ショップトピックス

本当に美味しいデカフェを求めて-軽井沢焙煎所から-

突然ですが、コーヒーはお好きですか?
豆の産地や淹れ方にもとことんこだわる!通な方にも、妊婦さんや、何杯も飲んだ時のカフェインが気になる…そんな方にも、ぜひ試してほしい一杯、入荷しました。

img-shop160519-photo0301

東京・墨田区のスペシャルティコーヒー自家焙煎店である【カフェシュクレ】さんと、そこで展開されているデカフェ(カフェインを取り除いたコーヒー)専門ブランドである【innocent coffee(イノセント・コーヒー)】。その新たな焙煎ファクトリーが、昨年中軽井沢に【軽井沢焙煎所】としてオープンしました。
そして今回、【軽井沢焙煎所】で人気のコーヒーたちが、KaNAMミュージアムショップでも取り扱いが始まりました。

ショップで販売中の商品は、定番の粉コーヒーやドリップパック、アイスコーヒーなど。
中でもおすすめはやはり、軽井沢の名前を冠した「軽井沢ブレンド」シリーズです。
軽井沢と一括りに言っても、実は地域によって微妙に飲み水の硬度が違ってくるのだそうで、「軽井沢ブレンド」は、そんな軽井沢の硬水・軟水どちらで淹れても美味しく味わえるように焙煎、ブレンドされているのだそうです。まさに“軽井沢でみんなが一番美味しく飲める”そんなうれしいコーヒーです。
「軽井沢ブレンド」シリーズは、五杯分が入ったドリップパックと、持ち運べるサイズの350mlペットボトルなどをご用意。気軽にお試し、ちょっとした軽井沢土産にも最適なサイズです。

そしてすべてのコーヒーに共通する最大のこだわり、それは一言で“コーヒーへの愛情”。
コーヒー豆を、最高の鮮度と味を保った状態で飲む人へ届けたい―そんな思いを純粋に突き詰めてゆくことで、自然とそれが製品になるまでのすべての過程・人へも同じように愛情が注がれてゆくようになります。
扱うのは、一貫した体制で栽培・精製され、その情報すべてが公開されていることで味の評価にもつながっている「シングルオリジン」。さらにその中でも流通全体量の5%に満たないと言われる最上質な「スペシャリティコーヒー」のみ。
コーヒー豆も、スーパーで手にとる野菜や果物も、同じ農作物。そう考えてみると、その産地や生産方法にこだわることは、ごく自然なのかも知れません―が、その上をゆくこだわりは他にも。
豆からカフェインを抜く方法は、もっとも安全で環境にも優しい二酸化炭素による抽出方式をドイツの専門工場で実施。豆の粒が揃っている(=雑味のない)ものだけを厳選し、「手網焙煎」という熟練した技術を得たスタッフによって焙煎。そして焙煎後豆がもっとも落ち着くとされる二~三日後に出荷。鮮度を重視するため、焙煎後四日目以降の豆は一切出荷しないという、最後まで徹底したこだわりようです。
そんなこだわりがぎっしり詰まっているからこそ、違いはお湯を注いだその瞬間に分かります。味をしっかりと抽出し、香りをたっぷりと含んだ空気のドームがもこもこと膨らんで、見ているだけでもきっと幸せな気分に包まれるはず。そして一口飲んだらさらに、忘れられない一杯として、きっと記憶に刻まれるはず。

カフェインを99.9%カットしているデカフェだからこそ、時間も場所も、体質も年代も問わず、みんなが楽しむことができます。
他にもきび糖とジンジャー入りのカフェオレベースや、ドリップコーヒーと同じ要領で淹れて冷やせば完成のコーヒーゼリーの素(もちろんすべてデカフェ!)など、揃えればより家族みんなで楽しめる商品もたくさん。
毎日飲むコーヒーだからこそ、自分にも、大切なあの人にも、最上級の愛情が注がれた一杯を、軽井沢から贈ってみませんか?

img-shop160519-photo0302