作品紹介 #2 展示室2 麻布  Work (No.151026)

展示室2では、「具体美術協会」(具体)が解散した後の前川 強さんの挑戦を紹介します。

高校の図案科でデザインを学んだ前川さんは卒業後、グラフィックデザイナーとして働きながら具体に入会しアーティストとしての活動を続けます。

1972年、指導者の吉原治良が逝去し具体は解散しますが、この頃前川さんは自らの制作を振り返ります。そして「もう一度、布だけから始めてみよう」と考え、ドンゴロスよりも柔らかい麻布を使った新たな表現を始めました。

一つの素材に異質の素材をはめ込む「象嵌」(ぞうがん)で図形を作り、ミシンでつまみ縫い(ピンタック)して細かなヒダの線を引いたこれらの作品は、まるで自らの胸の内をたどるかのようにミリ単位の作業を重ねてできており、観るものを内省へと導きます。また、シンプルな構図にはデザイナーとしてのバランス感覚が活かされています。

この作風で前川さんは、1981年に「第15回現代日本美術展」東京都美術館賞を、82年には「第14回日本国際美術展」京都国立近代美術館賞など各賞を受賞しました。

【作品画像】Work (No.151026), 1982, 130.3×162.1cm, 麻布、縫い、アクリル

もっと詳しく知りたい!という方はこちらへ

Next. #1 ドンゴロス

Prev. #3 展示室3

⇒ List.

○企画展

前川強
ドンゴロスは生かされている。
色と形と物質による純粋抽象表現で発言する。

会期:2020年2月8日(土)〜6月28日(日)

展覧会についてはこちらへ