ショップトピックス

名画のシルクスカーフ

名画をあしらった高級感あるスカーフを今回はご紹介します。フランスのリヨンで作られたシルク100%のスカーフです。

img-shop160519-photo0101

リヨンはフランスの南東部に位置する都市で、約47km²の面積に48万人程が住み、フランスではパリ、マルセイユに次ぐ大都市です。古代から栄えた物資の集散地であり、中世には市の立つ町としてヨーロッパでも有数の交易地として栄えました。また、石畳の古き良き街並みが残る旧市街は「リヨン歴史地区」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。
そして、何よりも絹織物の名産地としても知られており、高級ブランドのスカーフ等、絹織物が用いられた作品のアトリエが数多くあるそうです。

そんなリヨンには、絹織物産業において日本と歴史的に関わりがあるそうで少しご紹介。
元々シルクロードの恩恵でヨーロッパに伝わった絹織物が、リヨンで発展を見せたのは15世紀頃。ルイ11世が南フランスでの養蚕業の発展を指示したそうです。その後、16世紀に入ってからこの地は国から特許が認められ、ヨーロッパでの絹産業の中心地となります。19世紀に入ると、かのナポレオンもこのリヨンを訪れて絹織物産業の保護に努めたそうです。
そんなオシャレな名前の凄い人たちが関わってきたリヨンの絹織物産業ですが、19世紀半ば、蚕の病がヨーロッパ全体に蔓延し、当時世界一を誇っていたフランスの養蚕業・織物業が大打撃を受けます。
その際、注目を浴びたのが日本の上質な生糸と病気に強い蚕です。日本の開国の時期に重なったこともあり、リヨンは横浜港を起点に日本から蚕と生糸を輸入することになったそうです。富岡製糸場が最近世界遺産になっただけになかなか感慨深いお話ですね。

img-shop160519-photo0102

そんな、今もなお絹織物の名産地であり、一流のブランドやデザイナーから支持されているリヨンのスカーフ。当館では複数あるアート柄から「ウィリアム・モリス」、「クロード・モネ」、「パウル・クレー」の3人の作品・デザインを用いたスカーフを選抜してご用意しております。
特にウィリアム・モリスはモダンデザインの父とも呼ばれ、花や植物をモチーフにしたパターンデザインが特徴です。華やかな物から落ち着きのある物まで様々なデザインが存在しますが、モリスのデザインは単なる柄ではなく、生活品に高級感を持たせる装飾と呼ぶべきものです。

スカーフのモリスの柄は、アカンサスという植物の葉をモチーフとしたデザインで、葉を表す装飾として古来より用いられてきた代表的なモチーフでもあるそうです。中世のデザインや手仕事を重んじたモリスにあってしかるべきデザインです。
淡い緑色で、光が透けることでよりやさしい色合いに感じられます。これからの時期に春先~夏にかけてぜひオススメする一点です。

きっと素敵なレディにおフランスの風を吹かせる事でしょう~。

img-shop160519-photo0103