ショップトピックス

竹食器 スープカップセット

天然素材の質感とデザインにこだわった仲吉商事さんの竹食器ブランド、RIVERET(リヴェレット)。当店にスープカップセットが新商品として入荷いたしました。これからは温かいスープが恋しくなる季節(まだまだ夏日が続きますが・・・)。一足先に、秋・冬支度が楽しくなる商品をご紹介いたします。

img-shop160828-photo0303

以前ご紹介したビアグラスやワイングラス、ティーカップと同じく、天然孟宗竹を100%使用したスープカップは軽さに優れ、スープの味わいを邪魔することのない程よい薄さの飲み口が特徴的です。竹を燻すことで色を変えたブラウンをメインに使用し、持ち手の部分は竹本来の色のホワイトを上品にあしらいました。スープカップとセットになっているスプーンは、カップの持ち手の部分と同じホワイトを使用。柔らかい丸みを帯びたその曲線のデザインは優しく手に馴染み、美味しいスープをより一層味わい深いものにしてくれるでしょう。固めの材質が特徴的な竹は落としても割れにくく、小さなお子様でも安心してお使い頂けます。

img-shop160828-photo0301

スープが飲みたくなる冬の朝。お気に入りのスープカップがあるだけで、寒い朝も乗りきれちゃいます。このカップにどんなスープを入れよう?とレシピのレパートリーも増えるかも!?しっかりした箱付きなので、ギフトとしても喜ばれるおススメ商品です。

しかし、陶器やガラスよりも竹食器はお手入れが大変なのでは・・・というお客様の声もちらほら。そこで本日は、お客様により長くご愛用していただくために、正しい竹食器のご使用方法をご紹介します。これからご購入を予定されている方も是非参考にしてみてください。(公式ホームページを参考)

Q1. 油ものや熱いものは大丈夫?電子レンジは使用できますか?
A. 70℃前後のお湯を注ぐ程度ならば問題なく安心してご使用いただけます。竹の内部までコーティングを浸透させているので、剥がれる心配はありません。しかし、電子レンジやオーブンはコーティングが剥がれたり、変形、発火の恐れがあるので使用できません。

Q2. 色の濃い料理は染み込まない?
A. 6層にも及ぶ独自開発のクリアコーディングを竹内部にまで浸透させているので、ワインやコーヒーはもちろん、色の濃いお料理やお醤油だって染み込まず色移りはしません。

Q3. お手入れは大変?
A. 他の食器と同じように、柔らかいスポンジを使い食器用中性洗剤で洗っていただければ大丈夫です。また、漂白剤や研磨剤が含まれた食洗器用洗剤はご使用になれませんが、設定温度70℃以下の家庭用食器洗浄機に対応しています。

Q4. コーディング塗料は体に害はないの?においは?
A. クリアコーディングで施すウレタン塗装はもちろん「食品衛生法」をクリアしています。においの原因となりやすい塗装後は、徹底した乾燥工程を経て、さらに一つ一つを湯煎することで塗料のにおいをとばしています。また、完成品の状態で繰り返し公的機関による溶出試験を行い、目に見えない部分においても安全を確かめています。万が一、使い始めににおいが気になる場合は、70℃程度のお湯を注ぎ、冷めるまで放置します。これを数回繰り返すことで、においを取り除くことができます。

Q5. 修理はできるの?
A. 一度欠けなどが発生してしまうと修理をしても同じところからまたヒビ割れ等がおこりやすくなってしまいます。破片による怪我や誤飲等を防ぐため、基本的には修理不可とさせていただいています。

Q6. どうして竹なの?
A. 製品に使われる孟宗竹は、3~5年という非常に短いライフサイクルで成長し、地下茎をもつため植林の必要もありません。竹は最小限の土地で繰り返し利用できる天然資源なのです。環境問題・温暖化問題の一因である森林伐採を食い止める有効な資源活用法の一つとして注目されています。また竹は一般的な木材と比べ、倍以上の強度をもち、フィトンチッドを多く含むため、抗菌・殺菌・脱臭性、さらには癒しや安らぎを与える効果まで兼ね備えています。竹は子供達の未来へと続く、地球にやさしい天然素材なのです。

スープやポタージュ・・・今年の冬はとっておきのスープカップとともに美味しいお料理を頂いてみませんか?

img-shop160828-photo0302