ショップトピックス

「ポーラー」しかけ絵本 ~動く写真で見る南極・北極の世界~

以前、しかけ絵本「サファリ」をご紹介いたしましたが、今回はそのシリーズ第3冊目であり翻訳版としては最近出版されたばかりの「ポーラー」を取り上げてみたいと思います。
※第2弾の「オーシャン」はあえて飛ばさせて頂きます。理由についてはお察しください。
IMG_3475

この「動く写真で見る・しかけ絵本」は前回の紹介に重複しますがダン・ケイネンさんとキャロル・カウフマンさんが作った しかけ絵本です。
誰もが驚くのがその仕掛け。ダン・ケイネンさんによる「フォトキュラー PHOTOCULAR」と呼ばれる技術によって、正に動く写真のごとく本の中で動物が動きまくります。そのしかけに子供は勿論大人も見入ってしまうこと間違いなしです。

今回のポーラーではそのタイトル通り、北極・南極で生きる動物たちが紹介されています。
順番にペンギン、ホッキョクグマ、シロフクロウ、セイウチ、そり犬、シロイルカ、トナカイ、そして最後はこれまた素敵な演出が待っています。

まずは表紙のペンギン!「サファリ」のチーターと同じく最初に一番メインになるような目を引く動物を持ってくるあたり、やはりお客さんが手に取りたくなる工夫・術を心得ているとみた!
このペンギンが何とも可愛いのです。というかペンギン自体がまず可愛いのに加えて、それが仕掛けによってヨチヨチと歩くのだからそりゃズルいですよ。
仕掛け(写真)だけでなくポーラーでもサファリと同様に図鑑形式で詳しく動物に関して記述されています。ちなみに写真のペンギンはアデリーペンギンと呼ばれる種類だそうで、他にも6種のペンギンが南極に生息しているんだとか。有名なコウテイペンギンも南極に住んでおり、それに関する記載もなされています。

次はホッキョクグマです。
このホッキョクグマの写真もまた何とも愛らしい画を使っています。子グマが親グマにじゃれる姿は、北極最強の生物であることを忘れさせます。しかし、大人のホッキョクグマは体長2~3mにもなり、90㎏近くあるアザラシを一撃で仕留め海から陸(氷上)に持ち上げるパワーをもっています。一撃ですよっ、一撃!
また、極寒の北極圏で生きるうえでアザラシの肉に含まれるω-3脂肪酸という成分が欠かせないと、アザラシを捕食する重要性なども詳しく記載されています。
IMG_3482

その他の動物もそれぞれ動く写真と共に詳しく記載されています。当館のあるスタッフはシロフクロウを大変推しております。ハリーポッターに出てくるヘドウィグのような見事な毛並みに見入っております。(既に購入済!)子供にも自慢してしまうほどです。
ただ、フクロウにあまり北極のイメージがないのは私だけでしょうか。

しかし、北極にも夏があるのです。この夏と冬があることで生き物によっては大陸間を大移動します。冬は、人は勿論のこと実際にその地に生きる動物たちにとっても大変過酷な時期となります。夏は彼らにとって冬に備えたり、繁殖のタイミングともなる大事な時期です。シロフクロウはその夏だけ北極を訪れるのです。

ただ、こういった彼らの環境が今脅かされています。それは多くの方がご存知の地球温暖化の問題です。
北極海では海氷が年々薄く小さくなっているそうです。氷には太陽の熱を反射する役割があるそうで、それが失われ海水となってしまうと海は熱を吸収しやすいため更に温暖化の影響が進んでしまうのです。
北極・南極の氷が解けることである国の地域では海面上昇の問題なども起こっており、人間社会に大きな影響になっていますがそれ以上にその地に生きる動物たちにとって事は深刻です。
住むことに適した場所や捕食するための環境が失われ、またそれによって生態系や食物連鎖のピラミッドが崩れれば最後にまっているのは「種」の絶滅です。

この本は絵本であれどそんな難しい問題もキャロル・カウフマンさんの言葉で綴られています。
このシリーズの素敵なところは、大人も引き込むすごい仕掛け(動く写真)を備えることでこういった問題についても考えるキッカケに繋がることだと思います。子どもと一緒に親御さんもぜひ北極で暮らす動物たちの世界に触れてみてください。

最後に、前述に記載した最後の素敵な演出。それはオーロラです。
動く写真の利点を生かして北極の幻想的な魅力を表現しています。オーロラの仕組みについては実際にご覧になってご確認ください。私には?な部分が多いので・・。
原理はどうあれ地球の神秘には変わりありません。

宇宙は無限に広がっていると言いますが、生物が住める(可能性がある)星というのはほとんどないそうです。生きているということ自体がオーロラ以上に神秘なのです。
子どもと一緒に地球のこと、考えてみては如何でしょうか。
IMG_3481


琉球ガラス 銀河シリーズ

今回は銀河シリーズの「銀河グラス」と「銀河ぐいのみ」の2点をご紹介します。先日ご紹介した、深海シリーズの「深海小皿」と同じ琉球ガラス食器です。こちらは琉球ガラス村グループの職人さん、末吉清一氏によって制作されています。釣りを趣味とする末吉氏が慶良間諸島(けらましょとう:那覇から西に40km離れた、有・無人あわせて20あまりの島々から成る。「ケラマブルー」と称される美しい海は、国内外から注目を集める。)に夜釣りに行き、月光照る浜辺から見上げた夜空から着想された作品です。

琉球ガラス銀河シリーズ_2

真に黒い夜空一面に、無数の星が輝いていたのでしょうか。漆黒のガラスには星々が銀箔で華やか且つ繊細に表現されています。漆黒のガラスに混ざるブルーとそのグラデーションは、宇宙に広がる星雲を連想させ神秘的な空間に引き込まれるかのようです。作品1つ1つに表現されている星空は1つとして同じものはなく、また光の当たり具合でその表情も変わります。

ガラス工芸は透明感があるものが一般的ですが、「見上げたあの夜空をなんとか表現したい」という末吉氏の想いから、約2年の試行錯誤の末に生まれたのが「銀河シリーズ」です。深い黒ガラスと金銀の粉を散らして作られたデザインはたちまち人々を魅了し、琉球ガラス商品のなかでも大人気のシリーズとなりました。「匂いや風の音まで感じる器を作りたい」という末吉氏の心に常にあるコンセプトが、私たち見るものを惹き付けるのかもしれません。

当館でご用意している銀河シリーズは、銀河グラスと銀河ぐいのみの2点ですが、その他にも徳利、杯、皿の作品があり、これらは平成24年4月に伊勢神宮に奉納されたことでも注目を集めました。日常的に使っても良し、特別な日用にスペシャルグラスとして使っても良し。美しい銀河の景色と共に今まで以上に美味しい口当たりを楽しめそうです。

ちなみに、この原稿を書いた夜、ふと見上げた夜空に満月のお月様と流れ星を1つ見つけました。なんだかとっても幸運を引き寄せた気持ちになり、その日はルンルンで帰路に着いた私です^^

◇電話でのご注文もご利用頂けます。
ご質問等ございましたらお気軽にミュージアムショップ担当までお問い合わせくださいませ。
Tell:0267-46-8691
ミュージアムショップ担当:小山、宮坂、髙浦

琉球ガラス銀河シリーズ_1
琉球ガラス銀河シリーズ_3

モビールを作ろう!‐Mobile Art(モビール・アート)‐

当館自慢の広々としたショップの中で、商品は棚の上に並んでいるだけではありません。
天井を見上げると…ゆらゆらと揺れるモビールが!
たくさんの種類のモビールが自分で自由に作れる、「Mobile Art(モビール・アート)」のご紹介です。

MobileArt_3

モビールとは、もともとは天秤のような形とその仕組みを利用したオブジェのことで、ぶら下がった天秤型の一方がもう一方の重りの役割を果たし、やじろべえのようにバランスを保ちます。そして風に吹かれると、不規則にゆらゆらと揺れたり水平に回転したりして、二度とない表情を常に作り出します。1933年頃にアメリカの彫刻家アレクサンダー・カルダーが編み出した現代美術の様式の一つで、その後まもなく家庭の装飾品として取り入れられるようになりました。

こちらはそんなモビールが自宅で手軽に作れるキットです。
一冊の本の中に様々な絵柄の型紙がテーマ別に入っています。かわいらしい動物から、ハートやレース模様、さらにハロウィンのカボチャやクリスマスツリーといった季節の絵柄まで、充実のラインナップです。
ガイドの線に沿ってはさみで切って、穴をあけ、好きな色のリボンや紐を通して繋げれば、簡単におしゃれなモビールが作れます。
お部屋の雰囲気に合わせて、また季節ごとにモチーフを変えたり、お誕生日会など特別なときの飾り付けに使うのも素敵です。自分で好きなように組み合わせてオリジナルの一本を作るのはもちろん、付属のガイドブックには各型紙(モチーフ)の使用例が写真で紹介されているので、ぜひ参考にしてみてください。

さて、こちらは再び当ショップのディスプレイ。
こちらでは各モチーフを繋げるのに手芸用のテグスを使用しています。透明なテグスを使うことで、まるでモチーフ一つ一つが宙に浮いているように演出することが出来ます。
さらに応用編、同じくショップで取り扱っている絵本のキャラクターのダイカットポストカードを使って、より楽しく賑やかなモビールにしてみました。他にも、たとえばお気に入りの絵や写真を切り抜いて組み合わせることで、世界にたった一つの素敵なモビールが出来あがります。

アイデアと工夫次第で様々な作品が作れるモビール。
現代アートの世界から生まれて私たちの生活に溶け込んできモビールは、美術館のお土産としても、またお子さまには夏休みなどの自由工作にもおすすめです。お手軽なアート体験をぜひこの機会に楽しんでみてください。

◇電話でのご注文もご利用いただけます。
 ご質問等ございましたらお気軽にミュージアムショップ担当までお問い合わせください。
 Tell:0267-46-8691
 ミュージアムショップ担当:小山、宮坂、髙浦

MobileArt_2