違い、寺田さんの遊び心が垣間見えます。野球部のマドンナ、マネージャーもメガホンつきでスタンバイです。報道陣らしき人やアナウンサー・・・・とこんなものまで!?という細かさで表現されています。楽しすぎる!!!
こんな具合で私はテンションが上がってしまいましたが、ぜひ皆さんもテラダモケイに挑戦してみてください!当店ではスラムダンクシリーズが大人気ですが、お客様自身で好きなキットを組み合わせて、自分だけのテラダモケイワールドを繰り広げてもOK!どうぞ、皆さんのオリジナルの楽しみ方を見つけてみてください!

img-shop160427-photo0302

以上、空気の器とテラダモケイの新アイテムのご紹介でした。


PataPri ガーゼタオル

当ミューアジアショップでは若手作家さんの作品やグッズも多数取り扱わせていただいており、本日はその中の一人、PataPriこと、うえむらゆうこさんのご紹介です。

img-shop160427-photo0202

ハンドスクリーンプリントでガーゼタオルなどを制作しているうえむらゆうこさん。自らPataPriというオリジナルブランドを立ち上げて活動しています。とってもシンプルなデザイン、でも温かみのある絵柄とカラフルな色が魅力的なPataPriです。

うえむらさんのシルクスクリーンプリントとの出会いはアメリカ。シカゴに滞在中、近所のアートセンターのシルクスクリーンプリントのクラスを取ったのがきっかけだったとか。自分がデザインした絵柄がプリントされて形になることに興味を持ち、その後大学でもスクリーンプリントのコースを専攻されたそうです。グッズの販売を始めると、たちまちアメリカやイギリスのデザイン系ブログや雑誌などのメディアに取り上げられその名を広めました。

その後ParaPriというブランドを立ち上げ、制作過程はすべてハンドメイド。現在は日本に帰国し自然に囲まれた自宅兼アトリエで制作活動に取り組んでいます。自然や動物がモチーフになった絵柄がパターンになっており、PataPriの由来もPattern+Printからつけられたそうです。また、素材には素肌に気持ち良い今治タオルを。インクはトクシックフリーの水性インクを使用しているので、赤ちゃんにも優しい仕上がりになっています。出産祝いやプレゼントにおすすめです!

img-shop160427-photo0203

当館では通常より少々大きめのハンドタオルを取り扱っております。雲や山、しずく、ハリネズミなどのデザインが可愛らしく、シンプルなデザインの中にハンドメイドならではのやわらかい温かみを感じます。作家さんの人柄でしょうか^^吸水性も抜群のParaPriタオル、ぜひお試しください。

img-shop160427-photo0201