教育普及

夏休み自由研究先取りプロジェクト☆メールアーティストがやってくる!
/わりばし鉄砲をつくろう!

アイキャッチ画像7月WS

美術館で楽しいウィークエンドをアーティストとともに過ごしませんか

日時 : 2016年7月16日(土)・7月17日(日)/7月18日(月・祝) 
会場 : 軽井沢ニューアートミュージアム1階と2階
進行 : 学芸員
講師 : 幸円良介、中村惠一他、メールアーティスト数名/永田金司

インフォメーション

開催時間
16日 《メールアートミーティング》13:30~16:30
17日 《メールアートをしよう》10:00~12:00 14:00~16:00
18日 《わりばし鉄砲をつくろう》10:30~12:00 13:30~15:00
参加費
16日:無料
(企画展をご覧になりたい方は別途チケットが必要です)
17日:500円(企画展入場料込み)
18日:無料
対象
子どもから大人まで(幼児は保護者同伴)
お申込み・お問い合わせ先
軽井沢ニューアートミュージアム
Tel. 0267-46-8691
学芸課

概要

7月16日(土)・17日(日)はメールアーティストたちが美術館にやって来ます!美術館では今までも数回メールアートのワークショップを開催してきました。開催中の展覧会「嶋本昭三展-前衛の衝撃-」でも嶋本自身がメールアートを年間60カ国8000通のやりとりをしていたこともあり、第6展示室はメールアートをフィーチャーし、世界中から美術館宛てに届いた350以上ものメールアートを展示しています。16日はこの郵便を使ったコミュニケーションアートを実際行っているメールアーティストによるレクチャーとパフォーマンスがあります。アート好きならどなたでも参加が可能です。そして17日は《メールアートをしよう》で、メールアーティストを講師に迎え、現在展示されている世界中から集まったメールアートを参考にオリジナルの郵便物をつくります。美術館に完成した作品を送っていただくと、自分の作品が展示されてしまうという特典つきです!

7月18日(月・祝)は《わりばし鉄砲をつくろう》です。KaNAMではおなじみ永田金司先生をお招きし、わりばしと輪ゴムを使ってかっこいい鉄砲をつくります。
17・18日のワークショップ参加には予約が必要です。人数に限りがございますのでお早めに。
※《わりばし鉄砲をつくろう》は定員に達したため申し込みを締め切らせていただきます。たくさんのご応募ありがとうございました。
なお、17日のワークショップ《メールアートをしよう》は引き続き受付中ですので、ぜひご応募&ご参加ください!ご連絡お待ちしております。


備考

詳細はチラシをご覧ください。こちらです!↓↓↓
メールアートをしよう
わりばし鉄砲をつくろう


レポート

16日はメールアーティスト大集合。講演会やパフォーマンスそして座談会と盛りだくさんでした!

先日7月3連休に開催されたイべントのご報告です。7月16日は7人のメールアーティストたちが集まり、メールアートミーティングと講演会そしてパフォーマンスが開催されました。17日はアーティストが実演しながらのメールアートをつくろうワークショップ。そして、18日はわりばし鉄砲をつくろうワークショップで永田金司先生を迎えての3種類の鉄砲作り。午前、午後で45人もの子どもたちの参加がありとってもにぎやかでした。今回美術館は幼稚園の子どもたちから高校生そして大人まで年齢層が幅広く活気にあふれた3日間となりました。
軽井沢まで足を運んでくださいましたみなさんありがとうございました!おかげさまで楽しく充実したイベントになりました!

手作りラバースタンプやコラージュ、手作り切手で封筒をかざります。

こどもから大人までメールアート制作に熱中。

わりばし鉄砲作りの名人であり講師の永田金司先生。一時間半もの間、子どもたちはよく集中して作っていました。試し撃ちが待ち遠しかったね。