ショップトピックス

砡ちろりセット

ショップで取り扱っている琉球ガラスに新たに作品が加わりました。
今回は「砡ちろりセット」のご紹介です。

img-shop160707-photo0301

普段お酒を飲まれない方には名前だけではあまりピンとこない方もいらっしゃるかと思います。「ちろり」とは、酒の燗をする(加熱する)道具のことをいいます。つまり、こちらは茶器ではなく酒器になります。

では、「砡」とは何か。
良く見ると分かりますが、この作品は不透明な白色のガラスに青色の透明度のあるガラスを重ねて作られているのです。そして、この白色、乳白色の不透明ガラス(内側)のことを砡ガラスと呼び、それが「砡」と名の付く理由です。
「砡」は「玉」が語源とされており、美しく貴いもの。宝石。といった高貴な意味がある言葉です。純白に輝く乳白ガラスは玉に例えられ、職人たちの間で「砡」として呼称されるようになったそうです。

不透明であることには透明ガラスと比べると紫外線を通しにくいという利点があります。
また、不透明だからと言ってガラスが持つ艶や輝きは損なわれる訳ではありません。色自体の濁りのなさと剥き卵のような滑らかさ、ガラス質が持つ艶・輝きが透明ガラス以上に透き通るような美しさを見せてくれます。
青いガラスだけでは演出できない、より上の高級感を砡ガラスを重ねることで表現しています。

どこか東洋、アジアンテイストなそのディティール。
酒器ではありますが、勿論これからの時期、急須代わりに冷たいお茶を注ぐのも良いでしょう。そのデザインからもちょっとした「涼」を感じていただける事と思います。ただし、茶こしが付いていないのでそれに合う物をご用意ください。

それともう一つ、一番ご注意いただきたいのが温度です。
こちらは耐熱ガラスではありません! 耐熱温度は40°までですのでご注意ください。
ですので、こちらは熱燗ではなく、人肌燗(37度ほど)や、冷や(常温)以下でお酒を飲まれる際にご使用ください。

商品は、盃2つとちろりのセットです。いつもとちょっと違った雰囲気で、ぜひご夫婦(カップル)で晩酌などされてみては如何でしょうか。

img-shop160707-photo0302