ショップトピックス

スイミー ちいさなかしこいさかなのはなし <スイミーに込められたメッセージとは?>

スイミー。世界中で翻訳され、日本でもロングセラーを記録するレオ=レオニの代表作とも言えます。長年子供にも大人にも愛され続けてきた懐かしい物語の1つ。私も小学生の頃をふと思い出しました。国語の教科書に載っていて、いつも後回しにしていた家での音読も、スイミーの時は1ページ1ページ挿絵をじっくり見ながら読んでいました。今日は当館のレオ=レオニシリーズの1つとして取り扱っているスイミーをご紹介します。
IMG_3356

小さな赤い魚の群れの中に、一匹だけ黒いスイミー。でも泳ぐのは誰よりも速い。ある日仲間は大きなマグロに食べられてしまうが、スイミーはただ一匹生き残る。必死に泳いでたどり着いたところは、来たこともない未知の世界。最初は心細く不安げだったスイミー。だけれど、見たこともない素晴らしい、面白い景色に出会ううちに元気を取り戻す。そんなときスイミーは大きなマグロに怯える小さな魚たちを見つける。スイミーは自分が目になり、みんなで大きな魚のふりをして泳いでマグロを追い払うことを思いつく。みんなで気持ちを1つにして大きな魚みたいに泳げた時、マグロは背中を向けて逃げて行った。

スイミーと小さな魚たちが、力を合わせてマグロを追い出した場面で終わるこの物語は、「みんなで力を合わせれば大きな力を発揮できる」ということがテーマだと受け取られがちですが、作者レオニが伝えたかった真のメッセージは全く別のところにあったようです。そして、そこにはレオニ自身の背景が深く関わっていたのです。

アメリカの新聞社でグラフィックデザイナーとして働き、「あおくんときいろちゃん」で作家デビューを果たしたレオニ。まさに立身出世の真っただ中だったのにも関わらず、アメリカでの名声を捨て、故国イタリアへと帰国しています。その後、イタリアで本格的な芸術活動を始め、次々と絵本を作成、出版していきます。その頃のレオニは、もはやグラフィックデザイナーとしての技術を越え、思想家、哲学者としての表現を盛り込んだ作品を作るようになります。イタリアで一人芸術活動を進める中、第二次世界大戦が終わった世界で「自らが政治的にどういう役割を担えるのか」と模索した時期もあったレオニ。そんな自身を彼は、他の魚と違った特徴をもった黒い魚、スイミーに投影したのです。

仲間を失い、孤独に海をさまようスイミー。最初は寂しかったけれど、ふと回りを見れば美しい世界が広がっていることに気が付き、またその中で自分という存在を意識し始めます。つまり、ここでは孤独の中で自分を見つめることにより、自己認識を深めるというメッセージが込められているのです。そして他の魚とは違う体の色を活かし、「ぼくが目になろう」と魚たちを先導してマグロを追い返すという展開。レオニは異分子であるスイミーを通して、人々にはそれぞれ個性と役割があるということ、そして、芸術家として他の者が見えないものを見ることのできる人間がいるということを伝えたかったようです。

彼のアトリエに近所の子供たちを集めてスイミーの読み聞かせをしたとき、「黒いおさかなは、絵を描く人に似ているとは思わない?この絵本をつくったような絵描きさんに。」と問いかけたそうです。そこからは、レオニが芸術家として物作りを続けきたことに誇りを持っていたことがうかがえます。物語を通して人々にメッセージを伝える。きっと彼は自身の役割を心から愛していたのでしょう。

レオニの書いた作品は誰もが読みやすい物語になっていますが、その裏には意味深いメッセージが込められています。小さなお子さんにはちょっぴり難しい要素も・・・。しかし、メッセージはどれも私たち人間が自分らしく、人間らしく生きるための彼からのアドバイスのような気がします。日々の生活に追われると、いつの間にか忘れかけてしまいがちな大切な心得とも受け取れます。読み手の心にいつまでも残る懐かしの物語、もう一度手に取って読んでみてはいかかが?
IMG_3361

◇電話でのご注文もご利用いただけます。
ご質問等ございましたらお気軽にミュージアムショップ担当までお問い合わせください。
Tell:0267-46-8691
ミュージアムショップ担当:小山、宮坂、髙浦


スクラッチ&スケッチ <子供も大人もワクワクしちゃうスケッチブック!>

黒い画面を削るとあら不思議!キラキラ、ピカピカ光る色が出てきて、自由にイラストを描いて遊べるスケッチブック!小学校の図工の時間に、画用紙にクレヨンでカラフルに色を塗り、その上から黒のクレヨンで塗りつぶした後、爪楊枝で色を削り出して絵を描いたことはありませんでしたか?こちらの商品は自分で色を塗るという下準備の手間がなく、好きなイラストを好きなように描くだけ!20ページ分のひっかき絵が楽しめちゃいます。
IMG_3375

真っ黒なページからどんな色が出てくるのかワクワクするのが一番の楽しみどころのこのアクティビティ。付属で付いている木製ペンを使って削っていきます。下地にはキラキラしたものや虹色のグラデーションが施されているので、ワクワク感も倍増です。削り出すとは言っても、普段クレヨンを持つ力加減で簡単に描けてしまうので、小さなお子さまでも安心してお楽しみ頂けます。

シリーズ別にテーマがあり、当店では「ファッションショー」、「恐竜の世界」、「ドラゴンと神話」、「海の中」、「乗り物」の計5種類を取り扱っています。中を開けてみると、右側に真っ黒なページ、そしてその反対側、見開きのページにはテーマに合わせたイラストがお手本としてあります。お手本を真似て削ってみるのも良し、自分の好きなイラストや柄を自由に削ってももちろんOKです。男の子にはかっこ良いものが描ける恐竜やドラゴンシリーズ、女の子には素敵なドレスやアクセサリーが描けるファッションショーシリーズが人気です。
IMG_3363

また、スクラッチブックの後ろの方には下書き用で使えるフリーページがあるので、アイディアプランをじっくり練ることだって出来ちゃいます。付属の木製ペンはペン先が太目ですが、爪楊枝や串、割りばしなどを使ってラインのバリエーションを増やして描くのもオススメです。

さらに、ハロウィンやクリスマスなど、季節に合わせたシリーズも毎年販売しておりますので、どうぞお楽しみに。

子どもに買ったはずなのに、なぜか大人もハマっている・・・「ちょっとだけ貸して」が夢中になって楽しんでいたなんてことも耳にします。主にお子様向けの商品ですが、大人の方にも十分楽しんでいただけるスケッチブックです。

◇電話でのご注文もご利用いただけます。
ご質問等ございましたらお気軽にミュージアムショップ担当までお問い合わせください。
Tell:0267-46-8691
ミュージアムショップ担当:小山、宮坂、髙浦


「ポーラー」しかけ絵本 ~動く写真で見る南極・北極の世界~

以前、しかけ絵本「サファリ」をご紹介いたしましたが、今回はそのシリーズ第3冊目であり翻訳版としては最近出版されたばかりの「ポーラー」を取り上げてみたいと思います。
※第2弾の「オーシャン」はあえて飛ばさせて頂きます。理由についてはお察しください。
IMG_3475

この「動く写真で見る・しかけ絵本」は前回の紹介に重複しますがダン・ケイネンさんとキャロル・カウフマンさんが作った しかけ絵本です。
誰もが驚くのがその仕掛け。ダン・ケイネンさんによる「フォトキュラー PHOTOCULAR」と呼ばれる技術によって、正に動く写真のごとく本の中で動物が動きまくります。そのしかけに子供は勿論大人も見入ってしまうこと間違いなしです。

今回のポーラーではそのタイトル通り、北極・南極で生きる動物たちが紹介されています。
順番にペンギン、ホッキョクグマ、シロフクロウ、セイウチ、そり犬、シロイルカ、トナカイ、そして最後はこれまた素敵な演出が待っています。

まずは表紙のペンギン!「サファリ」のチーターと同じく最初に一番メインになるような目を引く動物を持ってくるあたり、やはりお客さんが手に取りたくなる工夫・術を心得ているとみた!
このペンギンが何とも可愛いのです。というかペンギン自体がまず可愛いのに加えて、それが仕掛けによってヨチヨチと歩くのだからそりゃズルいですよ。
仕掛け(写真)だけでなくポーラーでもサファリと同様に図鑑形式で詳しく動物に関して記述されています。ちなみに写真のペンギンはアデリーペンギンと呼ばれる種類だそうで、他にも6種のペンギンが南極に生息しているんだとか。有名なコウテイペンギンも南極に住んでおり、それに関する記載もなされています。

次はホッキョクグマです。
このホッキョクグマの写真もまた何とも愛らしい画を使っています。子グマが親グマにじゃれる姿は、北極最強の生物であることを忘れさせます。しかし、大人のホッキョクグマは体長2~3mにもなり、90㎏近くあるアザラシを一撃で仕留め海から陸(氷上)に持ち上げるパワーをもっています。一撃ですよっ、一撃!
また、極寒の北極圏で生きるうえでアザラシの肉に含まれるω-3脂肪酸という成分が欠かせないと、アザラシを捕食する重要性なども詳しく記載されています。
IMG_3482

その他の動物もそれぞれ動く写真と共に詳しく記載されています。当館のあるスタッフはシロフクロウを大変推しております。ハリーポッターに出てくるヘドウィグのような見事な毛並みに見入っております。(既に購入済!)子供にも自慢してしまうほどです。
ただ、フクロウにあまり北極のイメージがないのは私だけでしょうか。

しかし、北極にも夏があるのです。この夏と冬があることで生き物によっては大陸間を大移動します。冬は、人は勿論のこと実際にその地に生きる動物たちにとっても大変過酷な時期となります。夏は彼らにとって冬に備えたり、繁殖のタイミングともなる大事な時期です。シロフクロウはその夏だけ北極を訪れるのです。

ただ、こういった彼らの環境が今脅かされています。それは多くの方がご存知の地球温暖化の問題です。
北極海では海氷が年々薄く小さくなっているそうです。氷には太陽の熱を反射する役割があるそうで、それが失われ海水となってしまうと海は熱を吸収しやすいため更に温暖化の影響が進んでしまうのです。
北極・南極の氷が解けることである国の地域では海面上昇の問題なども起こっており、人間社会に大きな影響になっていますがそれ以上にその地に生きる動物たちにとって事は深刻です。
住むことに適した場所や捕食するための環境が失われ、またそれによって生態系や食物連鎖のピラミッドが崩れれば最後にまっているのは「種」の絶滅です。

この本は絵本であれどそんな難しい問題もキャロル・カウフマンさんの言葉で綴られています。
このシリーズの素敵なところは、大人も引き込むすごい仕掛け(動く写真)を備えることでこういった問題についても考えるキッカケに繋がることだと思います。子どもと一緒に親御さんもぜひ北極で暮らす動物たちの世界に触れてみてください。

最後に、前述に記載した最後の素敵な演出。それはオーロラです。
動く写真の利点を生かして北極の幻想的な魅力を表現しています。オーロラの仕組みについては実際にご覧になってご確認ください。私には?な部分が多いので・・。
原理はどうあれ地球の神秘には変わりありません。

宇宙は無限に広がっていると言いますが、生物が住める(可能性がある)星というのはほとんどないそうです。生きているということ自体がオーロラ以上に神秘なのです。
子どもと一緒に地球のこと、考えてみては如何でしょうか。
IMG_3481