ニュース

【営業再開のお知らせ】本日(10月16日)より開館しております

台風19号の影響により10月12日(土)、10月13日(日)、10月14日(月)の三日間を臨時休館とさせて頂きましたが、本日10月16日(水)より通常通り開館いたします。

ご不便をお掛けしましたことをお詫び申し上げるとともに、被災各地での災害からの復旧が一日も早く進むことを願っております。


中学生のための職場体験を実施しました。

先日10月7日(月)8日(火)軽井沢中学校の2年生、清水優那さんと奥住世里さんが美術館での仕事を体験されました。今年で当館は職場体験受け入れ三年目となり、今年は一日目が美術館休館日、そして二日目が開館の日にあたり、美術館の内と外を経験してもらいました。
内としては学芸員の仕事である作品解説パネル書きや、展覧会関連ワークショップ企画のアイデア出し、外としてはギャラリートーク、受付など、多様な業務を経験する内容。お客さんのいない展示室で自身の選んだ作品に向き合い、絵を写生するように目の前で文章を書いてもらいました。その結果、作者の視線やひとつの見方を提示すると同時に作家に寄り添うようなとても優しくかつ鋭い文章となりました。そのキャプションは堂本尚郎さん(展示室2)の作品の隣に掲示されております。10月12日(土)よりご覧いただけますので、どうぞ探してみてください。

ミュージアムショップも経験。様子を見にいらした担任の先生がポストカードを購入、それに対応しました。

パネル作り、それからギャラリートーク。よく作品を観察し、分析されていました。優秀!


第15回軽井沢ふれあい祭りのご報告

先日、9月29日(日)第15回軽井沢ふれあい祭り。曇り予想の天気予報は見事にはずれ、晴天に恵まれました!台風の通過に重なった昨年と比べても1000人+の3400人相当がお祭りに参加されたそうです。軽井沢ニューアートミュージアムの芝生広場テント内「丸シールで簡単!ドットアート!現代アートってすごいを体験しよう」ワークショップはスタートの10時半からお祭り終了のぎりぎり14:30まで終始たくさんの参加者でにぎわっており大盛況でした。

今回生まれたドットで描かれた様々な作品が思いのほか興味深いので、ここでたくさんご紹介いたします。大人にとっては子どもの頃を思い出すようで懐かしく、子どもたちにとっては身近で楽しいツールとなっていたのがわかりました。丸シールの世界が実は手軽で奥深く、簡単にも始められるアートの入り口になるのは改めて発見でした。

ご参加いただきました皆さんありがとうございました!そして社会福祉協議会のみなさんの協力なしにはお祭りの参加自体が実現できませんでした。ここに御礼申し上げます。

初秋を感じさせるトンボも参加かな

おなじみの人気キャラクターをシールで上手く表現してます!

参加者には集計用に〇ステッカーを貼ってもらいました。お祭り終了後(左)/お祭り前(右)

親子でご参加!

ボランティアの中部小、軽井沢中学校の生徒さんありがとうございました。

カラフルで、かつ独創的ですね。

夢中です。

楽しそうですね。