ショップトピックス

クロード・モネのカレンダー

夏が終わり、残暑がありつつも9月は秋の始まり。秋を越えれば冬。そして年の暮れ。一年とは早いものです。と、さすがに気が早すぎるかもしれませんが、1年の三分の二を消化したこの時期、季節的にそろそろカレンダーを選び始めても良いのではないでしょうか?

img-shop160906-photo0101

今年、当館ではいつもより種類を多く、アートなカレンダーを取り揃えております。
その筆頭として、今回まずご紹介するのはモネのカレンダーです。
モネカレンダーは今回なんと3種類をご用意。モネは印象派を代表する作家であり、睡蓮など多くの代表作があります。光の画家とも呼ばれた彼の作品は、豊かな色彩と温かみに富み、カレンダーとして飾るのにもピッタリなのではないでしょうか。

img-shop160906-photo0102

それぞれ簡単にご紹介。
一つ目は、花をモチーフとしたモネの作品で12ヶ月を構成したタイプのカレンダー。
代表作の「睡蓮」も入りつつ、夏には季節感ある「ひまわり」がやってきます。ちなみに、表紙の作品は「菊」。モネの作品の中では室内の花を描いた作品は珍しいのだとか。
春は勿論、冬にも鮮やかな花の作品が充てがわれ、1年通して綺麗な雰囲気をお楽しみ頂けます。

img-shop160906-photo0103

続いては、花ではなくモネ作品全般をテーマに構成したカレンダー。代表作を中心に12枚が選ばれています。同じく「睡蓮」に、「日傘の女」、「ジヴェルニーのモネの庭の小道」等。
こちらは四季を意識した構成になっており、夏には海の見える風景画「プールヴィルの断崖の上の散歩」、冬には雪景色の作品「かささぎ」がきます。
モネの作品が好きな方にはぜひオススメです。

そして、もう一つのモネカレンダーは作品ではなく、モネが晩年を過ごしたフランス・ジヴェルニーの家、その庭の写真のカレンダーです。
モネの家・庭は、現在は観光名所にもなっており、大規模な修復工事によってモネが実際に見たであろう当時の美しい庭を今も楽しむことが出来るそうです。
写真もモネの作品と同じ構図で撮られており、作品を見るのとは違った形でモネの文字通り制作風景を知ることが出来ます。

それぞれ大きめの壁掛けタイプです。作品タイプの2つはパッケージ状態で30×30cm、広げて縦60cm、庭写真タイプは33×30cmの広げて縦66cm。
大きい画面で、作品と同じように1年の生活に優しい彩りを与えてくれますよ。