ショップトピックス

SANTA!

ページを開くとアラ不思議、サンタさんがもの凄いアクティブな動きを見せてくれる、とっても愉快な仕掛け絵本です。
なぜかフラフープをまわしたり、ちゅうがえりをしたりと、サンタのイメージとは一線を画す動きを披露します。はたしてホントにサンタなのか・・、ただ、サンタさんが煙突から入ってくることを考えるとこれぐらい朝飯前なのでしょう(笑)

SANTA!

驚くことに、ページのめくりかたでサンタさんの動きが変化し、ゆっくりめくればゆっくり動き、ページを戻すとサンタさんの動きも逆になります。
これは「スキャニメーション」というトリックアートの技術が使われているからです。
白黒で描かれた絵の上に白黒のストライプのスライドを動かすと、不思議な事に絵が動いて見えるという、ようは見ている人に錯覚を起こさせているからだそうです。

そんな技術が使われているこの本の作者は、ルーファス・バトラー・セダーさんというアメリカ人の方。
彼は作者であると同時に、この本を制作している会社の社長さんでもあるのです。会社名は「Eye Think」といい、この「スキャ二メーション」という技術と、会社名の「Eye」という言葉からも分かる通り、主に目の錯覚を用いた玩具を制作しているそうです。
実際、この書籍もシリーズが多数販売されており、「ギャロップ」、「スウィング」、「ワドル」、などは翻訳された書籍で知っている人も多いのではないでしょうか。更に、他にもスターウォーズやスヌーピー(PEANUTS)のスキャニメーションブックもあるんです。

また、シリーズでも「ギャロップ」と「スウィング」は白黒ですが、「ワドル」とこの「SANTA」はよりパワーアップしてカラー仕様になっています。色があることで白黒のシリーズに比べ、より複雑な絵・動きを演出できるようなりました。だから、サンタさんの動きもよりエキサイティングに!

当館でご紹介するコチラは洋書(原作)になるため、文章はすべて英語ですが、各ページにある文章は「サンタが○○している」といった簡単な短文ですので、子供にも(大人にも)やさしい作りです。
そして何よりも、この絵本の一番のポイントは上記のスキャニメーションによって絵本が動いて見える部分です!だから、言葉をまだ理解できないお子様でもきっと興味をもってくれることでしょう。
クリスマスプレゼントにぜひオススメです。

SANTA! 画像2
SANTA! 画像3(裏面)