ニュース

「アートはサイエンスⅡ」展 アーティスト紹介 #10 ヤノベケンジ

現在、開催中の「アートはサイエンスⅡ」展に出品いただいている作家さんとその作品を担当学芸員が紹介します!

第10回目はヤノベケンジさんです。
-----------------------------------------------------

ヤノベケンジ《アトム・スーツ・プロジェクト‐大地のアンテナ》

整然と並んだ大量のフィギュア。
数体にはガイガーカウンターが付いていて、
自然放射線を検知するとピッと鳴ります。
自然放射線は、宇宙から常に届いているので、
展示室のあちこちでピッピッと聞こえます。

ヤノベケンジさんは、アーティストとして自分自身が「大地のアンテナ」となり、
宇宙からのメッセージを受け取って人々に伝えていきたい、と考えました。

中央には、チェルノブイリへ行った時の写真が広がり、
その上に自作の放射線防護服「アトム・スーツ」を着た作家の姿が立っています。
唱えた念仏の一文字一文字が仏となったといわれる、
空也聖人の立像のポーズです。

子ども時代、大阪万博跡地で遊び、
「未来の廃墟」を見ている気持ちになったとのこと。
“廃墟の中から新しいものが生まれる”と考え、
「妄想」や「サヴァイヴァル」をテーマに制作を続けていました。
しかし、チェルノブイリで見たものは、
廃墟の中で生活する人々の現実でした。

2000年、アトム・スーツのヘルメットを外して作ったこの作品は、
「アトム・スーツ・プロジェクト」の最後の作品となりました。

実際にアーティストが来館して作った空間で、
科学と芸術の転換点を追体験してみてはいかがでしょうか。

(学芸員 菊池夏乃子)

-----------------------------------------------------

ヤノベケンジ
1965年大阪府に生まれる。1989年 京都市立芸術大学美術学部彫刻専攻卒業。1991年 京都市立芸術大学大学院美術研究科修了。2008年~京都造形芸術大学教授兼ウルトラファクトリー・ディレクター。2012年京都府文化賞功労賞

1990年《タンキング・マシーン》が第1回キリンプラザ大阪コンテンポラリー・アワード’90グランプリを受賞。1992年「妄想砦のヤノベケンジ」(水戸芸術館、茨城)1994年 ベルリンに滞在。(~1997年)1997年チェルノブイリを訪問。《アトムスーツ・プロジェクト》を開始。(~2003年)「Kenji Yanobe: Survival System Train and Others」(イエルバ・ブエナ芸術センター、サンフランシスコ/カリフォルニア大学美術館、サンタバーバラ、アメリカ)2002年「タイムトラベル・ダブルサイクル・プロジェクト」(イッセイ・ミヤケ フェット、東京)「EXPOSE 2002 夢の彼方へ ヤノベケンジ×磯崎新」(KPOキリンプラザ大阪/横浜赤レンガ倉庫、~2003年)2003年「メガロマニア」(国立国際美術館、大阪)2005年「キンダガルテン」(豊田市美術館、愛知)2007年「トらやんの世界」(鹿児島県霧島アートの森、鹿児島)2009年「ウルトラ」(豊田市美術館、愛知)2013年「あいちトリエンナーレ2013」(愛知県美術館、他)2016年「ヤノベケンジ シネマタイズ」(高松市美術館)

----------------------------------------------------

チェルノブイリ原子力発電所事故から32年。東日本大震災から7年。
今、改めて、この作品を伝えていきたく思います。

◯「アートはサイエンスⅡ」展は2018. 3. 31 (土)まで。
「アートはサイエンスⅡ」展については

こちらから
*展覧会HPから作家紹介#1~9をご覧いただけます。

⇒次回は最終回「#11 河口洋一郎 」2018.3.16(金)に掲載予定です。

※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳重に禁止いたします。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.


「アートはサイエンスⅡ」展 アーティスト紹介 #9 daisy*

現在、開催中の「アートはサイエンスⅡ」展に出品いただいている作家さんとその作品を担当学芸員が紹介します!
第9回目はdaisy*さんです。

-----------------------------------------------------

動く江戸絵巻?

江戸時代の麹町の様子を3DCGで描いた映像作品です。
この町では、一人一人の町民に人工知能が埋め込まれていて、
町民同士がぶつかりそうになると、よけたり、
ぶつかるとお辞儀をしたり。
その場その場でリアルタイムに映像が作られています。
そのため、二度と同じ瞬間はありません。

daisy*は3DCGの制作チームです。
代表の稲垣匡人さんは、舟越桂さんに彫刻を学びました。
テクノロジーを使って、心の深いところを揺さぶるものを作り上げたい、と話します。

展示室いっぱいに映し出された江戸。
時間が経つにつれて、日が沈み、また昇ります。
私のおすすめは夕暮れ時です。
夕日に包まれる感覚を、はるかなる江戸の人々と共有できた気がします。

夜になると、何やら妖しい人影が…
これは見てのお楽しみ。

(学芸員 菊池夏乃子)

-----------------------------------------------------

daisy*
2004年「株式会社デイジー」設立。代表:稲垣匡人。3DCGを制作するチームとして創業。2014年「Japan Expo 2014」(パリ)にてゲームエンジンUnityとKinectタイプのセンサーを用いたVR格闘ゲーム《NARIKIRI SHOWDOWN》を出展。「TENT LONDON 2014」にてVRアート作品《HAKONIWA》を展示。2015年「TOKYO DESIGN WEEK 2015」にてKinectのセンサーで特定の動きを検知するロボットアーム《Lazy Arms》を展示する。

----------------------------------------------------
ワンコとニャンコもお江戸の町を歩いています。ぜひみつけてくださいね!

◯「アートはサイエンスⅡ」展は2018. 3. 31 (土)まで!
「アートはサイエンスⅡ」展については

こちらから
*展覧会HPから作家紹介#1~8をご覧いただけます。

⇒次回は「#10 ヤノベケンジ 」2018. 3. 12 (月)に掲載予定です。

※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳重に禁止いたします。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.


3月の出張ワークショップのお知らせ

3月10日(土)お隣町にある佐久平交流センターにて「ワークショップフェスティバル」が開催されます。
軽井沢ニューアートミュージアムは”アクション・ペインティング”で出展します。
参加費無料でアート体験できちゃいます。その場でアクションペインティグで描いたオリジナル色紙もプレゼント!

タイムテーブル:①11:20~ ②12:30~ ③13:20~
所要時間は各回40分ほど
当日先着順受付となります。各回20名様! ※ 当日はアクリル絵の具を使いますので、服上下、靴など汚す
                       可能性があります。汚れてもよい格好で来てください。
是非是非、お誘い合わせの上遊びにお越しください。お待ちしてます!


「アートはサイエンスⅡ」展 アーティスト紹介 #8 松岡 亮

現在、開催中の「アートはサイエンスⅡ」展に出品いただいている作家さんとその作品を担当学芸員が紹介します!

アナログテレビとテクノミュージック。新しいのにどこか懐かしい。

第8回目は松岡 亮(まつおか あきら)さんです。

-------------------------------------------------

かねてから、金属の廃材など廃棄物による音響作品を手がけてきた松岡さんは、近年、アナログテレビによるテクノイズミュージック、インスタレーションを軸に活動しています。

日本では2011年にアナログ放送が終了し、地上テレビ放送はデジタル放送に移行しました。それに伴い廃棄物となったアナログテレビの発する音をテクノミュージックにしているのです。

ライブなどでは大小さまざまなテレビを使いますが、今回の展示はポータブルアナログテレビのみ、約20台によるサウンドです。実はテレビに通電した際に発せられるノイズ音は個体によって違います。松岡さんはそこに電圧制御のみを加え、テレビの発する音そのものを活かしながらそれらを組み合わせます。さらにシーケンスパターンを任意で設定し、それらがずれ込みながら絡み合い、リズムパターンが微妙に変化していくサウンドを生み出しました。

日々の暮らしの中で、私達が出会う一瞬はその時にしか訪れません。しかしまた、時の流れの中で、かつて出会った一瞬に似た一瞬を感じることがあります。繰り返し、違いの中で重なっていくその感覚に、このサウンドはよく似ています。

いずれその存在が地上から無くなるアナログテレビ。この失われゆく音の発見を音楽へと導く彼のサウンドには、どこか静かな詩情があり、と同時に、物体が発するがゆえの確かな手触りがあります。

(学芸員 由井はる奈)

 

 

松岡さんはレーベルVLZ PRODUKTを主宰。サウンドアート、ノイズなどの実験音楽に関する音源の制作/販売も行っています。また、Edition cocoaraとして、金子智太郎・畑中実主宰の「日本美術サウンドアーカイブ」に関するエディション制作、自身が企画した展覧会のエディション制作(稲憲一郎、高見澤文雄、佐藤実、中山晃子他。)を手がけるなど、幅広く活動されています。


VLZ PRODUKT HP

 

-----------------------------------------------------

松岡 亮 (まつおか あきら)

1974年青森県出身。2008年実験音楽レーベルVLZ PRODUKTを開始。VELTZ名義で自身の音楽活動もスタートさせる。アナログテレビインスタレーションを2011年 (現代ハイツ、池ノ上) より、13年(巷房、銀座) 16年(Art & Spaceここから、南青山)、17年(東京国際フランス学園、KOMAGOME1-14cas)に開催。2012年 Omega PointよりVELTZ名義のソロアルバム「アナログテレビに捧ぐ」をリリース。2017年伊東篤宏 ×カイライバンチ ×VELTZ(松岡亮)コラボレーションインスタレーション(ゲーテ・インスティトゥート、東京)

 

◯今後の予定

・新作CD「Broken TV Audio Report」リリース!

2018年2月、サウンドアーティストであるイギリスのStephen  Cornfordが運営するconsumer  wasteから、VELTZ名義による新作CD「Broken TV Audio Report」がリリースされます。これは2011年の地上波デジタル完全移行時から2017年までに録音された、アナログテレビが発する様々なサウンドを採取したもの。一聴してテレビからのサウンドとは思えないテクノイズ、アンビエントノイズ、リズムトラックが収録された充実盤になっている。オーバーダビングなどの加工は一切無しの、廃棄され行くアナログテレビのサウンドドキュメント。

 

・年内には関西在住のアーティスト石上和也氏のレーベルからのリリース、ricercasonoraからのThe New Blocaders35周年トリビュートコンピレーション3CD参加(Thurston Moore, Jim O’Rourke他)など、リリースが続く。

 

動画はこちら! ↓ ↓ ↓

 

 

 

○「アートはサイエンスⅡ」展については

こちらから

-------------------------------------------------

クールでいて懐かしい、テクノサウンドをぜひ会場で!

⇒次回は「#9 daisy* 」2018.3.8(木)に掲載予定です。

※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、NAVERまとめ等のまとめサイトへの引用を厳重に禁止いたします。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.