ショップトピックス

シュルレアリスムとその展開

2016年10月15日(土)から、当館2階の美術館で新たに始まった企画展、「シュルレアリスムとその展開 マックス・エルンスト 上原木呂-特別招待:ヤン・シュバンクマイエル-」。ダリやマグリットが注目を集める日本で、上原木呂はマックス・エルンストに衝撃を受け、シュルレアリスムの本質を追究し続けてきました。今回、上原による一連のコラージュ《眼球國譚》(2003年)と、本邦初公開となるエルンストのコラージュ・ロマン『百頭女』(1929年)の初版フルセット147点を並べて展示します。特別招待としてヤン・シュヴァンクマイエルを迎え、シュルレアリストたちの実践の日々を追います。こちらの企画展は2017年4月9日(日)までの開催予定です。軽井沢にお越しの際にはぜひ軽井沢ニューアートミュージアムにお立ち寄りくださいませ。

img-shop1610125-photo0101

さて、2階の展示に合わせ、ミュージアムショップにはシュルレアリスムコーナーが出来上がりました。今回の企画展に作品を出展中の作家、上原木呂、マックス・エルンスト、そしてヤン・シュバンクマイエルに関する書籍や絵本、DVD、ポストカード、ポスターなどを取り扱っています。上原の作品を用いたポストカードは全部で8種類。ばら売りとセット売りをご用意しました。記念のお土産におススメです。また、1929年にマックス・エルンストが制作した伝説のコラージュ小説「百頭女」を数量限定で販売!19世紀の挿絵本やカタログの木版画が切り貼りさせているのが特徴的です。中古商品ではありますが、今や絶版となり入手困難な初版本を、出版当初と同じ価格で特別販売しています。数に限りがありますのでご希望の方はお早目にどうぞ。

img-shop1610125-photo0103

その他に、サルバドール・ダリやルネ・マグリットの名だたるシュルレアリストの作品をモチーフにした雑貨やポストカードの販売、また、約500年前、ルネサンス期に活動していた画家、ヒエロニムス・ボスの作風をモチーフにしたアイテムも取り入れ、シュルレアリスムをより身近に感じてもらえるようなコーナーにつくり上げました。2階の展示を見てシュルレアリスムに興味を持った方、もっと深く知りたい!学びたい!と思った方、もちろんシュルレアリスムファンにも楽しんでもらえるブースになっています。

img-shop1610125-photo0102