ショップトピックス

飯島 洋子

Challenge Wall 出展作家のご紹介です。まず一人目は可憐な少女の作品が魅力的な飯島洋子さんです。

東京芸術大学で油画を学んだ後、企業パンフレットやイラストを制作する会社に就職をし、イラストやデザインの仕事をされていた飯島さん。しかし、それから10年間、絵と距離を置く時期が続き2001年に制作活動を再開。その再スタートとなったきっかけは、ここ軽井沢にあったそうです。とある美術館の展示会を見に軽井沢を訪れたとき、改めて美術、アートと向き合おうと思ったそうです。その後、アート活動を再開した飯島さんは個展、グループ展を多数開催し、東京を拠点にご活躍されています。

img-shop160515-photo0101

飯島さんの作品は少女が主人公になっているものが多く、その美しさに心を惹きつけられます。飯島さんが少女を描き始めようと思ったきっかけは、睡眠中にみた夢の中で、ある少女が子供から大人へと成長して行く場面を見たことが始まりだったそうです。思春期特有の苦しい気持ちや不安が入り混じったそのなんとも言えない少女の眼差しが印象に残り、少女をモチーフにして描くようになりました。

今を生きる少女たちの心情に焦点をあてて絵を描き始めてから、実際にキャンバス上に描いた女の子にそっくりな子に出会ったり、また、初めて出会った女の子が絵のモチーフになっていることもあるようです。大人へと成長する思春期は、心も体もバランスが崩れやすい期間。未来に対する不安やもやもやした気持ちは女性なら誰でも経験したことがあるのではないでしょうか。「今を生きる少女の眼差しは私の少女期と重なります」、そう語る飯島さんも例外ではありません。飯島さんを含め、同じような経験や感情をもった人と絵を通じて繋がりたい。そんな願いも込められています。

img-shop160515-photo0103

思春期の葛藤は、荒れ狂う混乱や矛先が定まらない怒りや苦しみではなく、一人の女性として自立するための、言うならば美しい女性として開花する準備期間と言えるでしょう。将来や生きることについて、自分自身とじっくり向き合う最初の時間かもしれません。飯島さんのまだあどけなさが残る少女からは、不安の中に見える夢や光、また女性の繊細さや可憐な一面が垣間見えます。

麻紙に油絵具、卵テンペラ、ある時は木炭や墨を使って描く飯島さんの豊かな技法にも注目です。西洋と東洋の絵画技法を組み合わせることによって、飯島さん独自の表現方法が生まれます。制作中に飼い鳥が麻紙を破いてしまうなんて裏話も。

現在は制作活動をされながら、イラストレーションのお仕事もされている飯島さん。信濃追分文化磁場油やさんのイベントスケジュールには飯島さんの坊やのイラストが表紙を飾っています。名前はずばり「油小僧」。実はこの油小僧の妹が展示作品の中にいるようで、飯島さん自身もとても大切にされているご様子でした。キャラクターと水墨画を合体させた作品制作は今後の試みのようです。

まるで別の次元の時が流れているかのような作品。語りかければ何かメッセージが返ってきそうな少女たちをどうぞご覧ください。

img-shop160515-photo0102

NuRIEroll(ヌーリエロール)

最近ぬりえがアツいらしい。いわゆる大人も楽しめるとか、女性に大人気といった年齢層を高めに設定した細かい描写の物が広がりを見せているように思います。
でも、私にとってのぬりえはやっぱり幼稚園、小学校低学年ぐらいに楽しむツールでした。この「NuRIE」は上記のような大人向けではなく、しっかり子供に向けて作られています。

img-shop160505-photo0103

株式会社マルアイとSwimmyDesignLabのコラボレーションによって生まれたこの塗り絵にはシリーズが幾つか有り、A0サイズ(1189mm×841mm)の巨大なぬりえがNuRIEシリーズのスタンダードになります。
その後、色々な形・サイズで楽しめるように、包み紙に使える「NuRIEto」(450mm×318mm)や、NuRIEを箱形にした新しい形の「NuRIEbox」(ヌーリエボックス)が登場。
そして、新たな仲間がこちらの「NuRIEroll」です。

img-shop160505-photo0101

NuRIErollはぬりえが巻物状になっっており、キッチン用品のラップやアルミホイルのようにコンパクトな箱に収納されています。しかし、そこから出てくるぬりえの長さは何と2280mm。スタンダードのNuRIEをすごーく長くしたタイプなのです。
1人なら一日かけても塗りきれないぐらいの長さですから、少しずつ引き出しながら時間をかけて素敵な絵を完成させてください。でも、このアイテムの楽しみ方は複数人で描くということ。その大きさを活かして友達同士みんなで塗れるんです。みんなで塗るときはケンカしないように注意しましょうね。みんなで仲良く塗りましょう。
また、このアイテム(紙)の端には2種類(cm、inch)の目盛りが付けられており、2.2mもあるから、チェ・ホンマンもセームシュルトの身長だって測れちゃいます。
他にも身の回りの物の長さを測ったりしながら、子供ながらに新しい発見がたくさん見つかるかもしれません。楽しみ方が広がりますね。

それと、もう一つの魅力はその下絵(線画)です。元の絵を描いたのはSwimmyDesignLabのアートディレクター・吉水卓さん。独特なタッチのそのアートはどこか気の抜けたような雰囲気を出しながらも、温かみと可愛らしさがとても子供の「塗りたい」という気持ちを引き立ててくれる気がします。
また、画面いっぱいに所狭しと描かれたその絵には物語性があり、見ているだけで楽しくなります。色を塗っていく毎にその世界に入り込んでいけることでしょう。
特にこのNuRIEroll 、巻いてある塗り絵を引き延ばしていくので引き延ばした先にはどんな絵が描かれているのか、どんな物語があるのか、そんな紙芝居のようなワクワクした気持ちになれるのでシリーズの中でも特にオススメです。(スタッフ一押し!)
横長のANIMAL LABと、縦長のTREE TREATSの絵柄は2種類。ANIMAL LABは吉水卓さんによって描かれた可愛くておかしな動物たちが横一杯に大行進しています。どんな動物がいるでしょうか。TREE TREATSは一本の大きな木が紙一杯に描かれています。一番先には一体何があるのでしょうか、気になります。どちらも明るく楽しい世界観が広がっていますよ。

普段描きなれていない人にとっては簡単なモチーフを描くのも一苦労です。テレビでも絵がヘタで視聴者に恐怖を与える芸能人の方もいらっしゃいますよね。
絵が描くのが苦手。絵なんてほとんど描いたことがない。そんな人でも描くことが楽しめる、「すごくうまく描けた」とニンマリできるのがぬりえの魅力だと思います。だから、まだ複雑な描写が出来ない子供にとっても、アートに触れるにはとても良い最初のステップになるでしょう。
ぜひGWにお友達と、親子で遊ぶツールとして如何でしょうか?

img-shop160505-photo0102

じぶんだけのイロ レオ=レオニ

幅広い年代に愛され続けてきたレオ=レオニ。以前にもフレデリック、スイミーとレオ=レオニの代表作をご紹介してきました。今日は、ある悩みを抱えたカメレオンのお話「じぶんだけのいろ」をご紹介します。

img-shop160505-photo0201

オウムは緑、ぞうはグレー、ブタはピンクと動物はそれぞれ自分の色をもっていますが、周りの環境に合わせて色を変えるカメレオンは自分の色がありません。どうして他の動物のように自分だけの色がないの?と悩むカメレオン。そこで彼は同じ場所に居続けたら自分だけの色を持てるのではないかと思いつき、葉っぱの上で暮らし始めます。しかし、季節によって葉は色を変えてしまい、残念なことにカメレオンは自分の色を持つことができません。嘆いていたカメレオンはある時、もう1匹のカメレオンに出会い、悲しみを共有します。2匹は一緒に生活を始め、一緒に緑になったり、紫や黄色になったり・・・仲良く幸せに暮らします。

いつも哲学的なメッセージが込められているレオニのストーリー。じぶんだけのいろにも「自分とは何者なのか」というテーマが垣間見えます。レオニは幼い頃からヨーロッパやアメリカを移動しながら成長し、また大人になっても生活の地を転々としてきました。そんな環境と共に変わる自分を見つめ続けてきたレオニ。このカメレオンが彼の経験を象徴しているのかもしれません。

つい周囲に合わせてなんだか疲れてしまったなんて経験は誰にでもありますよね。本当の自分ってなんだろう?自分らしさってなんだろう?と模索する時期も人間の成長過程の一部と言えます。ストーリーの中でも、自分だけの色にこだわり、それを探し続けるカメレオンの姿が描かれています。しかし、春になり賢い年上のカメレオンと出会うことによって彼の考え方が変わります。周囲に合わせて自分の体の色が変わることはどうにもできないけれど、悩みや自分の気持ちを打ち明けられる存在がいるという喜びに気が付くのです。心許せる存在がいるからこそ、自分らしくいられる。そんなレオニのメッセージが込められているような気がします。自分の心が自分らしくいることができれば、自然と「じぶんだけのいろ」は内からにじみ出てくるのかもしれません。周囲ばかり気になってしまう私は何色?と悩んだときにぜひ手に取っていただきたい一冊です。

img-shop160505-photo0202