ショップトピックス

yosico-ちいさな命が、きらきらと輝く-

私たちの日常や身近な自然の中にいつも存在している、愛おしくて、心躍る存在たち。
それらを見つめ、独特のゆる~いタッチと世界観で描く作家のyosico(ヨシコ)さん。
ショップ企画展「ANIMAL MUSEUM(アニマルミュージアム)」に、アクセサリー他雑貨にて出展中です。

img-shop160806-photo0203

yosicoさんは岐阜県にある陶器の町出身。金沢美術工芸大学を卒業後、事務用品メーカーで大好きな文房具の企画・デザインに携わります。事務用品メーカーを退社後は、本やWeb媒体などのイラストを手がけるほか、自身の作品をもっと身近な生活の中に取り入れて欲しいとの思いから、オリジナルのイラストやハンコで作った模様の雑貨・アクセサリーなどを製作・販売しています。

生き物の観察が好きだというyosicoさん。その興味の対象は、花や木、身の回りにいる虫や動物たち、ときには微生物や菌など(!)といった目に見えないものまで及びます。
そしてそれらの生物たちは、ひとたびyosicoさんの目と指先を介することで、yosicoワールドの住人たちへと姿を変えます。
素朴であたたかみのある手描きの線とカラフルな色使い。親しみとユーモア、そしてどこか懐かしさも感じるような表情豊かな生き物たちに、つい眺めながら笑みがこぼれてしまいます。

img-shop160806-photo0201

そんなyosicoさんのイラストを存分に味わえるのはこちらのアクセサリーたち。
ピンブローチ、ひとつぶピアス、そして耳にとりつくキュートなオバケのピアス・イヤリングなどがあります。
一番人気はピンブローチ。ひとつぶピアスはそのまま片耳だけに付けてもいいですが、好きなモチーフを二つ選んで、自分だけの組み合わせを楽しむのもまた素敵です。

img-shop160806-photo0202

一方こちらは、ハンコを並べて作った模様のグッズ。
「ブックカバーにもなるイラストペーパー」は、しっかりとした厚みとまるで布地のような質感が手に心地よい、他用途に使えるアイテムです。そのままランチョンマットのようにしたり、身の回りの小物を飾ったり、また裏のガイド線に沿って折ればあっという間に文庫本サイズのブックカバーにもなります。
限られたモチーフ、シンプルな形の組み合わせ、計算された配色。よりスタイリッシュな雰囲気も感じさせながら、やはり生き物たちの表情は豊かで愛嬌たっぷり。また単純な形を並べることで海や山など、自然の風景を描き出した一枚もとてもきれいでおすすめです。
こちらも絵柄・グッズの種類ともにたくさんあるので、ぜひ一つ一つゆっくり眺めて楽しみながら、自分だけのお気に入りを見つけてください。

あわただしい毎日の中でつい見過ごしがちな、実は私たちのすぐ身近にいる、小さくて愛おしい存在の数々。yosicoさんのアクセサリーや雑貨を身に付けたり、生活の中に取り入れることで、そんな彼らの存在を思い起こさせてくれる、そんな気がします。
今年の夏はyosicoワールドに浸りながら、久しぶりに深呼吸して、ゆっくりとした時間を過ごしてみませんか?