ショップトピックス

ミニステンペル

ドイツ生まれの可愛いミニスタンプ。時々、一見何か分からない方もいらっしゃいます。
種類は100柄以上。定期的に新しい絵柄が登場しそれと合わせてラインナップが見直されているので、ショップスタッフも把握していない新しい絵柄があったりもするので、お客様がレジに持ってきた際に「こんな絵柄もあったのか」と、気づいたり・・。毎回の入荷が楽しみな商品です。
商品は基本、アソート(バラバラ)で100個ずつ入荷しています。なので、何の柄が幾つ入荷したかはスタッフも把握できていません。それに加えて、上記のように新しい絵柄も登場するため「この絵柄はありますか?」と聞かれても、「頑張って探してみてください」としかどうしてもお答え出来ないのです(汗)申し訳ございません。

ミニステンペル_3

ただ、この商品の楽しい所はその「探す」という行為があってこそだと思います。
店頭には、絵柄の簡易一覧(一部の紹介)しかはありませんので、その場ですべての絵柄を把握することはできません。また、アソートですから、一覧の絵柄がそこに入っているかも分かりません。だからこそ、頑張って探し当てた時のちょっとした嬉しさと、探していた物以外で可愛い絵柄を発見したときの楽しさは一入ではなかろうか。
「見つける」楽しさが魅力の商品です。
全体的に動物柄がやっぱり人気なようです。ネコ柄も複数あったり、フクロウ柄は定番ですね。

とはいえ、探すのが面倒というお客様も中にはいます。時間の都合もあるでしょう。
そんな方にはセットがオススメ!
こちらは決められた絵柄が5個セットになっており、パッケージにその絵柄が載っていますので簡単に絵柄を把握することができます。また、あるテーマに沿った絵柄が5個入っていますので、組み合わせて使いやすいのもポイントです。
例えば「スイーツ」にはケーキやアイスクリームなどお菓子の絵柄のセット、「アニマル」にはネコやイヌなど可愛い動物がセットになっています。

また、中にはセットにしかない絵柄もあります。特に5個すべてがセット限定なのが「ミュージアム」と「ジャパン」の2種類です。「ジャパン」には舞子さんや富士山など、日本の文化や名所がセットに。海外のお友達に送る手紙などに押したりするといいのではないでしょうか。それと、「ミュージアム」にはモネやダリ、ピカソなどの有名な芸術家の、代表的な作品をうまくスタンプに取り入れています。ダリの時計などは面白いです。まさにミュージアムグッズとしてお土産に良いのではないでしょうか。

店頭を見ていると一生懸命探しているお客様が多く、意外とスタンプ好きが多いことにビックリ。まだ見ぬ絵柄をあなたもぜひ探してみてください。

ミニステンペル_4
ミニステンペル_2