ニュース

12月のワークショップのご案内

軽井沢ニューアートミュージアムでは12月15日(土)、16日(日)、22日(土)に『折り紙で作る!クリスマスオーナメント』ワークショップを開催いたします。↓↓↓こちらから!


アーティスト紹介 #6 靉嘔(Ay-O)

ただ今、開催中の展覧会「今、世界で再評価され続けている日本人作家」にご出品いただいている作家さんをご紹介します。

第6回は日本現代アートのレジェンド・靉嘔(Ay-O)さんです。

靉嘔《レインボー・マン&ウーマン 昨日・今日・明日》2009 162.2×130.3cm アクリル・カンヴァス

靉嘔 (1931-)

1961年からニューヨークの前衛芸術グループ「FLUXUS」に参加した靉嘔(Ay-O)は、その後、彼の代名詞とも言える「レインボー・シリーズ」を作り出しました。本展では、光のスペクトルの法則を借りた赤橙黄緑青藍紫色で身の回りのものを描く実験的絵画を展示します。見慣れた日常の風景が虹色で描かれることで、生き生きと輝いて見えてきます。

もっと詳しく知りたい!という方は
こちらへ

◯展覧会については
こちらへ
展覧会は好評開催中です。
みなさまのご来館お待ちしています。


企画展ガイドができました!

ただ今、開催中の「今、世界で再評価され続けている日本人作家」展の企画展ガイドができました。
現代アートは「今、ここにあること」との出会い。
7人の出品作家について、多摩美術大学教授の本江邦夫氏がやさしい語り口で解説します。
「現代アートはよくわからない…。」という方、そして中学生や高校、大学生にも、ぜひ、手にとっていいただきたいリーフレットです。

◯リーフレットはこちらからどうぞ。 ↓
 
企画展ガイド「今、世界で再評価され続けている日本人作家」展 web
 

【出品作家】
靉嘔、磯辺行久、猪熊克芳、草間彌生、高松次郎、中西夏之、ミズテツオ (五十音順)

【出品作品リスト】
「今、世界で再評価され続けている日本人作家」展 出品作品リスト

美術館受付でも配布しています。鑑賞の手引きにご利用ください。