ニュース

「アートはサイエンスⅡ」展 アーティスト紹介 #7 伊東篤宏

現在、開催中の「アートはサイエンスⅡ」展に出品いただいている作家さんとその作品を担当学芸員が紹介します!

アートと音楽。もしかしたら、垣根などないのかもしれません。

第7回目は伊東篤宏(いとう あつひろ)さんです。

-----------------------------------------------------

 

明かりを落としたL字型の第5展示室の角を曲がると、突き当りに鮮烈な音と光を放つ作品があります。伊東篤宏さんによる《OPTRON / KaNAM 2017》です。音と光のもとは日常で私達も使っている蛍光灯です。

蛍光灯を点けるとブォンという音がしますが、伊東さんはこのノイズに着目し、 “音具”「OPTRON」(オプトロン)を作りました。OPTRONは蛍光灯の電圧に変化を加えて光の明滅を生じさせ、その通電にともなって発生する電磁ノイズを出力し、エフェクターを使って様々な音を出します。自動に明滅する装置型やギターのような手持ち型などさまざまな形があり、今回展示しているのは蛍光灯を3本ずつ束ねた3点1組のスタンドタイプです。音色は当館の展示室に合わせて調整していただきました。

インスタレーションだけでなく、伊東さんは手持ちのOPTRONでライブパフォーマンスも行っており、国内のみならず、アジア、ヨーロッパ、東ヨーロッパなど海外でも幅広く活動しています。筆者も東京でのライブに伺ったのですが、演奏は常に即興で、会場の雰囲気に合わせてその都度繰り出される閃光とノイズの洪水がグルーヴとなって会場を満たす様は圧巻でした。

インスタレーションとライブ。
その活動は両者の領域を超えて、生まれては消える一瞬一瞬の「リアル」が生成される場として音楽とアートが結びついています。

(学芸員 由井はる奈)

 

*体調の悪い方や光過敏症の方、小さなお子様は光の点滅にご注意ください。

 

○「アートはサイエンスⅡ」展については

こちらから
-----------------------------------------------------

 

伊東 篤宏 (いとう あつひろ)

1965年神奈川県生まれ。1992年多摩美術大学大学院修士課程修了。

【近年の活動】2011年「Simple Interactions. sound art from japan 」(Museum of Contemporary art of ROSKILDE、デンマーク)2014年「鉄道芸術祭」京阪電車なにわ橋駅B-1アトリエ(大阪)2016年「トランス / リアル―非実体的美術の可能性vol.5 伊東篤宏・角田俊也」(ギャラリーαM、東京)、Düsseldorf – Tokyo」Art & Space ここから(東京)など。

【近年の主なパフォーマンス】2011年「NJP SUMMER FESTIVAL 21ROOMS」(ナム・ジュン・パイクアートセンター、韓国)2012年「SONAR バルセロナ」w / Diamond Version Sonar Hall (バルセロナ)2015年「ACT Center in Gwangju / South Korea 」w / Diamond Version (広州、韓国) 2016年「X / groove space」w / セバスチャン・マティアスグループ(デュッセルドルフ、ベルリン、東京、フランクフルト)

 

◯3月のスケジュール:

  • 3/3(土) ZVIZMO

@ 新大久保 EARTHDOM

「SCUM BIRTHDAY2018」

open / start 15:00 / 16:00 adv / door ¥3000/¥3500(+1drink)

STAGE:

・ZUVIZMO(テンテンコ+伊東篤宏)+山本精一

・NEW MANUKE

・KILLER-BONG+吉兼聡(ZAZEN BOYS)+山本達久

・Omega f2;k

・嶺川貴子

・2up

・ KURUUCREW

etc…

more info:  http://www1.odn.ne.jp/~cfs81480/index.html/menu.html

EARTHDOM

東京都新宿区大久保2-32-3 リスボンビルB1

TEL 03-3205-4469

————————

  • 3/17(土) Session (Letters)

@ 桜台 pool

「EGOCRACY」

open/start 14:00/14:20

ADV     ¥2500+1d

DOOR ¥2800+1d

BRUTALOMANIA(Spain)

GYAKUSATSU(Spain)

TUBE TENTACLES(Spain) SOLMANIA SLUR DISGUNDER

Letters

OUR WRONGS

Final Exit

Asocial Terror Fabrication Cecilia

ゆれつずける

NAPALM DEATH IS DEAD + SPACE GRINDER.

桜台 pool :

練馬区 桜台 1-7-7

シルバービル B2F

————————

  • 3/18(日) ZVIZMO

@ 旧 劇場 /黄金町 横浜

17:30 open / 18:00 start

¥2000

ACT:

  • Kohhei Matsuda

(Bo Ningen)

  • ZVIZMO

(伊東篤宏 × テンテンコ)

旧 劇場 :

横浜市中区末吉町3-49

ABOUT

—————————-

  • 3/21(水) Solo & Session

@ 西麻布 Bullet’s

伊東篤宏presents…

TRONITO  79

19時〜

エントランス: フリー

1st DRINK千円

LIVE>

伊東篤宏 [OPTRON]

etc…

その他 出演者 T.B.A.

B1F KASUMI Bldg,1-7-11NISHIAZABU, MINATO-KU, TOKYO

TEL/FAX – 03-3401-4844

E-MAIL – info@bul-lets.com

————————–

  • 3/31(土) Solo

その1 @ 代官山 SALOON

その2 @ 西麻布 Bullet’s

詳細: T.B.A.

……………………………………

 

----------------------------------------------------

ぜひ、動画、ライブ、展覧会でリアルなサウンドを体感ください!

 

⇒次回は「#8 松岡 亮」2018.3.2(金)に掲載予定です。

 

※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳重に禁止いたします。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly

 


「アートはサイエンスⅡ」展 アーティスト紹介 #6 靉嘔 (Ay-O)

現在、開催中の「アートはサイエンスⅡ」展に出品いただいている作家さんとその作品を担当学芸員が紹介します!
第6回目は靉嘔さんです。

虹のシリーズで知られる日本を代表する作家、靉嘔さんですが、
今回は、1960年代始めにニューヨークで活動していた若かりし頃の作品を展示しています。
さて、どんな作品なのでしょうか。

-----------------------------------------------------

闇夜のハイドラ

あれは何だろうか!? ある日、地鳴りとともに出現した。
(大丈夫です、美術作品です。いいえ、展示替え中に我々が設置しました。)
空にそびえる鉄の城とも、大地を揺るがす超電磁ロボとも違う。
(そうです。靉嘔作《ハイドラ》です。)
無機質な展示空間に突如として出現する怪奇物体。
(第5展示室です。)
幾多ものボルトナットで繋ぎ止められた
鋼鉄のボディらしき部分には謎の怪文書が刻まれる。
(鉄板をつなぎ合わせ円形に形作りました。)
(番号はおそらく当時のアルミの製造No.でしょう。)
四本の細い足が大地に突き刺さり、町を踏み荒らす。
(安心してください、動きはしません。)
原子炉を抱き、謎の怪光線を放つ。
(裸電球です。そして電灯の暖かみのある光です。)
光線は周囲の壁を溶かす灼熱の攻撃。
(壁に反射された光の模様は幻想的かつ、神々しくもあります。)
周囲の6つの円形の筒が轟音とともに激しく回転する。
(電球の熱による効果で、静かに穏やかに回っています。)

奴の名は“ハイドラ”ギリシャ神話の伝説の怪物。
(1960年代、靉嘔のニューヨーク時代の作品です。)
奴の姿を見て、生き残った者はいない…
(展示されるのは貴重です。是非一度ごらんください。)
(主任学芸員 鈴木一史)

-----------------------------------------------------

靉嘔 (Ay-O)

1931年茨城県に生まれる。1954年東京教育大学教育学部芸術学科(現・筑波大学)卒業。在学中から「デモクラート美術家協会」に参加。55年には池田満寿夫らとグループ「実在者」を結成。58年に渡米、ニューヨークを活動の中心とする。61年にオノ・ヨーコの誘いでフルクサス運動に参加。その後、世界各地で「レインボー・ハプニング・シリーズ」を敢行する。66年ヴェネツィア・ビエンナーレ、71年サンパウロ・ビエンナーレともに日本代表として参加。95年紫綬褒章受章。2012年には東京都現代美術館他で個展「靉嘔 ふたたび虹のかなたに」が開催された。

○「アートはサイエンスⅡ」展については

こちらから

----------------------------------------------------

「レインボー・シリーズ」より前に作られたこの作品。
ぜひ、会場で体感してください!

⇒次回は「#7 伊東篤宏」2018.2.26(月)に掲載予定です。

※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳重に禁止いたします。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.


「アートはサイエンスⅡ」展 アーティスト紹介 #5 マイク・タイカ

現在、開催中の「アートはサイエンスⅡ」展に出品いただいている作家さんとその作品を担当学芸員が紹介します!
第5回目はマイク・タイカさんです。

人工知能が人の手を離れて自分で絵を描き始めたら…。
そんなSFのような世界が、すでに始まっています!
-----------------------------------------------------

《Carboniferous Fantasy》

マイク・タイカ

「Deep Dreams」

夢で見たことがあるような、不思議な光景や生きものたち。
大量の画像を見たコンピューターが、自動的に描いた絵です。

作者はマイク・タイカ。Googleの画像生成AI「DeepDream」開発者の一人です。ヒトの脳神経と同じ構造を持つ人工ニューラルネットワークに大量の画像を見せ、ものの特徴を識別できるようにしました。すると、ニューラルネットワークは学んだ法則をベースに新しいイメージを次々と生み出しはじめたのです。まるでヒトが夢を見るように・・・


《Inceptionism: Cities – Gates》

もう一つのシリーズ「Portraits of Imaginary People」は、
“存在しない人物の肖像画”です。
実際の人々の顔写真を大量に見たプログラムが描きました。
このプログラムは、2つの敵対するネットワークを競わせることで絵を完成させます。
一方は、人間そっくりな顔を作り出す訓練をし、「これは本物の顔写真だ」と主張します。
もう一方は、本物の顔と作られた顔を見分ける訓練をして、「これは作り物の顔だ、ここが本物と違う!」と指摘し続けるとのこと。一見、親しみを感じて絵に近づくと、「似て非なるもの」との遭遇に心がざわめくことでしょう。
(学芸員 菊池夏乃子)


《Portraits of Imaginary People》

-----------------------------------------------------

マイク・タイカ

2007年イギリスのブリストル大学にて生物物理学博士号取得。ワシントン大学の研究員として、タンパク質の構造と動態について研究。タンパク質の折りたたみ構造に興味を持ち、シミュレーションソフトを作成。2009年シアトルにアーティストスタジオALTSpaceを共同設立。タンパク質の構造を再現する彫刻を制作し始める。2013年Google社(シアトル)にて機械学習の研究を開始。2015年人工ニューラルネットワークを用いた制作を始める。「ディープ・ドリーム」を用いた大規模作品を制作。

○「アートはサイエンスⅡ」展については

こちらから

----------------------------------------------------

驚きの絵画世界を会場でぜひ!

⇒次回は「#6 靉嘔」2018.2.23(金)に掲載予定です。

※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳重に禁止いたします。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.


「アートはサイエンスⅡ」展 アーティスト紹介 #4 ハロルド・コーエン

現在、開催中の「アートはサイエンスⅡ」展に出品いただいている作家さんとその作品を担当学芸員が紹介します!
第4回目はハロルド・コーエンさんです。

ロボットが絵を描く?! そして、その生みの親ハロルド・コーエンとは…。
-----------------------------------------------------


《TCM#27 The Computer Museum Series》

ハロルド・コーエン

絵を描くロボット、アーロン。
1973年に画家ハロルド・コーエンが生み出しました。
今回、42年間にわたるアーロンの画業を辿ります。

ロンドンで画家として成功していたコーエンは、
社会的成功に満足せず、「絵画とは何か」「芸術家とは何か」と問い続けていました。
1968年、カリフォルニア大学へ客員教授として招かれ、大学院生にコンピューターのプログラミングを紹介されます。
コーエンはそれまでに得た創造の感覚を言語化し、アーロンに教え始めました。
「初めて世界を見た者が描いたようなイメージ」を自在に描けるようになったアーロン。
最終的には、アーティスト自身とコラボレーションして描きます。
“コンピューターが描いた”ということを超えて、ここにハロルド・コーエンその人の絵画が完成しました。

今回、カリフォルニア州サンノゼのコンピューター・ヒストリー・ミュージアムから初期のアーロン“タートル”(1977年)をお借りしてきました。
かつて紙の上を動き回って絵を描いていた、コーエン手作りのロボットの美しい姿をぜひご覧ください。
実際にドローイング・マシンが描いている様子を映したビデオ(1982年)も必見です。
(学芸員 菊池夏乃子)


ハロルド・コーエン展示風景


《Creation Myth》

-----------------------------------------------------
ハロルド・コーエン

1928年ロンドンに生まれる。1951年ロンドン大学スレイド美術学校卒業。1966年ヴェネツィア・ビエンナーレ英国代表。1969年カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)ヴィジュアル・アート学科教授。1973年スタンフォード大学コンピューター・サイエンス学部人工知能研究所客員研究員(~1975)。ロボット“アーロン”誕生。1977年「ドクメンタ6」(カッセル、ドイツ)に参加。以降、サンフランシスコ近代美術館、テート・ギャラリー等で個展。1987年3年間のツアー「ロボットとそれを越えて―知的機械の時代」を開始。米国の主要な科学博物館8か所を巡回する。2016年死去。

○「アートはサイエンスⅡ」展については

こちらから

----------------------------------------------------

◯2月18日(日)夜8時から放送の日曜美術館アートシーンにて
「アートはサイエンスⅡ」展が紹介されます!
ハロルド・コーエンさんについてもお伝えします。ぜひご覧ください。
※オリンピック中継の関係上、放映は夜8時から1回のみとなります。
番組の一番最後での紹介予定です。

⇒次回は「#5 マイク・タイカ」2018.2.19(月)に掲載予定です。

※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳重に禁止いたします。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.